忍風戦隊ハリケンジャーVSガオレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパー戦隊Vシネマ
VSシリーズ
第8作 百獣戦隊
ガオレンジャー
VS
スーパー戦隊
2001年8月10日
第9作 忍風戦隊
ハリケンジャー
VS
ガオレンジャー
2003年3月14日
第10作 爆竜戦隊
アバレンジャー
VS
ハリケンジャー
2004年3月12日

忍風戦隊ハリケンジャーVSガオレンジャー』は、2003年3月14日に発売されたオリジナルビデオ作品。『忍風戦隊ハリケンジャー』のオリジナルビデオ作品であり、スーパー戦隊VSシリーズの一つ。

概要[編集]

忍風戦隊ハリケンジャー』と『百獣戦隊ガオレンジャー』のクロスオーバー作品であるスーパー戦隊Vシネマ第9作。本作から初回封入特典がつくようになった。

制作上は『忍風戦隊ハリケンジャー』テレビシリーズ本編の巻之二十五から巻之二十六の間の夏の出来事と位置付けられているが[1]、後に制作された『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』では2002年10月に起きた出来事として設定されている[2]

それまでのVSシリーズでは実際に戦隊同士が戦う場面は少なかったため、本作では『ハリケンジャー』のジャカンジャ暗黒七本槍の5名(チュウズーボとサンダール以外)が、「敵組織の幹部が戦隊(ガオレンジャー)の変身アイテムを奪い偽ガオレンジャーに変身する」という展開となっており、両戦隊が戦うシーンも多い[3]

ガオレンジャーはハリケンジャーのことを知っており、ハリケンジャーは、おぼろとハムスター館長(無限斎)のみガオレンジャーのことを知っている設定で『ガオレンジャー』からは敵幹部であるヤバイバとツエツエも登場する。

作品オリジナルの巨大ロボとして、轟雷旋風神ソード&シールドと天空轟雷旋風神が登場。特に前者は両作品の玩具が合体可能な点を活かし[1]、シリーズ唯一となる両戦隊のメカが合体したオリジナルの巨大ロボとして描かれた。

ハリケンレッド役の塩谷瞬が撮影当時事故で左腕を骨折したため、戦闘時に腕を負傷したという設定でEDには包帯姿で出演。

本編では常に変身後の色で呼び合っていたガオレンジャーが、本作品では本名で呼び合うシーンが多くある。

酒井一圭演じる牛込草太郎は戦士となる前は力士であったという設定なことから、霞一甲を演じる白川裕二郎が実際に元力士の要素も合わせて、エピローグで2人が相撲をするシーンも描かれた。


あらすじ[編集]

いつものようにジャカンジャと戦うハリケンジャーの3人。しかし、彼らの前にオルグと戦い、正義の戦士であったはずのガオレンジャーの5人がジャカンジャの味方として立ちふさがる。正義の戦士であるはずのガオレンジャーの行動に戸惑うハリケンジャー。

このガオレンジャーは、実はチュウズーボを除いた暗黒七本槍の5人が化けていた偽物だった。彼らは本物のガオレンジャーのGフォンとガオの宝珠を奪い、悪に利用してハリケンジャーに挑んでいたのである。本物のガオレンジャー5人とガオの巫女・テトムは、チュウズーボの弟であるチュウボウズとガオレンジャーに滅ぼされたオルグ残党のツエツエとヤバイバの2人に誘拐されていた。唯一脱出できた大河冴(ガオホワイト)と共に、ハリケンジャーたちはガオレンジャー救出作戦に乗り出す。無事救出されたガオレンジャーとハリケンジャーの反撃が始まる。

オリジナルキャラクター[編集]

チュウボウズ
ハリケンジャーに倒されたチュウズーボの弟。兄の敵・ハリケンジャーを討ち、兄に代わり、新たな二の槍になろうとしている。ガオレンジャーの情報をヤバイバとツエツエから聞き出し、月麿を除く、ガオレンジャーとテトムを誘拐して、Gフォンを奪い、暗黒七本槍をガオレンジャーに変身させて破壊活動を行わさせた。自分の兄であるチュウズーボの持つ全ての宇宙忍法を取得しており、チュウズーボと同様槍を武器にしている。かなり調子のいい性格で、そのためか、サタラクラからは「チュウ坊」と呼ばれている。
特殊な札を使って、ガオレンジャーの動きを封じただけでなく、その札で生体データを七本槍に送ることでガオレンジャーへの変身を可能とした。札の制御はベルトで行うが、そのベルトが故障すると札の力も弱まる。
ビクトリーガジェットでダメージを負った後に巨大化。復活中忍と手を繋いでの共鳴でエネルギーを高めてからの光線でガオの巨人の合体を解除させ、轟雷旋風神の右腕も破壊するが、天空轟雷旋風神のワイルドサンダーハリケーンで倒された。
デザインはさとうけいいちが担当[4]。中国風デザインのジャカンジャと異なり、ストリート系のイメージでデザインされている[4]
偽ガオレンジャー
暗黒七本槍が変身したガオレンジャー。偽ガオレッドはサタラクラ、偽ガオイエローはサーガイン、偽ガオブルーはウェンディーヌ、偽ガオブラックはマンマルバ、偽ガオホワイトはフラビージョ。名乗りに関しては、偽ガオレッドは「灼熱の…4×4=16」「生命(いのち)あるところ、悪魔の雄たけびあり」とワザと言い間違えた。元の変身者たちに擬態することも可能。
ガオキングも駆使して、ハリケンジャーとゴウライジャーを追い詰めるが、仲間たちの手で脱出してきた冴の呼びかけにより、パワーアニマルが動きを止めた為、偽者であることがバレてしまう。本物たちの札が外れながらも偽ガオレンジャーとしては健在だったが、唯一力を奪われなかった月麿と彼の呼びかけに応じたパワーアニマル(初期メンバーのメインパートナー)の力で動きが鈍ったところをハリケンジャーの生身からの影の舞で倒され、Gフォンを奪い返される。
復活中忍軍団[5]
チュウボウズの宇宙忍法・中忍復活の術によって復活した中忍たち。ギリギリガイ師、カンガルーレット、ジン・ギローンの3名が復活。カンガルーレットは、ガオキングソード&シールドのイビルクラッシャーとガオハンターのビーストハリケーンで倒され、ギリギリガイ師とジン・ギローンは、轟雷旋風神ソード&シールドの風雷百獣斬りに倒された。
再生チュウズーボ
チュウボウズの宇宙忍法・兄貴魔神魂召喚の術によって復活。巨大戦でチュウボウズを援護するが、轟雷旋風神のパンチで倒される。

本作のオリジナル装備・戦力[編集]

忍風・真っ向斬り
ハリケンレッドの技。ハヤテ丸で縦一線に切り裂く。チュウボウズに使用。
轟雷旋風神ソード&シールド[6]
轟雷旋風神がガオレンジャーのパワーアニマルであるガオシャーク(右腕)、ガオタイガー(左腕)、ガオエレファント(ソード&シールド)と百獣合体した姿。
必殺技はエレファントソードに風神エネルギーと雷神エネルギーとガオソウルを込めて敵を切り裂く必殺奥義風雷百獣斬り
天空轟雷旋風神
轟雷旋風神が天空神を右腕に天空武装したカラクリ巨人。
必殺技は風神エネルギーと雷神エネルギーをチャージし、さらにガオレンジャー6人のメインパートナーパワーアニマルの力を借りて、ハリケンレオンの口から必殺光線を放つ絶対究極奥義ワイルドサンダーハリケーン。それぞれのコックピットにガオレンジャーが1人ずつ搭乗しており[7]、総勢12名乗っている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

音楽[編集]

主題歌
オープニングテーマ「ハリケンジャー参上!」
作詞:及川眠子 / 作曲・編曲:池毅 / 歌:高取ヒデアキ
エンディングテーマ「いま 風のなかで」
作詞・作曲:高取ヒデアキ / 編曲:籠島裕昌 / 歌:影山ヒロノブ
挿入歌
「風よ、水よ、大地よ、」
作詞・作曲:高取ヒデアキ / 編曲:加藤稔二 / 歌:高取ヒデアキ
「ガオレンジャー吼えろ!!」
作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:中川幸太郎 / 歌:山形ユキオ / コーラス:高尾直樹佐々木久美斉藤妙子

脚注[編集]

  1. ^ a b 東映ヒーローネット 竹本昇監督インタビュー”. 2013年12月24日閲覧。
  2. ^ 「スーパー戦隊住所録」・七海の項の記載より。
  3. ^ 東映ヒーローネット 竹本昇監督インタビュー”. 2013年12月24日閲覧。
  4. ^ a b 百化繚乱 下之巻 2012, p. 163
  5. ^ 超全集 2003, p. 80.
  6. ^ 玩具でも再現可能
  7. ^ 組み合わせは、ダブルレッド、ダブルイエロー、ダブル女戦士、ダブル6人目、カブトライジャー&ガオブラック、クワガライジャー&ガオブルー。

参考文献[編集]

  • 『忍風戦隊ハリケンジャー超全集』てれびくん編集部(阿部敦)、小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、2003年3月10日。ISBN 4-09-101489-5
  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』グライドメディア、2012年10月16日。ISBN 978-4-8130-2180-3