進め!ゴレンジャー/秘密戦隊ゴレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 秘密戦隊ゴレンジャー > 進め!ゴレンジャー/秘密戦隊ゴレンジャー
進め!ゴレンジャー
ささきいさおこおろぎ'73堀江美都子コロムビアゆりかご会シングル
A面 進め!ゴレンジャー
B面 秘密戦隊ゴレンジャー
リリース
録音 1975年
日本の旗 日本
ジャンル アニメ・特撮ソング
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 石森章太郎(作詞 #1)
八手三郎(作詞 #2)
渡辺宙明(作曲・編曲)
ささきいさお 年表
宇宙戦艦ヤマト
(1975年)
進め!ゴレンジャー/秘密戦隊ゴレンジャー
(1975年)
戦え!宇宙の王者
(1975年)
堀江美都子 年表
ぼくらきょうだいてんとう虫
(1975年)
進め!ゴレンジャー/秘密戦隊ゴレンジャー
(1975年)
仮面ライダーストロンガーのうた
(1975年)
こおろぎ'73 年表
進め!ゴレンジャー/秘密戦隊ゴレンジャー
(1975年)
テンプレートを表示

進め!ゴレンジャー」(すすめゴレンジャー)は、ささきいさお堀江美都子、ならびにこおろぎ'73コロムビアゆりかご会シングル1975年4月10日日本コロムビアから発売された。型番はSCS-251

解説[編集]

表題曲「進め!ゴレンジャー」は、テレビドラマ(特撮番組)『秘密戦隊ゴレンジャー』のオープニングテーマとして使用された。カップリングには、同じくささきいさおが歌う同作の初期エンディングテーマ「秘密戦隊ゴレンジャー」[1]が収録されている。

エンディングテーマ「秘密戦隊ゴレンジャー」は、テレビタイトルとエンディングテーマが同じという、アニメ・特撮ソングとしても珍しい曲である。スーパー戦隊シリーズでオープニングテーマとテレビタイトルが同じになった初の楽曲は『秘密戦隊ゴレンジャー』の次回作『ジャッカー電撃隊』の「ジャッカー電撃隊」である。[独自研究?]

「秘密戦隊ゴレンジャー」では、作曲・編曲担当の渡辺宙明が元の詞にはなかった「バンバラバンバン...」という擬音スキャット(こおろぎ'73担当部分)を追加して、大受けした[2]。渡辺はコロムビアプロデューサーの木村英俊からイントロに面白いフレーズを入れるよう要望され、当時流行していたスキャットを取り入れたフレーズを10分程度で考えたという[3]。渡辺は『秘密戦隊ゴレンジャー』の挿入歌や『グレートマジンガー』『鋼鉄ジーグ』『アクマイザー3』などの楽曲でもスキャットを多用している(それぞれ、こおろぎ'73歌唱)。また、渡辺作曲の主題歌をメドレーにした「スーパー戦隊バンバラバン」(こおろぎ'73歌唱)というイメージソングも存在する。

こおろぎ'73は本作以降、渡辺宙明以外の作品(『忍者キャプター』など)でも擬音スキャットを用いたバックコーラスを担当している。

収録曲[編集]

(全作曲・編曲:渡辺宙明)   

  1. 進め!ゴレンジャー
  2. 秘密戦隊ゴレンジャー
    • 歌:ささきいさお、こおろぎ'73
    • 作詞:八手三郎
    • 特撮番組『秘密戦隊ゴレンジャー』エンディングテーマ1。

カバー[編集]

下のほか、スーパー戦隊魂などのイベントでも他の歌手が(もしくは、ささきいさおや堀江美都子が他の歌手とともに)「進め!ゴレンジャー」などの楽曲を歌っている。

「子門真人 ヴォーカル・コンピレーション カヴァー レア・コレクション」
子門真人ザ・ブレッスン・フォーによるカバーヴァージョンの「秘密戦隊ゴレンジャー」と、子門真人と大和田りつこヤングフレッシュによる「進め!ゴレンジャー」が収録。
「アニメタル・マラソンII 特撮編」
アニメタルによる「進め!ゴレンジャー」と「秘密戦隊ゴレンジャー」のカバーを収録。収録された40曲の楽曲のうち「秘密戦隊ゴレンジャー」以外は、特撮作品のオープニングテーマであるため、「秘密戦隊ゴレンジャー」が唯一のエンディングテーマとなっている[4][独自研究?]

脚注/参照[編集]

  1. ^ 後期エンディングについては、「見よ!!ゴレンジャー/戦いおわって」を参照。
  2. ^ 「大受け」というのは渡辺自身の表現である(渡辺宙明コラム/過去ログ 第3回 10月1日 「不思議ソング」にまつわる話−2(2012年7月15日時点のアーカイブ)より)。
  3. ^ 「透明ドリちゃんBGM集発売記念 渡辺宙明インタビュー」『キャラクターランドSPECIAL ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』 徳間書店〈HYPER MOOK〉、2017年2月5日、pp.90-92。ISBN 978-4-19-730144-7
  4. ^ 正確には、「レッツゴー!! ライダーキック」のように、テレビシリーズのオープニングテーマとして制作された後、映画エンディングテーマとして使用された楽曲もある。