ニンテンドーWi-Fiコネクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
任天堂 > ニンテンドーDS > ニンテンドーWi-Fiコネクション
任天堂 > Wii > ニンテンドーWi-Fiコネクション
ニンテンドーWi-Fiコネクション
ロゴ
運営元 任天堂
種類 ネットワークサービス
サービス開始日 アメリカ合衆国の旗 2005年11月14日
日本の旗 2005年11月23日
サービス終了日 日本の旗 アメリカ合衆国の旗 2014年5月20日(無料サービス)
プラットフォーム ニンテンドーDSWii
ウェブサイト 公式サイト
テンプレートを表示

ニンテンドーWi-Fiコネクション(ニンテンドーワイファイコネクション)は、任天堂ニンテンドーDSWii向けのネットワークサービスである。略称はWi-Fiコネクション[注 1]。まず2005年11月14日北米でサービスが始まり、その後オーストラリアイギリスヨーロッパ韓国で順次サービスが開始された。日本でのサービス開始は2005年11月23日

2014年5月20日23:00をもって、無料サービス(Wi-Fiコネクションのマークがのソフト)の提供が終了した[1]。ただし、終了後も一部のソフトおよび有料サービス(Wi-Fiコネクションのマークがのソフト)については引き続き利用可能。

ニンテンドー3DSWii Uでは同サービスの発展系として後継サービスの「ニンテンドーネットワーク」を展開している[2]

特徴[編集]

ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用するにあたって、任天堂では『カンタン・あんしん・無料』の3点を重視している[3]

カンタン[編集]

ID、パスワードは内部で自動生成される。

無線接続拠点ニンテンドーWi-FiステーションFREESPOTなどを介して接続する場合、接続設定が一切不要。ニンテンドーゾーンの場合はビューアの指示に従う。家庭用無線BBルータに接続する場合は設定が必要になるが、バッファローもしくはNECアクセステクニカ製品(日本版のみ)なら、自動設定技術AOSSもしくはらくらく無線スタート(日本版のみ)を利用し、ワンタッチで接続可能。

また、高価かつ面倒な無線LAN環境を構築しなくても、Windows XPもしくはWindows Vistaが搭載されたパーソナルコンピュータなら、ニンテンドーWi-Fi USBコネクタもしくはゲーム機専用 無線LAN USBソフトウェアアクセスポイントをパソコンのUSBポート(拡張インタフェースやUSBハブでの動作は動作保証外)に挿すことによって接続できる。

日本では、公共の無線接続拠点は、ニンテンドーWi-Fiステーションが1,000ヶ所、FREESPOTが3,000ヶ所でのサービスを行い、ニンテンドーゾーンのうちマクドナルド(マックでDS)では約2600店舗で対応。

アメリカでは、6,000ヶ所のマクドナルドの店舗にアクセスポイントが置かれる。ブロードバンド環境が日本に比べて普及していないイギリスでは、公衆無線LANを提供しているBT OpenzoneとThe Cloudと提携し、玩具店は勿論のこと、駅のカフェ、図書館、ホテルなど、日本では置かれていない場所にも設置され、その数は7,500ヶ所以上にも及ぶ。

あんしん[編集]

おいでよ どうぶつの森』などでは、嫌がらせ等のトラブルを防ぐために、直接ワイヤレス通信をおこなったプレーヤー、もしくは12桁の「ともだちコード」(IDにあたる)をお互いに知っているプレイヤーのみの通信となる。ただし、『マリオカートDS』『テトリスDS』のように、無差別での対戦もできるものもある。

無料[編集]

任天堂が普及を担うべきとの判断から、任天堂製のタイトルのネットワーク通信に関する利用料はすべてのタイトルで無料。

他社製のタイトルでは、ネットワーク通信の利用料はすべてのタイトルで無料だが、追加コンテンツ配信などでは一部有料のものがある。有料サービスは、Wi-Fiコネクションのロゴが赤となっており、無料サービスの終了した現在も引き続き利用することが出来る。

なお、Wiiの『モンスターハンター』シリーズなどは、「ニンテンドーポイントを支払いに用いたオンラインサービス」であり、Wi-Fiコネクション有料サービスとは異なる。

利用方法[編集]

DSシリーズでの利用方法[編集]

自宅での利用[編集]

自宅でWi-Fiコネクションを利用するには、ADSL光ファイバーを使ったブロードバンドインターネット接続環境が必要。ISDNでも接続できるという確認もとれているが、通信速度が極めて低速で、サーバーに負荷がかかって他プレイヤーに対してゲームの進行に支障をきたすケースがある。また、ニンテンドーDS内蔵の無線LAN通信機能を利用するため、親機となる無線LANルーター等の無線LANアクセスポイントが必要となる。ただし、自宅に無線LANアクセスポイントが無くてもWindows XPもしくはWindows Vistaのパソコンがあり、ブロードバンドインターネット接続環境が整っている場合は、任天堂で販売している「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ」、もしくはアクセスポイント機能対応のUSB 無線LANアダプタを使用することで利用可能である。

外出先での利用[編集]

外出先で利用する場合は、全国の家電量販店・総合スーパー・玩具店などに設置されているDSステーションのDS専用アクセスポイント(ニンテンドーWi-Fiステーション)やニンテンドーゾーンFREESPOTなどの公衆無線LANかスマートフォンテザリングを利用する。なお、FREESPOT以外の公衆無線LANでは接続できなかったり、設定が必要な場合がある。

Wiiでの利用方法[編集]

WiiでWi-Fiコネクションを利用するには、WiiをADSL光ファイバーを使ったブロードバンドインターネット接続環境に接続する必要がある。Wiiをインターネットに接続する方法はWii#インターネット接続を参照。

対応ソフト[編集]

以下の各項目を参照。

第一弾『おいでよ どうぶつの森』は、発売されると同時に高いペースでコンスタントに売れ続け、2006年2月にはついに200万本を出荷、3月には「実売数」も200万本を突破した。

そして対応ソフト二作目の『マリオカートDS』も、同シリーズでは『マリオカート64』以来久々のミリオンヒットとなった。

ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用した本体のコンテンツ[編集]

反響[編集]

これまで任天堂は、ファミリーコンピュータでのファミコントレードスーパーファミコンで衛星データ放送サービスを受信するサテラビューNINTENDO64の周辺機器64DDでのオンラインネットワークサービスであるランドネットゲームボーイ携帯電話を連動させたモバイルアダプタGBなど、様々なオンライン事業に関わってきた。しかし、そのどれもがハードの性能の限界、頻雑な設定、不十分なインフラ、そして利用料の払い辛さなどがハードルの高さにつながり、十分に利用者数を増やせないまま数年の短期間でサービスを終了していた。

そのような中、岩田聡が社長に就任した任天堂は、ニンテンドーDSの持つ特徴と、店頭に置かれているDSステーションと呼ばれる試遊台、そして日本の家庭の大部分に普及したパソコン、そしてブロードバンドを利用し、新しいオンラインシステムを構築した。

誰でも、気軽に、安心して、時間を気にせずオンラインを楽しむことができるように、任天堂は普及を促すための策として

  1. DSステーションの内部にアクセスポイントを設置し、人々が店に来ていつでもオンラインゲームができる環境を整えた。
  2. 家庭でも、Windows XPまたはWindows Vista搭載パソコンとブロードバンド環境があれば接続できるようにするための機器を開発、発売した。
  3. 家庭用の無線LANにも簡単に接続できるように、対応ソフトにAOSSなどを搭載し、誰でも難しい設定なしでオンラインを楽しめるような環境を整えた。
  4. 一般的なネットワークゲームでニュースになるようなアイテム盗難などの被害を抑えるため、フレンドコードを設定することで、友達同士だけの「閉じた」オンライン環境を作ることを可能とした。
  5. 任天堂製のタイトルは原則無料とした。

こうしてサービス開始から3か月経たない2006年2月10日までにニンテンドーWi-Fiコネクションの接続者数は重複なしで85万人、接続回数は2000万回に上ることを発表[5]、この新たなオンラインシステムが好調に広まっていることを裏付けた。さらに、2006年10月16日には組込機器用のウェブブラウザであるNetFrontがニンテンドーDSソフト組込用としてゲームソフトウェア開発用ミドルウェアセットに採用されることが発表され、ブラウザ機能を持つソフトの開発を可能にした[6]

しかし好調なニンテンドーDSでのネットワーク接続に対して、岩田は2007年10月10日に開催された「Nintendo Conference」において、ブロードバンドの世帯普及率に対するWiiのネット接続率が十分でないことを指摘し、これを改善するためにネット接続に対する技術面・心理面の障壁およびソフト不足の克服が課題であると述べた[7]。ソフト面に関してはこのカンファレンスに先んじて展開していたバーチャルコンソールおよび2008年3月から開始するWiiウェアで拡充されていった。

WEPのセキュリティに関して[編集]

ニンテンドーDSに採用されているWEPは解読が容易であり、セキュリティの問題が指摘されている。しかしセキュリティのアップデートは技術的に不可能であるため、任天堂はニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタのようにマルチセキュリティに対応したルーターを使用して欲しいとしている[8]

2008年11月1日に発売されたニンテンドーDSiはWEPより暗号化手法を強固にしたWPA-PSK/WPA2-PSK(TKIP/CCMP)に対応している[9]。DSi専用及び対応ソフトではWPA/WPA2を利用できるが、従来のDS用ソフトではWEPしか利用できない[10][11][12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「Wi-Fi対応」のように一部のサイトや雑誌等でWi-Fiと略されることもあるが、Wi-Fiの本来の意と被るため非公式。

出典[編集]

  1. ^ 「ニンテンドーDS」および「Wii」ソフトの「ニンテンドーWi-Fiコネクション」サービス終了のお知らせ”. 任天堂 (2014年2月27日). 2014年2月27日閲覧。
  2. ^ 2012年1月27日(金)経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会(4ページ)”. 任天堂 (2012年1月27日). 2012年1月27日閲覧。
  3. ^ ニンテンドーWi-Fiコネクションとは”. Nintendo Online Magazine No. 95 ニンテンドーWi-Fiコネクション大特集!!. 任天堂 (2006年6月). 2022年4月12日閲覧。
  4. ^ 「Wii」ネットワークサービス 一部終了のお知らせ”. 任天堂 (2013年4月12日). 2022年4月12日閲覧。
  5. ^ 「ニンテンドーWi-Fiコネクション」、接続2000万回・ユニーク数85万を達成”. INSIDE. イード (2006年2月10日). 2022年4月12日閲覧。
  6. ^ “「NetFront® Browser」が「ニンテンドーDS®」のゲームソフトウェア開発用ミドルウェアセットに採用” (プレスリリース), ACCESS, (2006年10月16日), https://www.access-company.com/news_event/archives/20061016/ 2022年4月12日閲覧。 
  7. ^ 甲斐祐樹 (2007年10月10日). “任天堂岩田氏「ゲーム人口の継続的拡大にはネット接続が重要」”. BB Watch. Impress Watch. 2022年4月12日閲覧。
  8. ^ WEPは一瞬で解読 ニンテンドーDSはどうなる。”. ITmedia NEWS. アイティメディア (2008年10月17日). 2015年2月19日閲覧。
  9. ^ 「ニンテンドーDSi」が発表。カメラやSDカードスロットを搭載”. BB Watch (2008年10月2日). 2015年2月19日閲覧。
  10. ^ 社長が訊く「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ」”. 任天堂 (2008年10月24日). 2015年2月19日閲覧。
  11. ^ Nintendo DSi 取扱説明書・操作編 (PDF)”. 任天堂. p. 68. 2015年2月21日閲覧。
  12. ^ WPAや11gに対応。ネット機能を強化した「ニンテンドーDSi」”. BB Watch. Impress Watch (2008年11月1日). 2015年2月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]