ウルトラハンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウルトラハンドは、1966年任天堂が発売した玩具である[1]

概要[編集]

横井軍平の手がけたウルトラシリーズ第1弾[2]。以下、ウルトラマシン(1968年)、ウルトラスコープ(1971年)と続く。

原始的なマニピュレーター(マジックハンド)であり、手元で開いたり閉じたりすることで、ハンドが伸びて目標を掴み、縮めてから放すという構造(パンタグラフ式)になっている。この構造が子供に受けて、140万個も売り上げる大ヒット商品となった。発売当時の定価は600円[1]

商品名は任天堂社長の山内溥が命名。商品名の由来は1964年東京オリンピックの名残でウルトラCという言葉が流行っていたためである。

任天堂で設備機器の保守点検の仕事をしていた横井が暇つぶしで社内で手製の伸び縮みするハンドを作って遊んでいたところを任天堂社長の山内の目に止まり、任天堂社長の山内から「それを商品化しろ」と言われたのがウルトラハンドのきっかけとなった[2]

余談[編集]

ニンテンドー3DS用ソフト『とびだせ どうぶつの森』内に、この「ウルトラ」シリーズがアイテムとして登場する[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ウルトラハンドとは?”. 任天堂. 2015年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月17日閲覧。
  2. ^ a b 【任天堂「ファミコン」はこうして生まれた】第4回:携帯型ゲーム機を発想”. 日経BP. 2008年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月6日閲覧。

関連項目[編集]