萩奈穂美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はぎ なおみ
萩 奈穂美
本名 萩原 奈穂美
生年月日 (1960-10-10) 1960年10月10日(58歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[1]
身長 157 cm[2]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
主な作品
テレビドラマ
獄門島
達磨大助事件帳
バトルフィーバーJ
テンプレートを表示

萩 奈穂美(はぎ なおみ、1960年10月10日[2] - )は、日本の元女優。本名及び旧芸名、萩原 奈穂美(はぎわら なおみ)[1]神奈川県[2]横浜市出身[1]スカイコーポレーション[2]マドモアゼルに所属していた[3]

来歴・人物[編集]

劇団ひまわりを経て[1]1974年テレビドラマ青い山脈』(フジテレビ)にてデビュー[1]

1977年から1978年にかけて放映された『対決!スーパーカークイズ』(東京12チャンネル)では、産休のため降板した吉川桂子に代わりアシスタントを務めた(後番組の『対決チャレンジクイズ』でも、引き続きアシスタントを務めている)。

1979年には、スケジュールの都合で降板したダイアン・マーチンに代わって『バトルフィーバーJ』(テレビ朝日)に、二代目ミス・アメリカ/汀マリア役で出演。萩について、共演者の大葉健二は「明るく取っつき易い感じで芝居も上手だった」[4]伴大介は「前任のD.マーチンが人気があったというのでプレッシャーもあったと思うが、よく頑張っていた」[5]、ミス・アメリカのスーツアクトレスの小野寺えい子は「プライベートでも仲が良く、自宅に宿泊させてもらったり、一緒に遊びに出かけていた」[6]と語っている。

特捜最前線』(テレビ朝日)のゲスト出演後の女優活動は確認されていないが、1982年頃まではマドモアゼルモデルとして所属していた[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

萩原奈穂美名義[編集]

萩 奈穂美名義[編集]

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 週刊テレビ番組(東京ポスト)1978年7月28日号 p.32「萩奈穂美プロフィール」
  2. ^ a b c d 日本タレント名鑑'80』VIPタイムズ社、1979年、343頁。
  3. ^ a b 『日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、442頁。
  4. ^ 大葉健二 スペシャルインタビュー」『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』安藤幹夫(編)、双葉社、2003年、78頁。ISBN 4575295205
  5. ^ 『スイッチオン! 人造人間キカイダー〜ジロー、旅の途中で』伴大介角川書店、2001年、78頁。ISBN 4048836943
  6. ^ 『東映ヒーローMAX』VOL.10、辰巳出版、2004年9月10日、 80頁、 ISBN 4-7778-0061-X

外部リンク[編集]