スカイスキッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スカイスキッパー
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム
発売元 任天堂
人数 1人
メディア アーケードゲーム基板
稼働時期 日本の旗アメリカ合衆国の旗 1981年
テンプレートを表示
Sky Skipper
アーケードアーカイブス スカイスキッパー
対応機種 Atari 2600(VCS)
Nintendo Switch(Switch)
発売元 [VCS]Parker Brothers英語版
[Switch]ハムスター
人数 1人
メディア [VCS]ロムカセット
[Switch]ダウンロードアーケードアーカイブス
発売日 [VCS]アメリカ合衆国の旗 1983年
[Switch] 2018年7月20日
対象年齢 [Switch]CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

スカイスキッパー』(Sky Skipper)は、任天堂1981年に稼動を開始したアーケードゲーム

ゲーム概要[編集]

8方向レバーと二つのボタン(加速・攻撃)で操作構成されたアクションシューティング。

プレイヤーは複葉機を操縦して、閉じ込められたトランプ王国の人々を救出していく。トランプ王国を襲うゴリラの軍団を爆弾で気絶させ、その隙に国王(キング)・女王(クイーン)・王子(ジャック)・兵士たち(ダイヤ・スペード・ハート・クラブ)を助ける。

自機は時間経過で燃料を消費していき、雲の中に入ったり、ゴリラからの攻撃を受けることで大きく消費するが、飛行場の旗を取る(給油場に着陸したことになる)ことにより一定量回復する(ステージにつき1回)。燃料が尽きると墜落してミスとなる[1]

移植版[編集]

海外では1983年Atari 2600版が発売された[2]。その後、同時期稼動の任天堂のアーケードゲーム(『ドンキーコング』、『マリオブラザーズ』など)と違い他機種に移植されず幻のタイトルとも言われていたが[3]2018年に米国で開催されたゲーム見本市「E3 2018」で任天堂が配信した番組「Nintendo Treehouse Live」内において、同年7月にアーケードアーカイブスの一種としてNintendo Switch向けに配信予定であることが発表され[4]7月20日に配信を開始した[1]。アメリカで現存していたアーケードゲーム基板をもとに再現されたものである[5]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「アーケードアーカイブス スカイスキッパー」、『週刊ファミ通』2018年8月2日号、 72頁。
  2. ^ AGH Atari 2600 Review -- Sky Skipper
  3. ^ 『アーケードアーカイブス ドンキーコング』が、本日よりNintendo Switchで配信開始! あの幻のアーケードゲーム『スカイスキッパー』も7月に配信決定!”. 任天堂 (2018年6月15日). 2018年6月15日閲覧。
  4. ^ アーケード版『ドンキーコング』、『スカイスキッパー』がニンテンドースイッチの“アーケードアーカイブス”で配信決定!【E3 2018】”. ファミ通.com (2018年6月15日). 2018年6月15日閲覧。
  5. ^ Nintendo arcade game Sky Skipper getting a release on Switch”. nintendoeverything.com (2018年6月14日). 2018年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]