渡辺電機(株)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡辺電機(株)(わたなべ でんき、1962年 - )は、日本のギャグ漫画家東京都出身。ペンネームの“株”は(株)や㈱ではなく半角丸括弧の(株)が正しい。英字表記はWatanabedenki Inc.。またかつて、『閃光花火』名義で美少女漫画を描いていた。

主な経歴[編集]

  • 明治大学時代 - SF研究会出身で、後輩にあかほりさとるがいる。なお会社に勤めた経験が一切無いが、サラリーマン漫画は描いている。
  • 1989年 - 「石ノ森章太郎のまんが日本昔話・浦島太郎」(ケイブンシャ刊)に渡辺電機(株)名義で最初の作品「ウラシマさんとゆかいな仲間たち」 を発表。
  • 1990年 - 『月刊コミックコンプ』(角川書店)の新人賞で佳作入選、3月号にてデビュー。1991年1月号より初の連載作品「クソゲー戦記 ドラゴン・サーガ」(~92/6)
  • 1992年 - 音楽誌『GOLD WAX』に「スパークス特集」の文章及び漫画を2回に分けて発表。同誌で翌年春頃まで漫画連載。海外のロックミュージックに造詣が深く、スパークスのほかにケヴィン・エアーズなどを好む。
  • 1998年頃 - CGによる作画を始め、最近ではつけペンの習慣すら忘れ去っている。漫画をよく見ると、ドットでカクカクしているのが分かる。その為ファンにサインを求められても、キャラクターを上手く描く事が出来ないと言う悩みを抱え、自分の描いたキャラの髪型を忘れる等と言った事もよくある。

作品リスト[編集]

子供ウケも良く、児童向け漫画も手がけた事があるが、最近では青年層に向けた仕事を手がけることが多い。

作風[編集]

  • 目が大きく、頭でっかちでポップなそのデザインは、それと一目で分かるデザインであり、非常に特徴的である。
  • 裸や下ネタ、暴力的な描写を乱発するが、それを下品と感じさせない作風がある。
  • 初期には頬が尖っていたり、瞳が顔面の中心に寄っていたり等の特徴があったが、徐々にそれらの特徴は薄れ、2000年頃を境目に真円形の頭になったり、下睫毛を描かなくなったり、◎形の眼を使うようになったり等の進化が見受けられる。

師匠[編集]

その他[編集]

健康
  • 漫画家の宿命故か、腱鞘炎を患っている。
  • 仕事を終えると30分程半身浴で汗を流している。
  • デパス錠を眠れない時に服用している。ビールのミニ缶でキュッとだとの事。
その他
  • Macintoshユーザーである。一時期はX68000を使っていた事もあった。
  • 大の競馬ファンであり、頻繁に漫画の題材にするが、勝率はあまりよくない。
  • 自画像をちょんまげ頭の小太りな全裸男としているが、実際の容姿は違う。一時期は8分音符頭のミツバチだった事もあった。
  • 知り合いをモデルにキャラクターを作る事が多々あり、結果的にスター・システムが発動している。作者自身が漫画のキャラクターとなって登場する作品も多い。
  • 引越しをよくするが、その度に近隣住民とのトラブルが発生している。
  • 日記やコラム等では口語的な言い回しを多用し、「ウギャー」とか「ギャオー」などを意味も無く使う。漫画のキャラの台詞にもその傾向が強く見られる。

外部リンク[編集]