稲垣美穂子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲垣 美穂子(いながき みほこ、本名:丹野 美穂子(たんの みほこ)、1938年2月20日 - )は、東京都町田市出身の女優・実業家。

夫は、『ハレンチ学園』等を撮った監督の丹野雄二。稲垣 光穂子の名義で活動した時期もある。

来歴[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

  • 花の運河(1956年)
  • 逆光線(1956年)
  • 地獄の札束(1956年)
  • 沖縄の民(1956年)
  • 孤獨の人(1957年、日活) - 鳥羽頼子 役
  • 女子寮祭(1957年)
  • 青春の抗議(1957年)
  • 月下の若武者(1957年)
  • 狂った関係(1957年)
  • 童貞先生行状記(1957年)
  • 白い悪魔(1958年)
  • 永遠に答えず 完結篇(1958年)
  • 少女と風船(1958年)
  • お笑い三人組(1958年)
  • 野郎と黄金(1958年)
  • 船方さんよ(1958年)
  • 青い乳房 (1958年、鈴木清順監督)
  • 太陽をぶち落せ(1958年)
  • 俺らは流しの人気者(1958年)
  • 危険な群像(1958年)
  • 第三の死角(1959年)
  • 愛は空の果てへ(1959年)
  • JA750号機行方不明(1959年)
  • 逃亡者(1959年)
  • 拳銃0号(1959年)
  • 絞首台の下(1959年)
  • 若い豹のむれ(1959年)
  • かわいい女(1959年)
  • 銀座旋風児(1959年)
  • 夜霧の空港(1959年)
  • 地獄の曲り角(1959年)
  • 大学の暴れん坊(1959年)
  • 昼下りの暴力(1959年)
  • 青春を吹き鳴らせ(1959年)
  • 事件記者 時限爆弾(1960年)
  • 刑事物語 殺人者を挙げろ(1960年)
  • 六三制愚連隊(1960年)
  • ノック・ダウン 打倒(1960年)
  • 今夜の恋に生きるんだ(1960年)
  • 特捜班5号(1960年)
  • 俺は流れ星(1960年)
  • 浅草姉妹(1960年)
  • 野郎!地獄へ行け(1960年)
  • 小雨の夜に散った恋(1960年)
  • 借りは返すぜ(1960年)
  • ある恋の物語(1960年)
  • 情熱の花(1960年)
  • 都会の空の用心棒(1960年)
  • 夜の挑戦者(1961年)
  • 薩陀峠の対決(1962年)
  • 対決(1963年)
  • 傷だらけの不敵者(1963年)
  • 母の歳月(1963年)
  • 横堀川(1966年)
  • 若社長大奮戦(1967年)
  • 稲妻(1967年)
  • 夜の手配師(1968年)
  • 涙でいいの(1969年)
  • 女賭博師 花の切り札(1969年)
  • 刺客列伝(1969年)

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 「有間皇子」(芸術座)
  • 「六本木心中」(芸術座)
  • 「花の生涯」(東京宝塚)
  • 「どん底」(俳優座)
  • 「図々しい奴」(明治座)
  • 「男衆さん」(中座)
  • 「新夫婦ぜんざい」(名鉄ホール)
  • 「三姉妹」(新歌舞伎座)
  • 「道頓堀」(御園座)
  • 「逢いびき」(シアターグリーン)
  • 「どてらい男」(梅田コマ)
  • 「無法松の一生」(南座)
  • 「鮎川サユリの奇怪な体験」(三越ロイヤルシアター)
  • 「祇王と時子」(ジァンジァン)
  • 森進一特別公演「弁天小僧」(新宿コマ)
  • 「新・アンの愛情」
  • 前川清特別公演「やっぱりさっぱり虹之亟」(原案・演出:萩本欽一)(新宿コマ)
  • 天童よしみ公演」(新歌舞伎座)

テレビアニメ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ほか多数

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 映画監督の丹野雄二さん死去(元日活映画監督) シネマトピックスオンライン 2001年1月28日、2014年7月11日閲覧。
  2. ^ 会員各社案内 日本動画協会

外部リンク[編集]