牧野美千子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まきの みちこ
牧野 美千子
本名 諏訪 美千子 (旧姓名・牧野 美千子)
別名義 諏訪 美千子
生年月日 (1964-10-03) 1964年10月3日(54歳)
出生地 日本の旗, 埼玉県
身長 156cm
ジャンル タレント歌手女優
主な作品
テレビドラマ
超電子バイオマン

牧野 美千子(まきの みちこ、1964年10月3日[1][2] - )は、日本タレント。本名 (旧姓)、芸名と同じ[2]

埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身[1]実践女子大学卒業[1]

来歴・人物[編集]

大学在学中に「ミス実践」に選ばれたことがきっかけでモデルとして活動を始め[1]、『週刊朝日』の表紙などで活躍[1][2]

1984年特撮ドラマ『超電子バイオマン』(テレビ朝日系)で女優デビュー。バイオマンの話が来た時、牧野は子供番組と聞いて「おかあさんといっしょ」のような、子供を相手にするおねえさんの仕事だと思い、特撮アクション番組だとは全く思っていなかった。当時から両親には芸能界入りを猛反対されていたが、子供番組ということでやや強引に出演を許してもらっていたという。[3]その後は主に雑誌のグラビアやテレビ番組のリポーター歌手等で活動していたが、グラビア写真を見た父親の反対により、芸能界引退および結婚[4]

2009年8月の特撮イベント「赤祭7」で23年ぶりに公の場に登場。読売新聞及び「科学戦隊ダイナマン」に出演した萩原佐代子の公式ブログによれば、現在は築地場外市場にある佃煮屋「諏訪商店」で女将をしており、国内外の特撮ファンが時折訪れるという[5][6]

引退後は、特撮イベントに参加したり雑誌のインタビューに応じたりしていたが、2010年6月8日の『魔女たちの22時』に24年ぶりとなるテレビ出演して以降、情報バラエティ番組やショップチャンネル、雑誌等に不定期で出演するようになり芸能活動を再開した。また、2015年7月11日からはアメーバブログにて芸能活動等を公開している

ブログ、芸名等は牧野美千子で活動しているが、2015年6月から放送されている健康家族の黒酢にんにくのCMでは諏訪商店の女将として本名の諏訪美千子(すわみちこ)で出演している。

2016年からは、イベントでの共演をきっかけにスーパー戦隊シリーズOB・OGである海津亮介信達谷圭たなかえり宮澤寿梨らと「ニヤニヤブラザーズ&シスターズ」を結成し、ライブ活動を行っている[7]。他にもスーパー戦隊シリーズOGで「超電子バイオマン」イエローフォー・矢吹ジュン役の田中澄子、「電撃戦隊チェンジマン」チェンジフェニックス・翼麻衣役の大石麻衣、「光戦隊マスクマン」イエローマスク・ハルカ役の永田由紀と共に「特撮美熟女部」としても活動している。

2017年2月、舞台『こと~築地寿司物語~』(主演/鳳恵弥・共演/佐伯日菜子市川美織渡洋史黒田勇樹若井おさむ 他)にて本格復帰。フリーで活動中。

1984年当時の特技はモダンバレエ、琴の演奏、陸上競技(ハードル走)[1][2]。妹がいる[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビバラエティ・情報番組[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 仮面ライダースナイプ エピソードZERO (2017年4月12日)

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
テラスでDAY DREAM TAKE A CHANCE 1985年 東芝EMI

アルバム[編集]

タイトル 発売年 レーベル 備考
GRAVURE 1985年 東芝EMI

特撮関連書籍[編集]

  • 宇宙船別冊 夢・翔・女 スーパー・ギャルズ・コレクション ’84(1984年)
  • 東映ヒーローMAX 2009 Vol.31(2009年)

DVD BOOK[編集]

  • ヒロインステーションDVD-BOOK創刊号「永遠のヒロイン!萩原佐代子&牧野美千子」(2011年)

イベント[編集]

  • 戦隊ヒロイン同窓会(2010年2月21日)
  • 牧野美千子 トークショー&サイン会in日本橋・JUNGLE(2010年4月25日)
  • 340 Presents「赤祭10~ザ・ファイナル(シーズン1)」(2012年8月18日)
  • Otaku Expo Reload 2017 x TOKUSPIRITS(写真・サイン会・超電子バイオマンOPテーマ歌唱)(2017年8月12日-8月13日 マンダルヨン市、フィリピン)[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 週刊テレビ番組(東京ポスト)1984年6月1日号 p.44
  2. ^ a b c d 福島民報』1984年5月25日付朝刊、22面。
  3. ^ 「東映ヒーローMAX No.31」でのインタビューより。
  4. ^ TBSテレビ爆報! THE フライデー「消えたあの女優は今・・・今夜奇跡の復活SP」(2012年3月23日) - TVでた蔵(2016-12-02閲覧)
  5. ^ 「萩原佐代子公式ブログ」、2009年08月23日
  6. ^ 読売新聞2015年3月9日「女将は元戦隊ヒロイン」(ポップスタイル・クール面)。
  7. ^ 構成・取材 藤渡和聡「イベントレポート」、『宇宙船』vol.155(WINTER 2017.冬)、ホビージャパン2016年12月29日、 140頁、 ISBN 978-4-7986-1360-4
  8. ^ 牧野美千子築地ピンク女将日記「黒酢にんにくCM」(2015年8月2日)
  9. ^ 2017-08-12 Otaku Expo Reload 2017

外部リンク[編集]