フンザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フンザ藩王国の国旗

フンザ (Hunza, ウルドゥー語: ہنزہ) は、パキスタン・イスラム共和国北西部ギルギット・バルティスタン州フンザ=ナガル県英語版に位置する地域。広義では、藩王が1974年まで支配していたフンザ藩王国英語版の版図[1]、狭義ではその王都があったカリーマーバード英語版(Karimabad)を指す。

地理[編集]

北で中華人民共和国、北西でアフガニスタンとの国境と接し、面積10,101平方キロメートル。中国のカシュガルへ向かうカラコルム・ハイウェイ沿いに、観光ホテルや安宿の集まるカリーマーバード、ゴジャール英語版(Gojal)にあるパスー村英語版グルミット村英語版などの集落が点在している。

ワハーン回廊へは、カランダル峠英語版イルシャード峠英語版で夏期のみ連絡されている。また、ワフジール峠英語版バダフシャーン州アフガニスタン)とタシュクルガン・タジク自治県中華人民共和国 新疆ウイグル自治区 カシュガル地区)が連絡されている。

住民[編集]

民族[編集]

言語[編集]

現地ではブルシャスキー語(Burushaski)が使われているが、英語やウルドゥー語も解されている。ゴジャール地域では ワヒー語英語版(Wakhi)が話されている。

宗教[編集]

シーア派イスラームのイスマーイール派信者が多く、パキスタン他地域のイスラム教徒と比べると、風習や服装はかなり異なる。

産業[編集]

パキスタンと中国新疆ウイグル自治区を結ぶアジア横断ルートの途中にある上に、7000m級のパミール高原の山々が迫る辺境にあるため、外国人観光客や登山目的の旅行者が多い。アジアを旅するバックパッカー(個人旅行者)には「伝説の地」、「桃源郷」と呼ばれるほど、景色がすばらしい。自然豊かな村や谷は、4月になるとの花でピンク色に埋め尽くされる。また、酒類の入手が困難なパキスタンにおいては珍しく、フンザワインと呼ばれる飲料が旅行者の間の隠れた名物となっている。そうした風土を愛して長期逗留する旅行者が少なくない。以前は日本の旅行会社のツアー客も多数訪れていた。ただ、アメリカ同時多発テロ事件以降、訪問する観光客は減少傾向にある。

日本人旅行者の間では「風の谷のナウシカ」の「風の谷」のモデルとなったと言われてきた。旅行人編集室『旅行人ノート5 アジア横断』旅行人、1998年、134頁でも伝聞情報として取り上げられているが、スタジオジブリ公式ホームページ及び各種アニメ関係書籍ではその旨が示されたことはなく、根拠は不明。前述ガイドブックにおいても、2002年の改訂版からは抹消されている。宮崎駿自身は「(風の谷のイメージは)中央アジアの乾燥地帯なんです」と雑誌の対談で明言している。

自然災害[編集]

脚注[編集]

  1. ^ パキスタンのギルギット・バルティスタン州(Northern Areas)最北部フンザ=ナガル地区英語版からナガル藩王国英語版を除いた領域。

関連項目[編集]