ローンウルフ 一匹狼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローンウルフ 一匹狼
ジャンル テレビドラマ
放送時間

火曜日21:00 - 21:56

→ 21:30 - 22:26(56分)
放送期間 1967年10月17日 - 1968年7月9日(39回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
プロデューサー

鎌田哲也 近藤照男

岩切文雄
出演者

天知茂 野際陽子

丹波哲郎ほか
オープニング 「一匹狼」

特記事項:
モノクロ放送
テンプレートを表示

ローンウルフ 一匹狼』(ローンウルフ いっぴきおおかみ)は、1967年(昭和42年)10月17日から1968年(昭和43年)7月9日まで、日本テレビ火曜日21:00-21:56枠(1968年4月2日からは、21:30-22:26枠)で放送された、東映制作のテレビドラマ。全39話。

当時の、新聞紙上における題名は『一匹狼』。現在では『一匹狼(ローンウルフ)』と表記される場合も多いが、第1話の映像で確認できるタイトルロゴの表記は『ローンウルフ 一匹狼』であり、本項の記述もそれに準じる。

概要[編集]

警視庁の敏腕刑事・響 祐二(ひびき ゆうじ)は、危篤状態の息子を看取ることよりも、事件の究明を優先するほどの仕事の鬼。しかし、そのことが原因で妻・冴子との関係が冷えきってしまう。息子の死から三年後、響は自宅で冴子が見知らぬ男と争っているのを目撃する。妻を救うべく男と格闘するが、揉み合っているうちに拳銃が冴子に暴発。動揺したところを殴打され自らも気を失い、拳銃を奪われてしまう。

響は、拳銃を盗まれたことで警察を懲戒免職され、入院中の冴子も書置きを残したまま行方不明になってしまった。何もかも失った響はある晩、建設工事の贈収賄疑惑に絡む殺人事件に遭遇する。殺人に使われた拳銃の弾は、かつて響が奪われたものとライフルマークが一致していた。自分の拳銃で人の命が失われたことを知った響は、忘れようとしていた過去と向き合うことを決意。一匹狼(ローンウルフ)として、事件の真相と妻・冴子の行方を探る。

ちなみに本作は、第2話以降のポジフィルムが行方不明となっており、現存する第1話「復讐のメロディー」のみが東映チャンネルで放送された。


スタッフ[編集]

オープニング 表記[編集]

企画
鎌田哲也(日本テレビ) / 近藤照男 / 岩切文雄
構成
都筑道夫 / 深作欣二 / 佐藤純弥
脚本
高岩肇【第1,10話】 / 高久進【第2,4,14,15,20,30,37話】 / 池田雄一【第3,11話】 / 押川国秋【第5,23,32話】 / 松山威【第6,16話】 / 長田紀生【第8,26,31,33,38,39話】 / 柴英三郎【第12話】 / 大和久守正【第16話】 / 佐藤肇【第17話】 / 館野彰【第17,26話】 / 佐藤純弥【第19,24話】 / 長谷川公之【第21話】 / 山内泰雄【第24話】 / 七条門【第25話】 / 池上金男【第25話】 / 山田稔【第30話】 / 山崎充朗【第31,33,38,39話】 / 藤村正太【第37話】
撮影
下村和夫【第1話】
録音
岩田広一
照明
森沢淑明【第1話】
美術
斉藤嘉男【第1話】
編集
望月徹【第1話】
記録
小貫綮子【第1話】
助監督
小林義明【第1話】
進行主任
吉村晴夫【第1話】
現像
東映化学工業株式会社
音楽
山下毅雄
主題歌
ローンウルフ 一匹狼
作詞 : 星野哲郎 / 作曲 : 山下毅雄 / 唄 : 天知茂
監督
佐藤純弥【第1,3,15話】 / 小西通雄【第2,6,7,14,18,21,23,31,38,39話】 / 加島昭【第4,11,16,22,35話】 / 鈴木敏郎【第5,9,10,12,13話】 / 佐藤肇【第8,17話】 / 鷹森立一【第19,20話】 / 山田稔【第24,25,30話】 / 館野彰【第26話】
制作
日本テレビ / 東映株式会社

ノンクレジット[編集]

原案
都筑道夫 / 深作欣二
制作協力
東映東京制作所

キャスト[編集]

響祐二
天知茂
冴子(響祐二の妻)
野際陽子【第1-7,9,12-15,19,23,26,28,29,31,34,38,39話】
しのぶ(バー「しのぶ」のママ)
瞳麗子【第1,3,4,6-10,12,18,20,23,26,28,32,33話】
松本節子(冴子の妹)
城野ゆき【第4-6,8,11,12,15-17,19,23,26,28-30,35,36話】
小田切警部(響のかつての上司)
丹波哲郎【第1-3,5,6,8,12,14,16,18,20,21,28,29,37-39話】

全話放送データ[編集]

放送日 話数 サブタイトル 脚本 ゲスト出演 監督
1967年
10月17日
1 復讐のメロディー 高岩肇 佐藤純弥
10月24日 2 ピストル市場 高久進 小西通雄
10月31日 3 花模様の女 池田雄一 佐藤純弥
11月7日 4 四億円の手帖 高久進 加島昭
11月14日 5 真夜中の訪問者 押川国秋 鈴木敏郎
11月21日 6 夜のバラは危険 松山威 小西通雄
11月28日 7 恐喝者の影 高久進 小西通雄
12月5日 8 傷だらけの報酬 長田紀生 佐藤肇
12月12日 9 美しき失踪者 押川国秋 鈴木敏郎
12月19日 10 拾った女 高岩肇

宮川一郎

12月26日 11 殺意のダイヤル 池田雄一 加島昭
1968年
1月2日
12 白と黒の幻 柴英三郎 鈴木敏郎
1月9日 13 断崖に立つ女 宮川一郎
1月16日 14 拳銃のバラード 高久進 小西通雄
1月23日 15 夜霧の十字架 佐藤純弥
1月30日 16 喪服の女 松山威

大和久守正

加島昭
2月6日 17 限りなき逃亡 佐藤肇

館野彰

佐藤肇
2月13日 18 殺しの依頼人 押川国秋 小西通雄
2月20日 19 二つの愛 佐藤純弥 鷹森立一
2月27日 20 甘い落し穴 高久進
3月5日 21 さらばわが友よ 長谷川公之 小西通雄
3月12日 22 拳銃のロンド 池田雄一 加島昭
3月19日 23 パリ行461便 押川国秋 小西通雄
3月26日 24 受験生ブルース 山内泰雄

佐藤純弥

山田稔
4月2日 25 狂犬の罠 七条門

池上金男

4月9日 26 その影を撃て 長田紀生

館野彰

館野彰
4月16日 27 車椅子の女 宮川一郎 鈴木敏郎
4月23日 28 銃弾の中の冴子 佐藤純弥
4月30日 29 命ある限り 佐治乾 山田稔
5月7日 30 野良犬の詩 高久進

山田稔

5月14日 31 恐怖のめぐり逢い 長田紀生

山崎充朗

小西通雄
5月21日 32 殺意の夜景 押川国秋 鈴木敏郎
5月28日 33 地獄への片道切符 長田紀生

山崎充朗

加島昭
6月4日 34 愛と憎しみの果てに 大和久守正 山田稔
6月11日 35 真夜中の顔 松山威 加島昭
6月18日 36 女ごころ 押川国秋 鈴木敏郎
6月25日 37 運命の拳銃 高久進

藤村正太

竹本弘一
7月2日 38 長い夜の果てに

前編

長田紀生

山崎充朗

小西通雄
7月9日 39 長い夜の果てに

後編

  • 岩本多代
  • フランツ・グルーベル
  • ギデオン・カダリ
  • 植村謙二郎
  • 島田太郎


主題歌シングル[編集]

A面 (本作のオープニング)

B面

  • 復讐のメロディー
    • 作詞 : 星野哲郎
    • 作曲 : 山下毅雄
    • 歌 : 天知茂
    • 演奏 : クラウン・オーケストラ

本作の結末[編集]

  • 第37話「運命の拳銃」
    • を溶かした王水をブランデーの瓶に入れて、密輸を企んでいた一味が殺人事件を起こす。凶器が奪われた拳銃であることを知った響は、事件を解決し、遂に拳銃を我が手中に取り戻した[1]
  • 第38話「長い夜の果てに 前編」
    • モナジェリア解放戦線のリーダーである、ラルゴ(フランツ・グルーベル)が東京に現れた。冴子の行方も知っているラルゴは、響を味方に引き入れ、モナジェリア政府の武器輸出を妨害しようと画策する[2]
  • 第39話「長い夜の果てに 後編」
    • モナジェリア政府側の一味は、ラルゴと響を捕え、本国への武器を積み込んだ船底に、冴子と一緒に監禁する。そして暗い船底で、監禁中に交わされた3人の会話が、これまでの謎の全てを明らかにした。冴子はフランス留学中にラルゴと愛し合っていたが、間もなくラルゴが政府側に捕まって殺されたと聞き、失意に暮れて帰国。帰国後の冴子は、響に魅かれて結婚した。だが、政府側は冴子を日本まで追ってきて、ラルゴの居場所を執拗に追求する。ラルゴの生存を知った冴子は、同時に二重結婚の発覚も恐れて響と別れ、行方をくらましていたのであった[3]

参考文献[編集]

  • 講談社ヒットブックス(16) 生きている東映ヒーローたち 東映TVの30年
    • 発行所:株式会社講談社
    • 1989年12月16日 初版
  • CD「一匹狼(ローンウルフ)ミュージックファイル」付属ブックレット
    • 発売元:株式会社バップ VPCD-81257
    • 発売日:1998年6月21日

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞1968年6月25日 朝刊
  2. ^ 朝日新聞1968年7月2日 朝刊
  3. ^ 朝日新聞1968年7月9日 朝刊
日本テレビ 火曜日21:00 - 21:56
前番組 番組名 次番組
20:00 - 時代劇シリーズ
21:25 - NNNニューススポット
21:30 - お好み寄席めぐり
ローンウルフ 一匹狼
(1967.10/17 - 1968. 3/26)
21:00 - 笑待席
21:30 - ローンウルフ 一匹狼
日本テレビ 火曜日21:30 - 22:26
21:00 - ローンウルフ 一匹狼
21:56 - NNNニューススポット

22:00 - 意地悪ばあさん
YTV制作枠】
(1967. 9/26 - 1968. 3/26)

木曜日19:00枠へ移動
ローンウルフ 一匹狼
(1968. 4/ 2 - 7/ 9)
夜の主役
(1968. 7/30 - 1969. 1/21)