清川新吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きよかわ しんご
清川 新吾
本名 峰 新吾(みね しんご)
生年月日 (1938-08-30) 1938年8月30日
没年月日 (2012-07-25) 2012年7月25日(73歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都渋谷区幡ヶ谷
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1955年 - 2012年
事務所 細谷事務所

清川 新吾(きよかわ しんご、1938年8月30日[1][2] - 2012年7月25日)は日本俳優。本名は峰 新吾[注 1]

東京都[1]渋谷区幡ヶ谷出身。法政大学卒業[1][3]

松竹出身[1]細谷事務所に所属していた[1][3]

父は元東宝プロデューサーの清川峰輔。妻は女優千曲里子。元妻は女優泉京子

略歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 新婚白書(1955年、松竹) - 松岡精一郎
  • お嬢さんの求婚(1955年、松竹) - 厚
  • かりそめの唇(1955年、松竹) - 清
  • あこがれ(1955年、松竹) - 榎本光二
  • 若き潮(1955年、松竹) - 梶大介
  • 角帽三羽烏(1956年、松竹) - 健吉
  • 十九の春(1956年、松竹) - 宗方春太
  • 茶の間の時計 愛情の波紋(1956年、松竹) - 山の辺良一
  • 俺は死なない(1956年、松竹) - バイトの健チャン
  • 君は花の如く(1956年、松竹) - 近藤
  • スタジオ超特急(1956年、松竹)
  • 女優誕生(1956年、松竹)
  • いとしい恋人たち(1957年、松竹) - 加治千太
  • 雲の墓標より 空ゆかば(1957年、松竹) - 上総
  • 婦警日誌より 婦人科医の告白(1957年、松竹) - 吉田
  • 逃げだした縁談(1957年、松竹) - 瀬戸口明夫
  • ここは静かなり(1957年、松竹) - 五本松武富
  • がっちり若旦那(1958年、松竹) - 轟屋英二
  • としごろ(1958年、松竹) - 精二
  • 恐怖の対決(1958年、松竹) - 川崎文雄
  • 明日をつくる少女(1958年、松竹) - 透
  • デン助の小学一年生(1958年、松竹) - 三輪新太郎
  • 月見草(1959年、松竹) - 高木修一
  • ふるさとの風(1959年、松竹) - 吉村
  • 大願成就(1959年、松竹) - 桜井
  • 恋人(1960年、松竹) - 佐藤隆
  • 俺たちに太陽はない(1960年、松竹) - 丸山の仲間
  • 渦(1961年、松竹) - 吉松昭彦
  • 痛快太郎(1961年、松竹) - 河野
  • 抱いて頂戴(1961年、松竹) - 石川十助
  • 恋とのれん(1961年、松竹) - 菅沼作治
  • 大吉ぼんのう鏡(1962年、大宝) - 勇
  • 男の嵐(1963年、日米映画) - 梅吉
  • 続・柔旋風 四天王誕生(1965年、日本電波映画) - 曽根正雄
  • わが愛星を祈りて(1966年、大映) - 佐伯友夫
  • お吟さま(1978年、宝塚映画) - 浅野長政
  • 炎のごとく(1981年、東宝) - 島田左近

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 同じとする資料もある[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'83』VIPタイムズ社、1982年、76頁。
  2. ^ a b c d 『日本映画人名事典 男優篇 上巻』キネマ旬報社、1996年、547頁。
  3. ^ a b 『日本タレント名鑑1994』VIPタイムズ社、1994年、118頁。