仮面ライダー対ショッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダー > 仮面ライダー対ショッカー
仮面ライダー対ショッカー
Masked Rider Vs. Shockers
監督 山田稔
脚本 伊上勝
原作 石森章太郎
出演者 佐々木剛
藤岡弘
小林昭二
千葉治郎
天本英世
辻村真人
音楽 菊池俊輔
主題歌 「レッツゴー!ライダーキック」(藤浩一
編集 管野順吉
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1972年3月18日
上映時間 32分
製作国 日本の旗 日本
前作 ゴーゴー仮面ライダー
次作 仮面ライダー対じごく大使
テンプレートを表示

仮面ライダー対ショッカー』(かめんライダーたいショッカー)は、1972年昭和47年)3月18日に「東映まんがまつり」の一編として公開された東映の中編映画。上映時間は32分で、シネスコ[注釈 1]、カラー作品。

映像中では「仮面ライダー対ショッカー」はサブタイトルとして表示されるが、公開当時から『仮面ライダー対ショッカー』が正式なタイトルとして扱われている[2]

概要[編集]

テレビ番組『仮面ライダー』の爆発的ヒットと、それに伴う「変身ブーム」を受け、テレビ版と同じスタッフ・キャストで制作された中編映画作品。公開時のキャッチコピーは「スゴいぞ!ジャンボだ!ボクらの仮面ライダーが映画になった」。

テレビシリーズの物語と設定を引き継いだ番外編として制作されているが、多数の怪人の登場や大規模なバイクアクションなど、通常の番組よりも規模を拡大している[2]。テレビ版第46話「対決!!雪山怪人ベアーコンガー」(1972年2月12日放送)とほぼ同時進行で制作されたため、劇中セット(ショッカー基地[注釈 2]と大道寺博士の邸宅セット)が第46話では本作に先んじて使用されており、ベアーコンガーは本作には登場しない[3]。撮影は1972年2月下旬に行われ、制作日数はわずか3日ほどだったという[4]

東映は本作に先んじ、1971年7月18日の「東映まんがまつり」のプログラムの1つとして、テレビ版第13話「トカゲロンと怪人軍団」を『ゴーゴー仮面ライダー』と題して上映している。プロデューサー・平山亨によれば、上映開始と同時に観客の子供たちは主題歌「レッツゴー!!ライダーキック」の大合唱となり、渡邊亮徳はそれを見て『仮面ライダー』の大ヒットを確信したとのことで[5]、翌年の春休みプログラムに完全新作として本作が組み込まれることとなった。いざ本作が上映されるや、シネスコ画面一杯に次々と登場して名乗りを上げる怪人たちに子供たちは息を呑んで見入っていたと、平山は述懐している[6]

本作は、テレビシリーズの主役が一文字隼人(仮面ライダー2号)から本郷猛(仮面ライダー1号)に再交代する時期に制作されており、過去に倒された怪人の再登場、「新1号編」から登場する骨模様の衣装に変わった新しい「骨戦闘員」、「1号の新変身ポーズの披露[注釈 3]」など、「2号編」から「新1号編」への橋渡し的なイベント要素が盛り込まれている[注釈 4]。仮面ライダー1号=本郷猛に関しては、大道寺博士に完璧に擬態してみせた高度な変装術、ザンジオーに奪われそうになった珠美の人形を手元に引き寄せたテレキネシス能力など、テレビシリーズでは描写されていない特異な能力が披露されている。

映画オリジナルの新怪人としてザンジオーが登場するが、テレビ版第51話の放送日が公開日と重なったユニコルノスと、公開1週間後の3月25日放送の第52話に登場したギルガラスも、テレビ本編に先んじて本作がデビューとなっている[2]

評価・影響[編集]

それまでの東映まんがまつりでは東映動画制作の長編アニメーションを中心としており、本作が公開された1972年春の興業も長編アニメ『ながぐつ三銃士』がメインであったが、丸の内東映でのアンケート調査では本作が他の同時上映作品と大差を付けて1位となった[7]。これを受け、同年夏の興業では『仮面ライダー対じごく大使』がメイン作品となり、以後の興業でも仮面ライダーシリーズが主要作品の1つとなった[7][8]。これに対し、東映動画側はアンチ仮面ライダー作品として『マジンガーZ』シリーズに注力していった[7]。本作以降、東映まんがまつり枠でテレビシリーズの番外編的な中編映画を公開し、その作中でテレビシリーズの新展開を先行披露するパターンが定着していく[8]

あらすじ[編集]

地球物理学研究所の大道寺博士が人工重力装置GXを発明した。ショッカーは大道寺から設計図を奪い、地球の地軸を狂わせて大洪水後の新世界に君臨しようと計画するが、設計図はまだ不完全なものであり、肝心の方程式が含まれていなかった。大道寺は悪用を防ぐため、万が一のことを考えて娘の珠美に預けていた。ショッカーの暗号通信を解読した滝和也と一文字隼人が駆け付けるが、珠美はザンジオーに誘拐されてしまう。

登場怪人[編集]

ザンジオー
  • 身長:195センチメートル[9]
  • 体重:84キログラム[9]
  • 出身地:日本アルプス[10]
本作の新怪人。日本アルプスに棲む人喰いサンショウウオを改造した再生怪人軍団のリーダー的存在で、怪人図鑑や仮面ライダーカードなどでは「エリート怪人」の異名を謳われた。大量の泡を発生させて身を包み、この泡で神出鬼没の移動能力を発揮する[注釈 5]。口からは1万度の火炎を吐く。
仮面ライダー1号と戦うドクガンダーに加勢して2号とも戦い、珠美の誘拐に成功する。
その後、大道寺邸に潜入して設計図の隠されたぬいぐるみを奪おうとするが、1号と2号に妨害される。ぬいぐるみを奪い取り、火炎攻撃で1号と2号を苦しめるが、ライダーダブルキックで倒される。
当時の子供たちの人気も高く、『テレビマガジン』が1972年9月号で発表した「ショッカー怪人・人気コンテスト」の投票では、「一番好きな怪人部門」で2位、「一番強い怪人部門」で3位に入賞している[注釈 6]
本作品では単体での特写スチールはあまり撮影されず、その後の書籍やカードなどでは『仮面ライダー対じごく大使』でのスチールを多用している[12]
仮面ライダー
テレビシリーズ第66話に登場。地獄大使が執り行う悪魔祭りにより、ショッカー墓場から蘇る。悪魔祭りを妨害した1号を他の怪人とともに襲うが、ライダー返しで投げられてハリネズラスと激突し、爆死する。
映画『仮面ライダー対じごく大使
地獄大使に率いられた再生怪人の1体として登場。声は関富也[C 1][13]
初代同様、火炎を吐く。10体の再生怪人軍団を率い、富士山五合目で本郷と滝を迎え撃つ。
脚本ではフクロウ男がリーダー格を務める予定であった[12]
映画『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』
大ショッカーの怪人として登場。
映画『仮面ライダー×仮面ライダー ディケイド&W MOVIE大戦2010』
スーパーショッカーの怪人として登場。仮面ライダー龍騎と対決。
映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』
ガニコウモルと共にショッカー警察として登場。
映画『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』
スペースショッカーの怪人として登場。ジャガーマンと共にゴーカイシルバーに襲い掛かる。
映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦』
バダンの再生怪人として登場。仮面ライダーZXと戦った。
映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』
ショッカーの怪人として登場。
仮面ライダーゴースト
テレビシリーズ第24話に登場。某国でショッカー残党と戦う1号の前に立ちふさがる。
ゲーム『ロストヒーローズ』
ショッカーの怪人として登場。
ゲーム『仮面ライダー 正義の系譜』
邪眼の再生怪人として登場。1974年、仮面ライダーV3と対決する。
ザンジオー強化態
死神博士によって再改造され、強化態として登場。
再生怪人軍団
GX方程式の秘密を狙い、ハエ男・サボテグロン・モグラング・ドクガンダー(成虫)・アリガバリが活動する。
地獄谷で珠美と方程式を交換する死神博士を援護すべく出現。ムカデラス、カメストーン、アルマジロング、ナメクジラ、ザンブロンゾ、エジプタス、ゴースター、ユニコルノス、カニバブラー、狼男、トドギラー、ドクダリアン、地獄サンダー、蜘蛛男、ガマギラー、ドクガンダー(幼虫)、ヤモゲラス、エイキング、スノーマン、さそり男、イソギンチャック、蝙蝠男、トリカブト、ゲバコンドル、カメレオン、アリキメデス、ムササビドール、サラセニアン[注釈 7]の28体が崖の上に登場するが、大道寺に変装した本郷が死神博士を拘束した際、命と引き換えにした死神博士の命令で全員戦うことなく撤退する。その後、プラノドン・ギルガラス・エジプタス・地獄サンダーとサラセニアン・キノコモルグ・ドクダリアン・トリカブトがそれぞれ1号と2号と戦う。
かまきり男、トカゲロン、ピラザウルスは予告編のみの登場[2][12]
28体の登場シーンでは多くの怪人が名乗りを上げるだけに終わっており、名乗る際に微動だにしない者すらいる。エイキングとサラセニアンは初代と異なり、ショッカーベルトを腰に巻いている。エジプタスは日本語を話せない設定だが、本作では何事も無かったように名乗りを上げている。

スタッフ[編集]

※ 映画クレジット順

挿入歌[編集]

「レッツゴー!!ライダーキック[C 2]
作詞:石森章太郎 / 作曲:菊池俊輔 / 歌:藤浩一、メール・ハーモニー
オープニングはテレビ版と同じ1番、エンディングは2番を使用。
「ライダーアクション」
作詞:石森章太郎 / 作曲:菊池俊輔 / 歌:子門真人[C 3]

キャスト[編集]

※ 映画クレジット順

映像ソフト化 [編集]

いずれも東映ビデオより発売。

  • VHS(セル、レンタル)共通。LD(セルのみ)。
  • DVD:「仮面ライダー THE MOVIE BOX 1972-1988」(2003年12月5日発売)、単巻.VOL.1(2006年3月21日発売)
  • BD:「仮面ライダー THE MOVIE Blu-ray BOX 1972-1988」(2011年5月21日発売)に収録。

併映作品[編集]

ながぐつ三銃士』・『ムーミン』・『さるとびエッちゃん』・『スペクトルマン

他の仮面ライダーシリーズとの関連[編集]

タイトルのオマージュ[編集]

エピソード[編集]

  • 監督の山田稔はせっかちな性格で、再生怪人軍団が集結するシーンでも速めのパンを指示していた[15]。しかし、このシーンは子供たちに評判が良かったため、東映プロデューサーの平山亨によれば山田はそれならばゆっくり映せば良かったと反省していたという[15]
  • 『仮面ライダー』の人気上昇に伴い、東映生田スタジオの東京映像企画ではキャラクターショーも請け負うようになった[16]。しかし、ショーの収益は東映本社のものであったために生田スタジオの収益は増えず、直接収入を得る手段として本作公開時に東映直営館で仮面ライダーのサイン会を催した[16]。番組スポンサーの玩具メーカーであるポピーの協力を得て玩具の福袋を用意するなどして好評を博したが、番組制作局である毎日放送から純粋な番組宣伝以外でのサイン会は差し控えてほしいという要望書が東映に送られて以降、ショーなどの業務は東映芸能部が担当するかたちに一本化された[16]
  •  エンディングは公道を1号と2号がサイクロン号で並走する姿を正面から捉えている映像だが、中盤より歩道を歩いている一般の少年が撮影に気づき、走ってライダーを追いかけてくる姿が映されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この「シネスコサイズ」は、実際には35mmスタンダードフィルムの上下を省いてサイズを合わせた、簡便な「疑似シネスコ」である[1]
  2. ^ 本作用に、2階建て仕様のものが新たに制作された。
  3. ^ 本郷の変身時の掛け声は、テレビ本編での「ライダー、変身」ではなく「変身」だった。変身ベルトの風車の映像も、本編のものとは異なる。撮影時は無言でポーズを取っており、掛け声はアフレコ時に入れられた。
  4. ^ 書籍『仮面ライダー大全集』では、本作品でのGX計画の失敗がテレビシリーズでの死神博士の失脚に繋がったものと推測している[2]
  5. ^ 書籍『仮面ライダー怪人大全集』では、地中を移動していると解説している[11]
  6. ^ 総合1位は、公開直後だった映画『仮面ライダー対じごく大使』の新怪人カミキリキッドだった。
  7. ^ 名乗り順。名称は名乗りの際の台詞のもの。

クレジットに関する注釈[編集]

  1. ^ クレジット表記は峰恵憲。
  2. ^ エンディングクレジットでは「仮面ライダー」と誤表記。
  3. ^ エンディングクレジットでは「子門直人」と誤表記。
  4. ^ a b テレビ版同様、オープニングで「1号」「2号」の別なく「仮面ライダー」と表記。
  5. ^ クレジット表記は「鈴木敏秋」
  6. ^ クレジット表記は「山下敬介」
  7. ^ オープニングにクレジットされているが未出演。

出典[編集]

  1. ^ OFM7 2004, p. 28, 杉田篤彦「匠たちの肖像 『仮面ライダー』を支えたスタッフたち 第10回 内田有作」.
  2. ^ a b c d e 大全集 1986, pp. 224-225, 「仮面ライダー劇場用作品製作メモ」
  3. ^ 『仮面ライダー大図鑑 (5)』(バンダイ・1992年)90頁によると「この映画にほぼ並行して別班撮影されたと思われる制作第51話の怪人なので、それに出演中と推測される」とある。
  4. ^ 『よみがえるヒーロー!仮面ライダー大研究』(二見書房・2000年) p.143
  5. ^ 大下英治 「第一章 メガヒット紆余曲折」『日本(ジャパニーズ)ヒーローは世界を制す』 角川書店、1995年、23 - 24頁。ISBN 978-4048834162
  6. ^ 平山亨著『仮面ライダー名人列伝』(風塵社)より[要ページ番号]
  7. ^ a b c 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 402-403, 「COLUMN 映画の世界に進出したライダー オリジナル劇場用作品初期4作」
  8. ^ a b 「銀幕のマジンガーたち」『魔神全書 MAZINGER BIBLE』 監修 ダイナミックプロ、双葉社、2002年1月25日、pp.318-322。ISBN 4-575-29324-5
  9. ^ a b 画報 2001, p. 41.
  10. ^ 語れ 2013, pp. 102-103.
  11. ^ a b 怪人大全集 1986, p. 134, 「仮面ライダー劇場用怪人大全」
  12. ^ a b c OFM10 2004, pp. 23-29, 「特集 よみがえる怪人たち ショッカーからバダンまで 再生怪人軍団の系譜」
  13. ^ 宇宙船別冊・仮面ライダー怪人大画報 2016』 ホビージャパン2016年3月28日、133頁。ISBN 4-7986-1202-7
  14. ^ 「2000TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2001』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2001年4月30日、67頁。雑誌コード:01844-04。
  15. ^ a b OFM2 2004, p. 30, 和智正喜「仮面ライダー監督紳士録 第7回 山田稔」
  16. ^ a b c OFM1 2004, pp. 27-29, 「特集:生田スタジオ “夢”が紡がれた『仮面ライダー』の故郷」

参考文献[編集]