辻野正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

辻野 正人(つじの まさと、1955年 - )は映画テレビドラマ作品の元監督演出家函館ラ・サール高校早稲田大学卒業。

来歴・人物[編集]

大学を卒業後、数々のテレビ・映画作品に助監督として携わった後、1985年に東映テレビプロに移籍。不思議コメディーシリーズの助監督として務め、『勝手に!カミタマン』より近藤杉雄と共にチーフ助監督。32歳のときに『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』にて監督デビューを果たす(同作品ではシナリオも執筆している)。次回作の『じゃあまん探偵団 魔隣組』でもメガホンを執った後作品中途で東映を離れ、同作品のプロデューサーを務めていたフジテレビ石原隆の紹介で『世にも奇妙な物語』の現場に助監督として携わる。同作品終盤では監督を務めたあと、東映・中曽根千治、手塚治プロデューサーの下で再び東映での仕事も手掛けるようになる。

シナリオライターでは『ビーナスハイツ』『世にも奇妙な物語』『電磁戦隊メガレンジャー』などで組んだ同じ年生まれの武上純希との仕事が非常に多く(下記参照)、その付き合いは2011年現在に至るまで約20年続いている。プロデューサーは前述の石原隆と以前は近しく、近年は東映の手塚治と塚田英明、松竹の中嶋等と近しい。

コメディ・シリアス、一般ドラマ・特撮(東映、松竹関係なく)を多岐に撮る存在は演出家として稀有の存在といっていい。2008年4月のクールでは『科捜研の女』と『トミカヒーロー レスキューフォース』の両作品でメイン監督を務めるなど精力的に活動した。尚、『科捜研の女』にはスタート当初から第10シリーズまで全てメイン級の監督として参加をしていたが、2011年10月スタートの第11シリーズよりローテーションから外れた。2011年1月放送の『フェイク 京都美術事件絵巻』が最後の演出作品となった。

作品[編集]

演出(監督)[編集]

連続テレビドラマ[編集]

★ メイン監督  ◎ 武上純希参加作品

単発テレビドラマ[編集]

  • 世にも奇妙な物語『ホーム・ドラマ』(1991年、にっかつ撮影所・フジテレビ)
  • 大人は判ってくれない『ダブル・イーグル』(1992年、にっかつ撮影所・フジテレビ)
  • 大人は判ってくれない『うそつき』(1992年、にっかつ撮影所・フジテレビ)
  • If もしも『緊急事態!飛行機で行くか?新幹線で行くか?』(1993年、にっかつ撮影所・フジテレビ)◎
  • If もしも『人生やりなおすなら、十八才に戻る?二十五才に戻る?』(1993年、にっかつ撮影所・フジテレビ)◎
  • 世にも奇妙な物語『かげふみ』(1994年、東映・フジテレビ)
  • ブラックX'mas(1994年、フジテレビ)
  • 世にも奇妙な物語『史上最強の転校生』(1997年、東映・フジテレビ)◎
  • なんでも屋大蔵の事件簿2(2003年、M GARAGE・テレビ東京) ※2時間ドラマ ◎
  • 新・科捜研の女2時間スペシャル(2008年、東映・テレビ朝日)
  • 新・科捜研の女2時間スペシャルⅡ(2010年、東映・テレビ朝日)

オリジナルビデオ[編集]

  • オンブヤ 無敵のブックメーカー(1994年、にっかつ撮影所)◎

脚本[編集]

関連人物[編集]