佐藤肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 肇(さとう はじめ、男性、1929年昭和4年)3月3日 - 1995年平成7年)5月10日)は、日本の映画監督埼玉県出身。

経歴・人物[編集]

慶應義塾大学経済学部卒業。

1952年(昭和27年)に東映入社。1960年(昭和35年)に『十七歳の逆襲 俺は昨日の俺じゃない』で監督デビュー。1960年代 - 1970年代に、怪奇・SF・アクション作品を多数手がける。

1966年(昭和41年)のSF映画海底大戦争』や1968年(昭和43年)に発表したSFホラー『吸血鬼ゴケミドロ』は、海外でもクエンティン・タランティーノなどファンが多く、人気を博している。

インパクト重視の演出が得意で、特に『特捜最前線』では登場人物が狂乱状態に陥る演出を連発した。主なテレビ作品は他に『悪魔くん』、『キャプテンウルトラ』、『キイハンター』、『アイフル大作戦』など。

アニメ作品には宮崎駿のテレビシリーズを編集した、劇場版の1979年(昭和54年)の『未来少年コナン』がある。また、1970年(昭和45年)の手塚治虫原案・監督の映画『クレオパトラ』で、実写パート演出を務めている。

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

訳書[編集]

関連項目[編集]