酒井直行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 直行(さかい なおゆき、1966年 - )は、映画テレビドラマ作品の脚本家小説家作詞家プロデューサー

人物[編集]

愛媛県宇和島市生まれ。愛光高校卒業。

特捜エクシードラフト』で活動開始後、ドラマ・時代劇・映画・漫画原作・小説などで活動する。日本脚本家連盟員。岡本吉起や、先輩脚本家である杉村升曽田博久宮下隼一らの呼びかけでフラグシップのメンバーとして参加。

2006年、『MUSASHI -GUN道-』のシリーズ構成を担当。愛媛のローカル番組で、生放送番組のコメンテーターをしていた。「愛媛新聞ウィークリーリック」(毎週木曜日発刊)誌上にてエッセーを連載し、Wikipediaにおける自分自身の項目に一部に誤りがあることに触れ「編集した人たちが気づくまで、自分では直しません」と述べる。

2010年、愛媛県松山市拠点とするアイドルユニット「ひめキュンフルーツ缶」の企画・結成に参画する。

作品[編集]

テレビ[編集]

火曜サスペンス劇場
特撮
アニメ

映画・OVA[編集]

作詞[編集]

その他[編集]

  • 大沢逸美ののんび〜りサタデー[1]愛媛朝日テレビ)- 番組構成及びレギュラーコメンテーター出演
ゲーム
漫画原作
小説
構成
エッセー
  • 愛媛新聞ウィークリーリック(毎週木曜日発刊)