キカイダー01 THE ANIMATION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

キカイダー01 THE ANIMATION』(キカイダーゼロワン ジ アニメーション)は2001年に製作された日本のOVA作品。石ノ森章太郎の漫画『人造人間キカイダー』の後半部分のアニメ化作品であり、2000年に製作されたテレビアニメ人造人間キカイダー THE ANIMATION』の続編。

全4話だが、2003年発売のDVD-BOX版では更なる続編である短編『ギターを持った少年 -キカイダーVSイナズマン-』が追加された。

本作は、特撮作品である『キカイダー01』のアニメ化作品ではない。ある程度漫画版『キカイダー』の01登場後のストーリーに沿っているが、アニメオリジナルの展開である。

ストーリー[編集]

秘密結社ダークの野望を砕き独り旅をしていた人造人間キカイダーことジローは、謎のロボット軍団に襲われるアキラとリエ子に出会う。実はアキラは、ダークの首領プロフェッサー・ギルの息子で、ギルの残した最終兵器の秘密を握っていたために復活したハカイダーや謎の組織シャドウに狙われていたのだった。そしてアキラたちと古寺に逃げこんだジローは、そこでジロー以前に造られた人造人間キカイダー01・イチローと出逢う・・・。

登場人物[編集]

ジロー/キカイダー
本作の主人公(または前作の主人公)。兄のイチロー/キカイダー01と異なり、不完全な「良心回路(ジェニミィ)」を持つ。原作漫画版同様に終盤アーマゲンドンゴッド内で「服従回路(イエッサー)」を組み込まれ、人間と同じ「不完全な善」と「完全な悪」の二面性を持った、「心」を持つようになる。なお、良心回路については本作では「良心回路は何重にもガードされていた為、ギルハカイダーは取り外せなかった」とされている。そして、原作漫画版と同じく、キカイダー01とキカイダー00、そしてギルハカイダーを破壊。その後は旅に出る。
イチロー/キカイダー01(ゼロワン)
ジロー以前に光明寺博士が製作していた人造人間。言わばジローの兄。ジローと異なり、良心回路を持たない。それ故に性格は直情的かつ非常に好戦的。原作漫画版同様に終盤アーマゲンドンゴッド内で「服従回路(イエッサー)」を組み込まれ、ギルハカイダーの命令どおりに動く機械人形となってしまい、服従回路を組み込まれた事で本来の性能を取り戻したキカイダーのブラスターによりキカイダー00共々破壊される。
愛機であるダブルマシーンは、ウィング部分が分離してカッターになったり、ミサイルを発射したりなど、特撮版以上の武装を施されている。
零(レイ)/キカイダー00(ダブルオー)
光明寺博士の設計図(劇中では素体と風天和尚は言っていた)を元に風天和尚が製作した[1]第3のキカイダー。映像作品での登場はこれが初めてである。イチロー同様に良心回路を持たないが、イチローと異なりクールな性格をしている。
KIKAIDER00』での彼同様にブローアップ機能を持ち、『ロボット刑事』を思わせる、大量の武装を体内に内蔵している。呼称はされないが、原作の必殺技である「十字撃ち(クロスラインショット)」や、『00』の「アークエンド」を連想させる技も使用する。結末はキカイダー01同様にギルハカイダーに服従回路を組み込まれキカイダーと戦う。服従回路を組み込まれた事で本来の性能を取り戻したキカイダーのブラスターによりキカイダー01共々破壊される。
ミエ子/ビジンダー
謎の組織シャドウの人造人間。リエ子とは姉妹ロボットだった。特撮版の「ビジンダーレザー」のような光線や、原作の「クレイジーアイ」(目から放射するが、DVD4巻では乳房部分から放射している)などの技を使用する。
リエ子との出会いで共鳴現象を起した結果、ジローたち側に付くが、原作同様に服従回路を組み込まれ、ギルハカイダーの部下になる。原作と異なり、リエ子の代わりに乳母ロボットとしてアキラと再会。これによって、自我を取り戻すが、シャドウナイトに撃たれ、大破しながらもアーマゲドンゴッドから脱出。風天和尚にアキラを託して力尽きる。
アキラ
ジローが助けた少年。プロフェッサー・ギルの息子で、最終兵器の秘密が隠されているといわれる。
父親の所業がトラウマとなり心を閉ざしていた。原作に居た双生児のルミは登場せず。
リエ子
アキラを連れていた人間の女性。実はアキラの護衛をするために作られた乳母ロボットだった。
記憶は実在した人物の物をコピーした物だったらしく、自分がロボットである事を知らなかった。電子頭脳がジローの良心回路と共鳴した結果、ジローに愛情が芽生えていた。戦いの最中でギルハカイダーに真実を突きつけられ、彼の攻撃でロボット形態に変身。姉妹ロボットだった、ビジンダーの叱咤でアキラを守る為に戦うが、最後はギルハカイダーに破壊される。
風天和尚
山寺の和尚。実は元ロボット工学者で、光明寺博士の恩師である。
リエコ
シャドウ壊滅後に風天と共に現れた少女で、風天の孫娘。風天を「おじいちゃん」と呼んでいる。救出されたアキラを介抱していた。
ギルハカイダー
前作で死亡したと思われたプロフェッサー・ギルハカイダー(サブロー)のボディを使って復活した姿。ハカイダー部隊壊滅後、新生ダークの首領となる。特撮版と異なり、原作同様にギルの人格がハカイダーのボディを支配している。アーマゲドンゴッドが完成した後は、特撮版のシーン同様にマントを着用する。
レッドハカイダー
ブルーハカイダー
シルバーハカイダー
ハカイダー四人衆として現れ、連携攻撃やガッタイダーへの合体でキカイダーと01を苦しめるが、2人の連携でブルーハカイダーの脳はキカイダーのデンジエンドで潰され、残ったボディも01のサンライズビームで破壊され、ギルハカイダーに使えるパーツを渡し、シルバーハカイダーとレッドハカイダーは爆死した。
シャドウナイト
謎の組織シャドウのロボット。ハカイダー部隊と敵対するかに見えて、実はダーク再興を画策し、ギルハカイダーを首領として迎える。特撮版で使用した目からの破壊光線の他、アームガンやビームサーベルなど多様な武器を使用する。アキラを抱いて逃げようとするビジンダーを撃とうとして、ギルハカイダーに殺された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:石ノ森章太郎
  • エグゼクティブプロデューサー:小野寺章(石森プロ)、勝股英夫(SME・ビジュアルワークス
  • 企画監修:河野達典(石森プロ)
  • 企画協力:小山仁一郎(プラズマ)、前田保、児玉恭司(石森プロ)
  • 脚本:根元歳三、大西信介
  • スーパーバイザー:早瀬マサト(石森プロ)
  • キャラクターデザイン:紺野直幸
  • 美術監督:岡田有章デザインオフィス・メカマン
  • 色彩指定:友野亜紀子、川崎アイ子
  • 撮影監督:長牛豊
  • 編集:田熊純
  • 音楽:和田薫
  • 音楽監督:中武敬文
  • 録音演出:井上和彦
  • 効果:野口透(アニメサウンド
  • 録音調整:安藤徳哉
  • 録音助手:椎原操志
  • 録音スタジオ:スタジオごんぐ
  • 録音プロデューサー:藤沼亜季
  • 録音制作:楽音舎
  • ラインプロデューサー:植田もとき、松元文一、久保田光俊
  • プロデューサー:岩上敦宏(SME・ビジュアルワークス)
  • 監督:元永慶太郎
  • アニメーション制作:RADIX、スタジオOX
  • 協力:東映
  • 製作協力:バンダイ
  • 製作:SME・ビジュアルワークス

タイトルリスト[編集]

※各巻にサブタイトルは存在しない

  1. VOL.1
  2. VOL.2
  3. VOL.3
  4. VOL.4
  • キカイダー01 THE ANIMATION/RE-EDITION ※VOL.1 - 4の再編集版

ギターを持った少年 -キカイダーVSイナズマン-[編集]

『キカイダー01 THE ANIMATION/RE-EDITION』とともにコレクターズDVD-BOXに収録されている作品。石ノ森章太郎の漫画『イナズマン』にジローが出演した「ギターを持った少年」を原作としている(ただし、結末は異なる)。

2008年3月24日、NHK衛星第2の『とことん! 石ノ森章太郎』においてTV初放映。

登場人物[編集]

風田サブロウ/イナズマン/サナギマン
イナズマンへの変身能力を持つ、新人類(ミュータント)の少年。
変身能力以外にも様々な超能力が使える。超能力を持たない人類を滅ぼそうと企む、新人類帝国の超能力者達と戦っている。
超能力者であり、新人類から狙われていることからイツツバンバラに操られたジローに襲われたが、超能力を使わずに最終的に自我を取り戻させた(自分の心と向き合わせるように手助けをしたとも取れる描写があり、解釈が分かれている)。その後は再び行方を眩ましたジローを追う探偵の服部に「ジローは再びあなた達のもとへ戻ってくる」と伝えた。
特撮版では渡五郎(わたり ごろう)と言う大学生であったが、本作では原作漫画版に準じて、中学生の風田サブロウがイナズマンの変身者である。
ジロー/キカイダー
不完全な良心回路(ジェミニィ)に悩む人造人間の少年。
過去に悪に従うようになる回路、服従回路(イエッサー)を体内に埋め込まれており、人間と同じ「善」と「悪」の「心」を持つ。シャドウとの最終決戦で兄弟、仲間を「殺した」トラウマから来る心の脆さに漬け込まれ、イツツバンバラに操られサブロウを狙うこととなる。その後、自身の強い思いによって意識を取り戻しイツツバンバラを撃退。サブロウたちのもとから去り、再び孤独の旅に出た。
原作では顔が透けて内部メカが見えたのみでキカイダーへのチェンジは行わず、ギターに仕込んだマシンガンを武器にしているが、本作ではチェンジする。
ミヨッペ
サブロウの同級生。幼馴染で家が近所のサブロウを慕っているが、戦っている現状ゆえにあまり相手にされない。
帰宅途中、川原で一人黄昏ていたジローと出会い、相談に乗ってあげようと努め、その際に言った「大事なのは自分の気持ち」という何気ない一言が、ジローが洗脳を解く鍵となった。映画鑑賞が趣味である模様。
揮大坊玲次郎
超能力と剣術を融合させた、ESP剣法を得意とするサブロウの仲間。寺の住職の息子で、竹刀を携帯。
嘗ては新人類の一員であったが、サブロウとの戦いで改心した。原作より若干クールに描かれている。
コング大王
怪力を活かした空手技と超能力を兼ねて戦うサブロウの仲間。本名は原作でも言明されず。
ごつい風貌と裏腹に犬が苦手。揮大坊と同じく、サブロウとの戦いで改心した超能力者の1人。原作よりやや暴力的。なお、揮大坊とコング大王は高校生である。
服部半平
かつて悪の組織ダークに立ち向かうジロー達の協力者で一人彷徨うジローを追っているへっぽこ探偵。
ジロー捜索中に偶然戦っていたサブロウたちを目撃し、後を付回すがサブロウの超能力で散々な目に合う。原作の本エピソードには未登場。最後はサブロウ達の事やジローと再会した記憶をサブロウの超能力で消される。
オリュウ
超能力を得意とするミヨッペの妹。飼い犬の八五郎に跨って行動。川原で黄昏ていたジローと出会っている。
原作では超能力者かどうかは曖昧だったが、本作では明らかに超能力者だと分かる描写がある。
イツツバンバラ
特撮版シリーズに登場した新人類の怪人。序盤で揮大坊、コング大王と戦い追い詰めたが、イナズマンの攻撃を受け逃亡。
ジローのギターに擬態して服従回路に苦しむジローを操った。また、特撮版になかった粘液状に体を変化させる能力を持つ。最後は正気を取り戻したキカイダーの電磁エンドによって倒される。
イチロー/キカイダー01
かつて弟のジローに零(レイ)/キカイダー00と共に破壊された人造人間。ジローの脳裏に亡霊として表れ、ジローに心を捨てて「ただの機械」に戻る事を勧めた。
だがジローは、心を失えば苦しみは消えるが、イチローと零(レイ)、ミエ子/ビジンダーリエ子、マサルとミツ子への気持ちまでもが消えてしまうため、戻れないと言う。
光明寺ミツ子、光明寺マサル
ジローと服部のかつての仲間で、かつてジローとイチローの2人の人造人間を作り上げた光明寺博士の娘とその弟。エンディングのみに登場。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:石ノ森章太郎
  • 監督:紺野直幸
  • 脚本:大西信介
  • 脚本協力:村枝賢一
  • 音楽:見岳章[2]、和田薫
  • スーパーバイザー:早瀬マサト
  • エグゼクティヴ・プロデューサー:小野寺章

原作との違い[編集]

  • 原作では、新人類帝国の超能力者達は登場せず、ジローの目的も服従回路の影響により、兄弟を殺した原因は、自分たちを製造した人類にあると考え、そのために人類を抹殺する事を目的とし、邪魔なサブロウ(イナズマン)を排除する事が戦いの理由となっている。
  • 原作では、サブロウが超能力でジローの服従回路を破壊し、元の不完全な良心回路を持ったジローに戻している。
  • 原作では、ジローに破壊されたキカイダー01は出ない。

脚注[編集]

  1. ^ 原作漫画版ではジローが寂しさを紛らわす為に、光明寺博士の設計図を元に作った話し相手だった。
  2. ^ 『人造人間キカイダー THE ANIMATION』からの流用。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]