MARS (GACKTのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
MARS
Gacktスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル 日本クラウン
プロデュース Gackt
チャート最高順位
Gackt 年表
Remix Of Gackt
(1999年)
MARS
(2000年)
Rebirth
(2001年)
『MARS』収録のシングル
  1. Vanilla
    リリース: 1999年8月11日
  2. Mirror
    リリース: 2000年2月9日
  3. OASIS
    リリース: 2000年2月16日
テンプレートを表示

MARS』(マーズ)は、2000年4月26日に発表されたGacktのソロ2枚目のアルバムで、初のフル・アルバムである。

概要[編集]

ソロアーティストとなったGacktが、前年に所属事務所との対立から体調を崩し入院、その後復帰して本作を発表した。

2ndシングル「Vanilla」をはじめ、活動再開にあたって、2週連続でリリースされた3rdシングル「Mirror」、4thシングル「OASIS」の3曲(それぞれのシングルのカップリング曲は、本作には収録されていない)と、他9曲を収録(1曲目の「Ares」と7曲目の「freesia 〜op.2〜」は共に、インストゥルメンタル)。

当初、初回限定盤とは別に廉価の通常盤の発売予定があったが中止となり、初回限定盤廃盤の後に、2005年9月23日に再発売されている。また、2006年10月25日には『Gackt PREMIUM COLLECTION』の第1弾としてSACDで発売された。

「U+K」、「freesia」は作曲において、MALICE MIZER時代から交流のある島田陽平との共作の形を採っている。「U+K」、「絵夢 〜for my dear〜」は、MALICE MIZERの中で親交の深かったKamiの死を悼んで制作された曲と言われている。また、「Asrun Dream」、「dears」、「OASIS」は2009年にパチンコの景品として流通したサウンドトラック『「SLO-PACHINKO GLADIATOR EVOLUTION」 Original Soundtrack』で再録された。

収録曲[編集]

  1. Ares (1:34)
    インスト曲アウトロが次曲へつながっている。
  2. Asrun Dream (4:27)
    • 作詞・作曲:Gackt.C、編曲:Gackt.C、chachamaru
  3. 絵夢 〜for my dear〜 (6:04)
    • 作詞・作曲:Gackt.C、編曲:Gackt.C、chachamaru
    後に、ベストアルバム『BEST OF THE BEST vol.1 -MILD-』で再録バージョンとして収録された。
  4. U+K (4:20)
    • 作詞:Gackt.C、作曲:Gackt.C、SHIMADA YOHEI、編曲:Gackt.C、chachamaru
    ライブの定番曲。演奏されなかったライブツアー『Gackt Live Tour 2002 下弦の月』と、『Gackt Live Tour 2003 上弦の月』を除いた全てのライブツアーで演奏されている。
    なお、2004年に行われたライブツアー『Gackt Live Tour 2004 THE SIXTH DAY & THE SEVENTH NIGHT』では、サビの部分を、Gacktのアカペラと観客の合唱から始まるアレンジになっており、これ以降のライブツアーは全てこの形で演奏されている。
  5. Vanilla (MARS Ver.) (5:25)
    • 作詞・作曲・編曲:Gackt.C
    2ndシングルの表題曲。本作にはアルバムバージョンとして収録されている。
  6. freesia 〜op.1〜 (2:38)
    • 作詞:Gackt.C、作曲:Gackt.C、SHIMADA YOHEI、編曲:Gackt.C、chachamaru
  7. freesia 〜op.2〜 (1:56)
    • 作詞:Gackt.C、作曲:Gackt.C、SHIMADA YOHEI、編曲:Gackt.C、chachamaru
    インスト曲
  8. Illness Illusion (3:11)
    • 作詞・作曲:Gackt.C、編曲:Gackt.C、chachamaru
  9. Mirror (MARS Ver.) (5:25)
    • 作詞・作曲:Gackt.C、編曲:Gackt.C、chachamaru
    3rdシングルの表題曲。本作にはアルバムバージョンとして収録されている。
  10. dears (4:18)
    • 作詞・作曲:Gackt.C、編曲:Gackt.C、chachamaru
    GUNDAM THE RIDE ‐A BAOA QU‐主題歌。アウトロが次曲へつながっている。後に、8thシングル「再会 〜Story〜」ではライブバージョン、5thアルバム『Love Letter』ではアコースティックバージョンとして収録された。また、ライブツアー『GACKT LIVE TOUR 2013 BEST OF THE BEST vol.1 M/W』の7月4日横浜アリーナ公演にて11年ぶりに演奏した。
  11. OASIS (MARS Ver.) (4:38)
    • 作詞・作曲:Gackt.C、編曲:Gackt.C、chachamaru
    4thシングルの表題曲。本作にはアルバムバージョンとして収録されていて、イントロが短くカットされている。
  12. この誰もいない部屋で (7:12)
    • 作詞・作曲:Gackt.C、編曲:Gackt.C, chachamaru
    収録時間は7分12秒とGacktの作品では最も長い。後に、ベストアルバム『THE SEVENTH NIGHT 〜UNPLUGGED〜』にて、アコースティックバージョンで収録された。

参加ミュージシャン[編集]