マリオクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリオクラブ株式会社
Mario Club Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
605-0983
京都府京都市東山区福稲上高松町60番地
北緯34度58分28.9秒 東経135度46分10.5秒 / 北緯34.974694度 東経135.769583度 / 34.974694; 135.769583座標: 北緯34度58分28.9秒 東経135度46分10.5秒 / 北緯34.974694度 東経135.769583度 / 34.974694; 135.769583
設立 2009年7月
業種 サービス業
法人番号 8130001042418 ウィキデータを編集
事業内容 ゲーム機器やゲームソフトウェアのデバッグ
モニターのサービス
代表者 代表取締役社長 北村裕一
資本金 4億5,000万円(2019年3月31日現在)[1]
純利益 1億2,846万3,000円(2019年3月期)[1]
総資産 11億3,147万円(2019年3月31日現在)[1]
従業員数 289人(2019年1月16日現在)
決算期 3月31日
主要株主 任天堂株式会社 100%[2]
外部リンク http://www.marioclub.co.jp/
テンプレートを表示

マリオクラブ株式会社: Mario Club Co., Ltd.)は、任天堂ゲームソフトデバッグモニターを専門とする日本企業[3]

概要[編集]

本社は京都市東山区任天堂京都リサーチセンター内(旧本社社屋)に所在する。

2009年7月、任天堂社内に設置されていた品質管理部門「スーパーマリオクラブ」を分社化し、アルバイトや契約社員などの待遇を改善するほか、大半を占めるアルバイトを契約社員に、契約社員を正社員に切り替えた[4]

コーポレートミッションは「関わるすべての人を笑顔にする」。

業務内容[編集]

スーパーマリオ 3Dランド』、『New スーパーマリオブラザーズ 2』、『ゼルダの伝説』シリーズなど、ゲームソフトの品質評価やデバッグなどを行っており、ほとんどの任天堂のゲームソフトを行っている。テストプレイにより、細かい操作性についての助言等も開発者に伝えられる[5]。また、『NewスーパーマリオブラザーズWii』のおたからムービーも制作している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 第10期決算公告、2019年(令和元年)6月14日付「官報」(号外第37号)240頁。
  2. ^ マリオクラブ株式会社 会社概要”. 2015年5月31日閲覧。
  3. ^ マリオクラブのお仕事 ニンテンドーオンラインマガジン2000年4月号”. 任天堂 (2000年4月). 2011年1月23日閲覧。
  4. ^ 任天堂、品質管理部門を分社化-マリオクラブ株式会社を設立”. INSIDE (2009年9月16日). 2011年1月23日閲覧。
  5. ^ 「坂口博信さん大いに語る!!「ラストストーリー」」『Nintendo DREAM』2011年3月号、徳間書店、2011年1月、 p.29。
  6. ^ 社長が訊く『NewスーパーマリオブラザーズWii』その3 5.完成の2週間前につくったコース”. 2015年5月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]