ロバート・グーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・グーレ
Robert Goulet
Robert Goulet
1988年撮影
本名 Robert Gerard Goulet
生年月日 1933年11月26日
没年月日 2007年10月30日(満73歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州
血液型 O型
ジャンル 歌手
俳優
活動期間 1954年-2007年
配偶者 Louise Longmore (1956年-1963年)
Carol Lawrence (1963年-1981年)
Vera Goulet (1982年-2007年)

ロバート・グーレRobert Goulet、本名:Robert Gerald Goulet、1933年11月26日 - 2007年10月30日)はアメリカ合衆国歌手俳優マサチューセッツ州出身でカナダで育った。

1960年、舞台『キャメロット』にランスロット卿役で出演し人気が出た。ハンサムなエンターテイナーとして知られ、テレビドラマブルーライト作戦』、ティム・バートン監督による映画『ビートルジュース』にも出演した。グラミー賞トニー賞をそれぞれ一度受賞している。映画『トイ・ストーリー2』では主題歌「君はともだち」を歌った。

グーレには三度の結婚歴があり、二番目の妻は『ウエスト・サイド物語』のオリジナル・キャストで知られるミュージカル女優のキャロル・ローレンスである。エルビス・プレスリーが三角関係のもつれから、グーレが出ていたテレビに発砲したことも有名。グーレが出演していた映画『裸の銃を持つ男 PART2 1/2』の監督ザッカー兄弟によると、かなり気難しい人物であるようだ。なお同映画でグーレはプレスリーの元夫人プリシラ・プレスリーの恋人役を演じていた。

晩年は肺線維症を患い、移植手術に向けて待機していたが、2007年10月30日ロサンゼルスの病院で73歳で死去した[1]

出典[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]