牙狼外伝 桃幻の笛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
牙狼外伝 桃幻の笛
監督 大橋明
脚本 雨宮慶太
藤平久子
原作 雨宮慶太
出演者 佐藤康恵
松山メアリ
主題歌 JAM Project「Wildflowers」
撮影 西岡章
製作会社 東北新社
配給 東北新社
公開 2013年7月20日
上映時間 61分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 牙狼〈GARO〉 〜蒼哭ノ魔竜〜
次作 絶狼〈ZERO〉 -BLACK BLOOD-
テンプレートを表示

牙狼外伝 桃幻の笛』(ガロがいでん とうげんのふえ)は日本特撮映画作品。2013年7月20日公開。

キャッチコピーは「その音色は、光か闇か。」。

概要[編集]

牙狼〈GARO〉』シリーズの劇場版第3作[1]であり、邪美と烈花の女魔戒法師を主人公にした『MAKAISENKI』後のエピソードとなるスピンオフ映画第2弾。監督は『MAKAISENKI』でアクション監督だった大橋明で、本作品が初監督となる[2]。魔戒騎士とは異なる法力での戦いやアクロバティックなワイヤーアクションが描写されているのが特徴である[2]

上映劇場でDVD&Blu-rayを先行発売。

ストーリー[編集]

閑岱の地で修業をしていた邪美と烈花。
無茶をしようとする烈花に、邪美は「1人で強くなれる魔戒法師なんていない」と諭す。
そして、烈花が閑岱を去った後、邪美の前に元老院の隠密を名乗る魔戒法師・阿妓が現れ、邪美に助力を求める。
一方、管轄へ戻る烈花の前にも、魔戒法師・麻妓が現れる。
笛を奏でていた烈花に、麻妓は、自分も笛を持っていると言う。
その笛の名は、『桃幻の笛』だと言うが……。

関連用語[編集]

桃幻の笛
魔戒法師・壮幻が自身の命と引き換えに作り出したとされている笛。その音色はホラーを退散・消滅させる力を持つが、邪悪な者がそれを吹くと逆にホラーの力を増強させ、人間界に大きな災厄をもたらすとされている。
その正体は、壮幻が翡刈の封印のために自身の肉体から作り出した「激昂」、「驚愕」、「憎悪」、「悲哀」、「苦痛」、「恐怖」、「絶望」の7つの音色を奏でる笛に「魔戒法師の断末魔」という8つ目の音色を加えたものである。阿伎と麻伎が所持していたのは壮幻の腕の遺骨であり、それが笛の姿に見えた魔戒法師が桃幻の笛に選ばれた者となる。
北の森
翡刈が封印されている社が存在する森。あらゆる道に通じるとされており、人間の感覚を狂わせる力が作用している。
緋鳥炎陣(ひちょうえんじん)
邪美と烈花の合体技。成功すると鳳凰を模った炎が顕現し、標的を焼き滅ぼすが、下手すれば命を落としかねないとされている危険な技でもある。当初は、烈花のわずかな心の弱さが妨げとなって成功できなかったが、最終的に父・ケンギへの思いでそれを克服し、成功させた。

登場人物・キャスト[編集]

邪美(ジャビ)……佐藤康恵
鋼牙の盟友である女魔戒法師。本作では、赤い組紐を操る武器・紅蓮鋼や翼が身に着けているものと同じ力を持つ耳飾りを使用するほか、髪を結っている紐を用いて巨大な結界を張る「赤守無尽」という術を披露する。
烈花(レッカ)……松山メアリ
鋼牙の盟友である若き女魔戒法師。本作では、魔導筆と短剣による二刀流を披露する。
剣義(ケンギ)……津田寛治
烈花の父親である魔戒騎士。烈花が幼い頃に使徒ホラーの一体である魔鏡ホラー・カルマとの戦いで命を落とす。
阿伎たちの罠に嵌り、死の淵を彷徨っていた烈花の前に現れて彼女を救った。
阿伎(アギ)……瀧内公美
北の元老院から派遣された、隠密行動を任務とする女魔戒法師。バトン状の武器・魔裂杖とトマホーク状の武器・魔導鉞を駆使した戦いを得意とするほか、「使人」と呼ばれる黒装束を纏った死人を部下として使役している。
元老院からの指令で桃幻の笛を北の森にある社へ運んでいた際に闇に堕ちた魔戒法師の襲撃を受け、邪美に助力を乞うが、実際には翡刈復活のために必要となる桃幻の笛に選ばれた魔戒法師を探すために麻伎と共に暗躍していた。麻伎とはレズビアン的関係にあり、麻伎のことを大切に思っており、彼女を救うためなら手段を選ばない。最期は桃幻の笛の8つ目の音色を完成させるために麻伎に殺害され、その遺体は復活した翡刈に吸収された。
麻伎(マギ)……大野未来
烈花の笛の音に誘われて姿を現した女魔戒法師。一人称は「ボク」で、美しい物を好む。刃が仕込まれたトンファー状の武器・魔双撃を操る。
壮幻の弟子一族の末裔を名乗り、何者かに奪われた桃幻の笛の奪還を烈花に託したが、実際には阿伎と共に翡刈復活のために暗躍していた。不治の病を患って余命わずかの状態となっており、永遠の命を得るために桃幻の笛に選ばれた魔戒法師である烈花の命を狙う。最期は阿伎を殺害して8つ目の音色を完成させ、封印が解けて復活した翡刈に吸収された。
シグト……倉貫匡弘
烈花の仲間の魔戒法師。かつての師である魔戒法師アカザの形見の魔導筆を携えている。
鈴(リン)……柴本優澄美
白夜騎士ダンこと山刀翼の妹である魔戒法師。
翡刈(ヒガリ)……高橋ひとみ
闇の力で天地さえも操る力を持った元魔戒法師。かつて、その力を恐れた魔戒法師・壮幻によって封印されたが、思念体として甦り、阿伎と麻伎を操って完全復活のために暗躍する。
阿伎と麻伎に指令を出す際には美しい女性の姿で現れていたが、封印が解けて復活した際には、頭部だけの怪物のような醜悪な真の姿を現した。最期は合体技・緋鳥炎陣によって滅ぼされた。

スタッフ[編集]

  • 原作・総監督 - 雨宮慶太
  • 監督・アクション監督 - 大橋明
  • 脚本 - 雨宮慶太、藤平久子
  • エグゼクティブプロデューサー - 二宮清隆
  • アソシエイトプロデューサー - 吉田健太郎
  • プロデューサー - 音無珠映
  • テクニカルプロデューサー - 侭田日吉
  • 撮影 - 西岡章
  • 照明 - 小笠原篤志
  • 美術 - 竹内正典
  • 衣裳 - 宮田弘子
  • メイク - 本田真理子
  • VFXスーパーバイザー - 中川茂之
  • VFX・CG - オムニバス・ジャパン
  • 配給 - 東北新社
  • 特別協力 - サンセイアールアンドディ
  • 制作 - 東北新社、オムニバスジャパン
  • 製作 - 東北新社

主題歌[編集]

テーマ曲「Wildflowers」
歌 - JAM Project[3]

マナー広告[編集]

マナー広告として本編上映前にディフォルメキャラが登場する『miniGARO』篇 を上映[4]。DVD&Blu-rayには未収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 呀〈KIBA〉を含めると第4作目。
  2. ^ a b 「宇宙船vol.144特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2014」、『宇宙船』vol.144(2014.春号)、ホビージャパン2014年4月1日、 別冊p.24、 ISBN 978-4-7986-0809-9
  3. ^ JAM Project「牙狼」シングルとライブBlu-ray&DVDをリリース OKMusic 2013年7月1日
  4. ^ 「牙狼外伝 桃幻の笛」TVCM動画・WEB CM動画(miniGARO篇)を公開!!公式Blog 2013年7月16日

外部リンク[編集]