仮面ライダーW RETURNS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーW > 仮面ライダーW RETURNS

仮面ライダーW RETURNS』(かめんライダーダブル リターンズ)は、特撮テレビドラマ『仮面ライダーW』のオリジナルビデオ作品。「仮面ライダーアクセル」と「仮面ライダーエターナル」の全2巻。2巻共にパッケージ表記に東映VCINEMAの表記が用いられており、東映Vシネマの作品として製作されている。

概要[編集]

平成仮面ライダーシリーズ初のオリジナルビデオ。シリーズのオリジナルビデオとしてはこれまでに『真・仮面ライダー 序章』や児童誌の専売作品などがあったが、いずれも単発作品やテレビ本編放映中のリリースであり、テレビ本編放映終了後にこういった作品が発売されるのはシリーズ初となる[1]

テレビ本編や劇場版におけるサブキャラクターを主人公に据えたスピンオフ作品で、敵側のキャラクターを主人公にした作品もシリーズ初である。

全2作ではあるが、『運命のガイアメモリ ディレクターズカット版』のオーディオコメンタリーによると塚田英明プロデューサーや坂本浩一監督に本作の続編として左翔太郎役の桐山漣は「ジョーカー作品をやりたい」と会う度に要望しているとのことで、W最終回でフィリップ消滅~復活までの一年の空白の間、翔太郎が一人で仮面ライダージョーカーとして戦っていた裏設定があるため、監督も「作りたい」と語っており、桐山も2013年4月9日の自身のブログで触れている。このことは『語れ!平成仮面ライダー』(ベストムックシリーズ・32) [ムック]の桐山と塚田プロデューサーの対談も行われている。

『仮面ライダーアクセル』[編集]

2011年4月8日全国レンタル開始、4月21日映像ソフト発売。『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』の後日談。仮面ライダーアクセルを主人公としている。

ストーリー[編集]

亜樹子との新婚生活をスタートさせた照井竜はある夜、謎のドーパント部隊によってスリ常習犯のグループが惨殺される現場に遭遇する。合同捜査のために風都署に派遣されてきた相模刑事、大野刑事らと共に捜査を開始した竜率いる超常犯罪捜査課は、殺害されたスリグループの生き残りである葛木葵と接触する。

警察を振り切って逃走する葵を竜が確保するが、その矢先に例のドーパント部隊に襲われ、さらに葵にアクセルメモリを掠め盗られたため、変身もできないまま応戦することとなる。だがその最中に遭遇したドーパント部隊の親玉、コマンダー・ドーパントの卑劣な罠によって刃野刑事が凶弾に倒れ、竜はその濡れ衣を着せられて葵と共に警察から逃亡する羽目になる。

一方、竜が美女と逃亡したことを知り激怒した亜樹子までも離婚届を携えて竜を追い始める。

警察、亜樹子の双方に追われる竜の運命は…、そしてコマンダードーパントが葵を執拗に狙うその目的とは…

登場人物[編集]

本作オリジナルの人物を記述。

葛木 葵(かつらぎ あおい)
風都に住む、スリの常習犯。警察を「父親を殺した人殺し」と見なし、信用していない。ミュージアムから流出したガイアメモリ強化アダプターを盗んだことから、コマンダー・ドーパントに命を狙われる。
最初は竜の事も拒絶し彼のアクセルメモリを盗むも、彼と行動を共にする内に良心が芽生え、最後には持ち前のスリのテクニックでコマンダー・ドーパントに追い詰められていた竜の窮地を救い、竜に今度こそ悪事から足を洗うと約束して自首した。
大野 幸弘(おおの ゆきひろ)
捜査三課集団スリ特別捜査班の刑事で、スリの常習犯である葵とは顔見知り。叩き上げの刑事として人一倍のプライドを持ち、それ故エリートである竜を快く思っていない。また竜が頻繁にドーパント事件に関わるのが、本当に偶然なのかと疑ってもいた。
尊敬する相模の影響から、犯罪者を「ゴミ」と呼び、更生することなどないと思っている。その事から竜にコマンダー・ドーパントの正体ではないかと疑われていた。相模が逮捕され、彼の本性を知った事で、自分の今までの刑事としての形振りが間違っていた事を悟り、心を入れ替え、最後には葵が変われる様に全力を尽くす事を約束した。
相模 広志(さがみ ひろし) / コマンダー・ドーパント
捜査三課集団スリ特別捜査班の班長である大野の上司。大野と共に連続スリ殺害事件の捜査に協力するため、風都に訪れる。
その正体は、物語の2年と3日前に自分が逮捕した犯罪者に妻を殺されたことからガイアメモリの力で犯罪者に対する私刑を行なってきた、スリ殺害事件の真犯人。似た境遇の竜に共謀を呼び掛けるが、拒否した竜に敗北しメモリブレイクされた末、逮捕された。
犯罪者を嫌いながらも自分の行いも悪だと自覚しており、亜樹子を殺した自分を殺させる事で、竜に再び憎しみを持たせ新たな犯罪者への死刑執行人にする事を目論んでいた。
マサル
葵のスリ仲間。葵が盗んだガイアメモリ強化アダプターを、スリの元締めである先生に売り渡した。
その後、竜に問い詰められて彼らを先生の下へ案内することになる。
先生(せんせい)
葵やマサルの上司に当たる、スリの元締め。
ガイアメモリ 「ユニコーン」の所有者であり、竜に追い詰められた際にガイアメモリ強化アダプターと併用してドーパントに変身しようとしたが、直前に竜に阻止され、メモリを破壊された。
葵の父親
数年前まで葵とともにスリを行なっていたが、葵を庇って自首しようとしたところをコマンダー・ドーパントに殺害された。
ノブ / 新田信輝(にった のぶてる)[2]、ミキ / 細谷美紀恵(ほそたに みきえ)[2]
葵のスリ仲間。本編冒頭、仮面兵士たちに殺害された。

仮面ライダー[編集]

仮面ライダーアクセルブースター[編集]

  • 身長:197cm
  • 体重:80kg
  • パンチ力:5t
  • キック力:10t
  • ジャンプ力:ひと跳び15000m(ブースター使用時)
  • 走力:100mを5秒

ガイアメモリ強化アダプターを装着したアクセルメモリで変身するアクセルの飛行形態。基本カラーは黄。マスクのシールドは黒鉄色のシャッターで覆われ、バイクフォームへ変身するための車輪が失われた代わりに飛行用のブースターが全身に設けられている。

ブースターの爆発的な加速力で自在に飛行可能で、高い機動性を活かした三次元的な空中戦闘を得意とする。 必殺技は低空飛行を行い、黄色いエネルギー刃を纏ったエンジンブレードで横一文字に切り裂く「ブーストスラッシャー[2][3]」。

『ウィザード&フォーゼ』の『MOVIE大戦アルティメイタム』では、アンダーワールドに召喚されたアクセルがアクマイザーの装甲車を追跡する際に再変身し、飛行能力がない仮面ライダーメテオと仮面ライダーなでしこを両腕に捕まらせた。

ドーパント[編集]

コマンダー・ドーパント
  • 身長:230cm(通常)、285cm(強化態)
  • 体重:200kg(通常)、250kg(強化態)
相模広志が「コマンダー」のガイアメモリで変身するドーパント。複数のミサイルを生成して同時発射するほか、左手首の装置・ボムコンソールを使って時限式の爆弾・ボムベルトや自分の意のままに動く分身体・仮面兵士を生み出すことができる。電磁剣・コマンドソウを武器とする。
ガイアメモリ強化アダプターを使用することで、照準器のような形状のリングを中心とした追加装甲を身にまとった強化態となり、自身の各種能力と仮面兵士たちが強化される。
仮面兵士[4](コマンド部隊[5]
コマンダー・ドーパントが生み出した分身体。本体のコマンダー・ドーパントの頭部と似た形状のマスクと防弾スーツを着た兵士のような姿をしている。電撃を発する特殊警棒を武器に集団で行動する。大きなダメージを受けると消滅する。
首から下のスーツは『仮面ライダー電王』のレオソルジャーの再改造。

世界観・用語[編集]

ガイアメモリ強化アダプター
ミュージアムから流出したと言われているアイテム。
ガイアメモリに装着することで内包された「地球の記憶」のプログラムを一時的にバージョンアップし、能力を3倍に増幅させることが可能。装着時にはメモリのイニシャルと「DOWNLOAD COMPLETE」の文字が浮かび上がると同時に、「(装着したメモリ名)・Upgrade」と発声される。
アクセルメモリ以外にコマンダー・ユニコーンメモリに装着された。

音楽[編集]

主題歌
「Leave all Behind」
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - Ryo / 編曲・歌 - Wilma-Sidr
テレビ本編ではアクセルのテーマソングとして扱われていた。
挿入歌
Cyclone Effect
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - AYANO / 編曲 - Labor Day / 歌 - Labor Day

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

他媒体展開[編集]

スペシャルイベント[編集]

アクセルVSエターナル
2011年2月27日、中野サンプラザホールにて開催された『仮面ライダーアクセル』『仮面ライダーエターナル』完成記念スペシャルイベント。『アクセル』の全編上映、『エターナル』のダイジェスト上映、特別ショー「アクセルVSエターナル」、出演俳優によるトークショーが行なわれた[9]

ソフト[編集]

Blu-rayとDVDでリリース。

  • 仮面ライダーW RETURNS「仮面ライダーアクセル」(1枚組、2011年4月21日発売)
    • 映像特典
      • 仮面ライダーアクセル・メイキング
      • 仮面ライダーエターナル・メイキング・ダイジェスト
      • トレーラー集
    • 音声特典
      • オーディオコメンタリー(監督・アクション監督:坂本浩一×プロデューサー:塚田英明)
    • 初回限定特典
      • 復刻版ガンバライドカード(2枚)
      • 早瀬マサト描き下ろしスペシャルカード(1枚)

劇場版[編集]

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム
仮面ライダーウィザード』と『仮面ライダーフォーゼ』の映画作品。仮面ライダーアクセルブースターが登場。

『仮面ライダーエターナル』[編集]

2011年7月8日全国レンタル開始、7月21日映像ソフト発売。『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』の前日譚が物語の中心となっており、同作に登場した仮面ライダーエターナルを主人公としている。また、TVシリーズ第48話ともリンクしている。本作の現代パートは『オーズ&ダブル』の後日談とされている[10]

ストーリー[編集]

試作型ガイアメモリによる風都市民の暴走を食い止めていたWは、超能力を操る女性ミーナに突如襲われる。何とか彼女をなだめたWこと翔太郎とフィリップたちは、彼女からかつて風都タワーで死闘を繰り広げた宿敵・大道克己 / 仮面ライダーエターナルの意外な過去を知ることとなる。

遡ること数年前。羽原レイカを最後のメンバーに加えた、大道克己率いる傭兵部隊「NEVER」は、東南アジアの某国においてテロリスト掃討任務の最中、超能力兵士「クオークス」のミーナと遭遇し交戦。だが克己は、ミーナが深い苦しみを抱いて戦っていることに気付き、止めを刺さずに「お前を戦わせている奴は誰だ?」と問う。しかしそこに同じくクオークスであるロイドとシオンが現れ、ミーナを巡って交戦に。さらに仮面ライダーエターナル レッドフレアも現れ、敗北を喫した克己とレイカはクオークスの研究施設「ビレッジ」に連行されてしまう。

「ビレッジ」において過酷な生活を強いられているクオークス候補者たちを目の当たりにした克己は、クオークスの開発者であるドクター・プロスペクトを倒すことを決心するが……。

登場人物[編集]

本作オリジナルの人物を記述。

ミーナ
超能力兵士「クオークス」の女性。ただ一人パイロキネシスサイコキネシスサイコメトリーの三種の超能力を使いこなせるため、プロスペクトに寵愛されている。
戦闘任務に携わることもあるが、戦いは本意ではなく、それを克己からも見抜かれていた。
アイズ・ドーパントの能力で死亡した際、レイカはNEVERの一員として蘇生させることを克己に進言するが、克己は決意を鈍らせないために、蘇生を却下した。
だが、彼らが去った後、ミーナは息を吹き返した。当初は記憶を失っていたが、記憶を取り戻した後は克己の故郷の風都を訪れ、翔太郎達に克己の過去を伝える。
当初は克己を倒したWへ復讐心を持っているかのような素振りを見せ、彼らに超能力を振るったこともあったが、本当は克己の非を理解しており、彼がただの悪人では無かった事を理解して欲しかっただけであった。
ドクター・プロスペクト / アイズ・ドーパント
クオークスを研究・開発した科学者。世界中から誘拐してきたクオークス候補者たちを「ビレッジ」という施設で管理している。
口調は穏やかだが残忍かつ傲慢な性格で、自らを「究極の監視者」と称し、一方で克己達NEVERを「ゾンビ共」と見下している。目薬を常用し、差す度に強いリアクションを見せる。
終盤、自分に反旗を翻しビレッジを脱出しようとしたミーナやクオークス候補者達をアイズ・ドーパントの力で皆殺しにするが、このことで克己の人格を変貌させてしまい、エターナルに変身した彼を始めとするNEVERの総攻撃を受けた末に、エターナルレクイエムを受けて敗北。自分自身が見下していたはずの死体に成り果てるという皮肉を克己から告げられつつ、死亡した。
ロイド
プロスペクトの側近であるクオークス。普段は冷静さを装っているが、戦闘時には激情を露わにパイロキネシスを使いこなす。右耳のドリームキャッチャー型のイヤリングを指で弾く癖を持つ。
ビレッジにおけるNEVERとの戦いで剛三の棒術の前に敗れる。
シオン
プロスペクトの側近であるクオークス。クオークスこそ進化した新たな人類であると絶対の自信を持つ、サイコキネシスやパイロキネシスの使い手。
ビレッジにおけるNEVERとの戦いで京水に倒された。
リキ、チョウさん、ノンコ
プロスペクトによって攫われてきたクオークス候補者達。
当初は「克己を倒した者を側近にする」というプロスペクトの言葉に従って克己を襲うが、後に彼の言葉やミーナの説得で他の候補者達と共にプロスペクトへの反旗とビレッジからの脱出を決意。NEVERメンバーと共にクオークスを倒してビレッジから脱出したが、その直後にアイズ・ドーパントの能力によって全員命を奪われてしまう。

仮面ライダー[編集]

仮面ライダーエターナル レッドフレア[編集]

T1エターナルメモリで財団Xの加頭順が試用変身した姿で、エターナルの本来の基本変身形態。

克己が変身するブルーフレアとは、腕とアンクレットの炎の刻印が赤く、コンバットベルトとエターナルローブが現出していないなどの差異がある。作中での攻撃は加頭が持つ超能力兵士・クオークスとしてのサイコキネシスのみを使用していたため、具体的な能力の違いは不明。

克己をサイコキネシスで攻撃し追い詰めるが、エターナルメモリの力に惹かれた克己が接近し、ロストドライバーに触れた際、電撃が走り加頭の意思と無関係に変身解除してしまった。加頭はこの現象を「試作品のための不調」と判断していたが、実際はT1のエターナルメモリで変身していたため、安定性が低く[11]、ガイアメモリの特性である高い適合率を持つ克己に惹かれたため、加頭を拒絶していた[12]。克己がメモリを使用し変身するとこの形態を一瞬経てブルーフレアに変化した。

ドーパント[編集]

本作の時点ではT2ガイアメモリが存在しないため、NEVERメンバーが変身するT2ドーパントは未登場。
アイズ・ドーパント
  • 身長:220cm
  • 体重:147kg
ドクター・プロスペクトが「アイズ」のガイアメモリで変身するドーパント。大きな両手と名前に反した眼のない頭部が特徴。
瞳力に優れ、相手の筋肉・骨格・表情から次の行動を予測して行動することが可能。俊敏な動きで相手を翻弄する。両腕に付いた巨大な目玉は切り離して独自に浮遊させることができ、破壊光弾を発する。
また「瞳」なる端末を対象の頭部に埋め込むことができ、クオークス候補者たちをその能力で監視している。この端末を埋め込まれた相手が彼の許可なくビレッジの外に出た際には自動的に相手の命を奪うようプログラムされているが、この機能に関しては完璧ではなくミーナは副作用(部分的な記憶喪失)を残しつつも奇跡的に蘇生した。
同時生成できる「瞳」の数は相当なものであり、監視以外にも戦闘時には小型爆弾のような攻撃手段としても使用可能。
ユートピア・ドーパント
加頭順が変身。
この頃はまだネクロオーバーとしての身体能力強化以前で、戦闘時に使う能力もテレビシリーズ登場時より少ない。
スイーツ・ドーパント
テレビシリーズ第9・10話にも登場したドーパント。本作では“スイーツの男”という人物が流出した試作型メモリで変身した別個体が登場し、冒頭でW サイクロンジョーカーと戦う最中に変身中は無防備になるフィリップの体を盾にしたが、最後はジョーカーエクストリームでメモリブレイクされた。

世界観・用語[編集]

クオークス
ドクター・プロスペクトが研究する、超常能力を増幅する細胞処置を受けた超能力兵士。「ビレッジ」と呼ばれる場所を拠点としている。パイロキネシスサイコキネシスサイコメトリーといった様々な超能力を使いこなす。財団Xの投資対象でもある。
プロスペクトが死亡した後、クオークスの研究がどうなったかは劇中では明言されていないものの、ミーナが現代で自由の身になっていた事から考えて、研究は凍結したか中止された事が推測できる。
後の『ウィザード&フォーゼ』ディレクターズカット版の追加シーンにてJKのセリフの中に「ビレッジ」の名前が登場。かつて番場影人が所属していたことが示唆されている。
財団X
闇の組織にして死の商人
「ミュージアム」・「NEVER」と同様に「クオークス」も投資対象であることが明かされた。

主題歌[編集]

cod-E 〜Eの暗号〜
作詞・作曲 - 松岡充 / 歌 - SOPHIA

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

他媒体展開[編集]

スペシャルイベント[編集]

アクセルVSエターナル
2011年2月27日、中野サンプラザホールにて開催。#スペシャルイベント(アクセル)を参照。
NEVERフォーエバー
2011年6月27日、中野サンプラザホールにて開催された『仮面ライダーエターナル』完成記念スペシャルイベント。『エターナル』上映会と出演俳優によるトークショーが行なわれた[13]

ソフト[編集]

Blu-rayとDVDでリリース。

  • 仮面ライダーW RETURNS「仮面ライダーエターナル」(1枚組、2011年7月21日発売)
    • 映像特典
      • 仮面ライダーエターナル・メイキング
      • トレーラー集
      • 坂本浩一監督によるアクション画コンテ集
    • 音声特典
      • オーディオコメンタリー(監督・アクション監督:坂本浩一×プロデューサー:塚田英明)
    • 初回限定特典
      • 復刻版ガンバライドカード(2枚)
      • 早瀬マサト描き下ろしスペシャルカード(2枚)

劇場版[編集]

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム
2012年12月8日公開の『仮面ライダーウィザード』と『仮面ライダーフォーゼ』の映画作品。ディレクターズカット版の追加シーンのJKの台詞で、超能力研究施設「ビレッジ」の名称が登場。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ちなみに『仮面ライダー電王』放送終了後に製作された2008年の『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』は当初Vシネマ作品の予定だった。
  2. ^ a b c 超全集 2011, p. 138.
  3. ^ S.H.Figuarts「仮面ライダーアクセルブースター」の箱裏には「ブースタースラッシャー」と表記されているなど、媒体による相違が見られる。
  4. ^ 超全集 2011, p. 139.
  5. ^ 超辞典 2011, p. 325.
  6. ^ a b c d 『NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』2011年4月号、角川書店。
  7. ^ a b Twitter / @勇吹輝: 先日つぶやいたナレーションの件ですが、公式サイトがあ ...”. 2011年4月17日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g エンドクレジットより。
  9. ^ 仮面ライダーW(ダブル) RETURNS Official Site » ブログ”. 2011年7月22日閲覧。
  10. ^ 『エターナル』オーディオコメンタリーと本作中での亜樹子の名字が「照井」となっていることから。
  11. ^ 「宇宙船vol.136特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2012」、p11
  12. ^ 英雄伝II 2014, p. 58.
  13. ^ 仮面ライダーW(ダブル) RETURNS Official Site » ブログ”. 2011年7月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『仮面ライダーW超全集』 小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2011年7月ISBN 978-4-09-105133-2
  • 『平成仮面ライダー英雄伝II』 編集:株式会社レッカ社 斉藤秀夫、カンゼン2014年12月22日ISBN 978-4-86255-290-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]