半保護されたページ

山谷花純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

やまや かすみ
山谷 花純
山谷 花純
生年月日 (1996-12-26) 1996年12月26日(23歳)
出身地 日本の旗 日本宮城県仙台市
身長 162 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2008年 -
事務所 エイベックス・マネジメント
テンプレートを表示

山谷 花純(やまや かすみ、1996年12月26日[1] - )は、日本女優

宮城県仙台市出身[2][1]エイベックス・マネジメント所属。

略歴

2007年、エイベックス主催「俳優・タレント・モデルオーディション」に合格し[2]、翌年2008年、12歳の時に[3]ドラマ『CHANGE』で女優デビュー[4][1]。その後も子役として活動を続ける[3]

2009年から2010年まで、『ニコ☆プチ』専属モデルを務める。

2015年、スーパー戦隊シリーズ第39作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に百地霞 / モモニンジャー役で出演し[5]、注目を集める[3][6]

2018年、受からなければ役者を辞めると決めて挑んだ劇場版『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』のオーディションに合格[7]。結婚を控えた末期がんの患者・富澤未知役だったため[7]、フジテレビの楽屋でバリカンを使って本当に丸刈りにしたことを自身のInstagramで明かし[8]、演技とともに話題になった[7]

2019年、主演作『フェイクプラスティックプラネット』での演技により、マドリード国際映画祭2019で、最優秀外国語映画主演女優賞を受賞した[9]

人物・エピソード

演技にあたっては、自身が経験していない職業などは映画やドラマなどを参考にし、ちゃんとしたイメージを把握した上で挑むようにしている[1]

『ニンニンジャー』出演時は、高校卒業に差し掛かり仕事をセーブしようと計画していた矢先に合格したため、撮影当初はあまり身が入らずにいたが、同時期に出演した『世にも奇妙な物語』で監督の山崎貴から「何もしないでやる1年と、何か自分で開拓しながら過ごす1年では、最終的に1年後の自分に見える世界がまったく違ってくる」と言われ意識を変えていったという[1]

『ニンニンジャー』でカメラマンを務めた松村文雄からは他のメンバーと同様に厳しく怒られたが、山谷自身も物事をはっきり言うタイプであるため松村に対して言い返すこともあった[1]。山谷はその後のインタビューで松村にはすごく可愛がられたと述べている[1]

『ニンニンジャー』で共演した多和田秀弥は、山谷について「大きな視点でいろんなことを真剣に考えている」と評している[10]

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』以降、多数の作品で山谷を起用している監督の坂本浩一は、山谷の芝居の幅の広さを評価しており、特に『モブサイコ100』では山谷が弾けた演技を見せたことに他の俳優らも触発されていったことを語っている[11]

出演

テレビドラマ

配信ドラマ

映画

オリジナルビデオ

舞台

CM

  • ホットスタッフ(2017年7月 - )[26]

雑誌

書籍

写真集

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g ニンニンジャー公式完全読本 2016, pp. 30-33, 「NINNINGER MAIN CAST INTERVIEW_05 山谷花純」
  2. ^ a b Twitterプロフィール”. 2017年4月1日閲覧。
  3. ^ a b c 山谷花純“丸刈り”に 引退覚悟で「コード・ブルー」挑む”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年7月29日). 2018年10月15日閲覧。
  4. ^ a b c 山谷花純 (2019年1月7日). 山谷花純『トレース〜科捜研の男〜』で新木優子と姉妹役!11年ぶりの月9出演に意欲. インタビュアー:磯部正和. テレビドガッチ.. https://dogatch.jp/news/cx/58673/detail/ 2019年1月20日閲覧。 
  5. ^ “モモニンジャー”山谷花純が初水着「脱ぐべきか、脱がないべきか」”. オリコンニュース (2016年2月8日). 2020年8月21日閲覧。
  6. ^ “忍びなれども忍ばない!”今度のスーパー戦隊シリーズは忍者ヒーロー「手裏剣戦隊ニンニンジャー」”. Smartザテレビジョン (2014年12月26日). 2014年12月26日閲覧。
  7. ^ a b c d 『劇場版コード・ブルー』で号泣誘う熱演!“丸刈り女子”・山谷花純に注目”. cinemacafe.net. カフェグルーヴ (2018年8月1日). 2018年10月15日閲覧。
  8. ^ “山谷花純 丸刈りで末期がん患者役を熱演「自分のターニングポイント」”. デイリースポーツonline. (2018年8月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/28/0011584639.shtml 2018年10月15日閲覧。 
  9. ^ “山谷花純が最優秀外国語映画主演女優賞受賞! マドリード国際映画祭”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月21日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190821/geo19082122540034-n1.html 2019年8月28日閲覧。 
  10. ^ ニンニンジャー公式完全読本 2016, pp. 34-37, 「NINNINGER MAIN CAST INTERVIEW_06 多和田秀弥
  11. ^ 坂本浩一「エクストラコンテンツ編 モブサイコ100 濃いキャストの中で存在感を発揮したのは」『映画監督 坂本浩一 全仕事 ~ウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊を手がける稀代の仕事師~』カンゼン、2018年8月9日、506-510頁。ISBN 978-4862554772
  12. ^ 「ファーストクラス」出演中の若手女優・山谷花純を直撃!【前編】 「沢尻さんの“女優魂”に感激です!」”. Smartザテレビジョン (2014年11月6日). 2014年11月6日閲覧。
  13. ^ 夏樹静子の名作サスペンス原作を高島礼子主演でスペシャルドラマ化!!『夏樹静子サスペンス 光る崖』”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2016年2月18日). 2016年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月14日閲覧。
  14. ^ 【試写室】「櫻子さん」上川隆也の振り回されっぷりが新鮮!”. Smartザテレビジョン (2017年5月21日). 2017年5月21日閲覧。
  15. ^ 「モブサイコ100」で圧巻の変顔、山谷花純に注目集まる「振り幅すごい」「女優魂感じる」”. モデルプレス (2018年2月16日). 2018年3月8日閲覧。
  16. ^ “山谷花純:“モモニンジャー”が米倉涼子にドキドキ 「リーガルV」で“痴漢被害者”に”. MANTANWEB. (2018年10月10日). https://mantan-web.jp/article/20181010dog00m200059000c.html 2018年10月15日閲覧。 
  17. ^ 余命宣告を受けた2人、“殺人犯”賀来賢人と“刑事”吉田鋼太郎。ドラマ『死命』今夜OA”. テレビドガッチ (2019年5月19日). 2020年9月3日閲覧。
  18. ^ 山谷花純『アンサング―』で月経困難症に苦しむ役「理解のきっかけに」”. マイナビニュース. マイナビ (2020年8月13日). 2020年9月3日閲覧。
  19. ^ “戦隊ヒロイン”小島梨里杏&山谷花純、映画『人狼ゲーム』で先輩後輩競演「脱ヒロインな姿を見せました」”. デ☆ビューニュース. oricon ME (2016年7月2日). 2018年3月8日閲覧。
  20. ^ 「ニンニンジャー」山谷花純の初主演作が公開決定、共演にあちなみや其原有沙”. 映画ナタリー (2016年8月18日). 2016年8月18日閲覧。
  21. ^ 稲葉友、山谷花純、久保田悠来ら登壇の「N.Y.マックスマン」トークイベント開催”. 映画ナタリー. ナターシャ (2018年1月19日). 2018年3月8日閲覧。
  22. ^ 山谷花純が貧困女子と失踪した女優の2役演じる主演作予告、ポスターも到着”. 映画ナタリー (2019年12月17日). 2019年12月17日閲覧。
  23. ^ “欅坂46小林由依ら追加キャスト発表 北村匠海・小松菜奈・吉沢亮ら出演映画「さくら」”. ネットネイティブ. (2020年6月3日). https://mdpr.jp/cinema/detail/2090317 2020年6月3日閲覧。 
  24. ^ “もののふ”新作は「瞑るおおかみ黒き鴨」、鈴木勝吾ら全キャスト発表”. ステージナタリー (2016年4月7日). 2016年4月7日閲覧。
  25. ^ 月山習は佐々木喜英「東京喰種」新キャストに山谷花純、富田麻帆”. ステージナタリー (2017年4月27日). 2017年4月27日閲覧。
  26. ^ 山谷花純のCM出演情報”. ORICON NEWS. オリコン. 2017年11月20日閲覧。
  27. ^ モモニンジャー山谷花純 初写真集で変身!初の水着ショットも”. スポニチアネックス (2016年1月25日). 2016年1月25日閲覧。

参考文献

外部リンク