Journey through the Decade

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Journey through the Decade
Gacktシングル
初出アルバム『BEST OF THE BEST vol.1 -MILD-
B面 J.t.D. Re-Mix RIDE "Distort"
J.t.D. Re-Mix RIDE "Symphony"
リリース
規格 マキシシングル
録音 2008年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
特撮ソング
時間
レーベル avex mode
作詞・作曲 Shoko Fujibayashi
Ryo
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 2009年4月度月間4位(オリコン)
  • 2009年度年間63位(オリコン)
Gackt シングル 年表
GHOST
2009年
Journey through the Decade
(2009年)
小悪魔ヘヴン
(2009年)
BEST OF THE BEST vol.1 -MILD- 収録曲
絵夢 〜FOR MY DEAR〜
(Re-Recording)
(4)
JOURNEY THROUGH THE DECADE
(5)
白露 -HAKURO-
(6)
テンプレートを表示

Journey through the Decade」(ジャーニー スルー ザ ディケイド)は、2009年3月25日Gacktが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。通算30枚目のシングルである。avex modeから発売された。

解説[編集]

前作「GHOST」から僅か2ヵ月後のリリースとなる。これまでは日本クラウンおよび自身のレーベルであるDEARSからの作品発表であったが、『仮面ライダー龍騎』以降の仮面ライダーシリーズ主題歌をavex modeが担当しているため、自身初となるエイベックスからの作品発表となる[1]。また作詞は藤林聖子が、作曲はRyoがそれぞれ務めており、自身で作詞作曲をしないオリジナル曲としては初めての楽曲となった。

CD+DVDとCDのみの2形態で同時発売されており、DVDには「Journey through the Decade」のPVが収録されている。またいずれも初回プレス盤のみ、アリーナライブツアー『GACKT VISUALIVE ARENA TOUR 2009 Requiem et Reminiscence II Final 〜鎮魂と再生〜』のチケット先行抽選予約フライヤーが付属している。

なお、同作品をもってavex modeで手掛ける最後の平成ライダー関連シングルとなり、エイベックス内部でのレーベル再編等の事情により同作品の劇場版の主題歌となるシングル「The Next Decade」よりavex entertainmentで制作・リリースされることとなる。

収録曲[編集]

(全作詞:Shoko Fujibayashi、作曲:Ryo、編曲:Kotaro Nakagawa・Ryo)

  1. Journey through the Decade (4:35)
    特撮ドラマ仮面ライダーディケイド』の主題歌
    PVには同作品で門矢士 / 仮面ライダーディケイド 役として主演を務める井上正大とGackt本人、「龍騎の世界」と「ブレイドの世界」という2つの世界で敵となったパラドキサアンデッドが出演し、本編には登場しないGackt自身のライダーカードも演出として登場している。
    オリジナルアルバムには収録されず、ベストアルバム『BEST OF THE BEST vol.1 -MILD-』に収録された。
  2. J.t.D. Re-Mix RIDE "Distort" (4:16)
    この曲は、どのアルバムにも収録されておらず、このシングルのみに収録されている。
  3. J.t.D. Re-Mix RIDE "Symphony" (5:52)
    前曲と同様に、どのアルバムにも収録されておらず、このシングルのみに収録されている。
  4. Journey through the Decade (Instrumental)

脚注[編集]

  1. ^ エイベックス所属でないアーティストが平成仮面ライダーシリーズの主題歌を担当するのは、出演者が歌った『仮面ライダー電王』の第2期主題歌「Climax Jump DEN-LINER form」を除くと、『仮面ライダー響鬼』の第2期主題歌「始まりの君へ」を歌った布施明以来となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

収録アルバム[編集]