アニーよ銃をとれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アニーよ銃をとれ(あにーよじゅうをとれ、Annie get your gun)は、アメリカ合衆国ブロードウェイミュージカル作品である。

実在の女射撃アニー・オークレイと射撃ショーの花形スターフランク・バトラー(Frank E. Butler)が一目惚れそして、対決までを描くストーリーである。

1946年5月16日にインペリアル劇場にて初演、当時アニー役はエセル・マーマンで、上演回数1,147回を記録した。彼女は1966年にリンカーン・シアターにて再演、同じくアニー役を演じた[1]1999年にはバーナデット・ピータースがアニー役を演じ、トニー賞主演女優賞を受賞した[2]

初演スタッフ[ソースを編集]

  • 脚本:ハーバード&ドロシー・フィールズ
  • 演出:ジョシュア・ローガン
  • 振付:ヘレン・タミレス

映画化[ソースを編集]

1950年に映画化された(Annie Get Your Gun (film))。監督はジョージ・シドニーチャールズ・ウォルタース(クレジットなし)、主演はベティ・ハットン[3]。上映時間107分。

スタッフ
キャスト

当初、アニー役はジュディ・ガーランドだったが、撮影中に精神異常状態になったため、降板させられた。

1950年の第23回アカデミー賞作曲賞(ミュージカル映画音楽賞)撮影賞(カラー)編集賞美術監督賞(カラー)の4部門にノミネートされ、作曲賞(ミュージカル映画音楽賞)を受賞した(アドルフ・ドイチュロジャー・イーデンス[4][5]

日本版[ソースを編集]

1964年10月に新宿コマ劇場にて初演、アニー役は江利チエミ、フランク役は宝田明だった。その後アニー役には桜田淳子(1980年、1983年)・島田歌穂(1988年)・高橋由美子(1997年)、フランク役はあおい輝彦(1980年)、井上純一(1983年)、にしきのあきら(1988年)、石川禅(1997年)が演じた[6]

テレビドラマ[ソースを編集]

かつてテレビが普及した1950年代中頃に「Annie Oakley」というテレビ西部劇があった。米国で1954年から1957年にかけて放送された全81話の30分番組で、内容はミュージカルと映画とは違い、西部の女性で射撃も乗馬も超一流の腕を見せて、一話完結で毎回悪者をやっつけるもので、日本では1957年3月から1958年9月までKRTテレビ(現在のTBS)で毎週日曜日夜に放映されている。日本での題名はミュージカルから「アニーよ銃をとれ」としている。

主演  

  • ゲイル・デーヴィス(アニー・オークリー) 声:来宮良子
  • ブラッド・ジョンソン(ロフティ・クレイグ)アニーと親しい副保安官
  • ジミー・ホーキンス(タッグ・オークリー)アニーの弟

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 瀬川昌久監修「一冊でわかるミュージカル作品ガイド100選」、成美堂出版、2001年、30p
  2. ^ 瀬川昌久監修「一冊でわかるミュージカル作品ガイド100選」、成美堂出版、2001年、183p
  3. ^ 瀬川昌久監修「一冊でわかるミュージカル作品ガイド100選」、成美堂出版、2001年、31p
  4. ^ Academy Awards, USA (1951)
  5. ^ NY Times: Annie Get Your Gun”. NY Times. 2008年12月20日閲覧。
  6. ^ 瀬川昌久監修「一冊でわかるミュージカル作品ガイド100選」、成美堂出版、2001年、30p-31p

外部リンク[ソースを編集]