しあわせの決断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しあわせの決断
ジャンル テレビドラマ
脚本 松原敏春
演出 河村雄太郎
オープニング Eric Clapton(エリック・クラプトン)「Wonderful Tonight(ワンダフル・トゥナイト)」
エンディング 「Layla」
製作
プロデューサー 亀山千広
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1992年1月15日 - 3月18日
放送時間 水曜 22:00-22:54
放送分 54分
回数 10
テンプレートを表示

しあわせの決断」(しあわせのけつだん)は、1992年1月15日から3月18日までフジテレビ系列で毎週水曜22:00 - 22:54(JST)に放送されていた日本テレビドラマ[1]

主演は中村雅俊。中村主演の「結婚の理想と現実」のスタッフによって制作された。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

逸話[編集]

萩原聖人演じる平井真が、スロットで最後の1枚のコインに賭けるも虚しくスッてしまうシーンの撮影中、最後の1枚のコインを入れて適当にボタンを押したら777(スリーセブン)を出してしまった。当然NG扱いになったが、たった1枚のコインで大当たりを引いた事に本人すらビックリしてしまい、スタッフも「たった1枚だよ!!」と驚かれた。

このシーンは1992年4月に放送された『FNS番組対抗NG名珍場面大賞』で紹介され大賞を獲得。その後も総集編などで紹介されることが多く、後の萩原の芸能活動[2]もあり、テレビドラマのNGの中でも知名度の高いシーンとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 2015年に麻雀番組『THEわれめDEポン』の生放送に出演した際、国士無双で役満を達成したことや、ギャンブル漫画原作のアニメ作品の主人公の声優を担当したこと等。

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜22時台(連続ドラマ枠
前番組 番組名 次番組
なんだら まんだら
(1991.10.16 ‐ 12.18)
しあわせの決断
(1992.1.15 ‐ 3.18)
さよならをもう一度
(1992.4.15 ‐ 6.24)