ダイアン・マーチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイアン・マーチン
本名 ダイアン・マーチン[1]
生年月日 (1961-12-19) 1961年12月19日(57歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 168 cm[1]
職業 女優モデル
ジャンル テレビドラマ
主な作品
テレビドラマ
バトルフィーバーJ
テンプレートを表示

ダイアン・マーチン(Diane Martin、1961年12月19日[1] - )は、日本で活動していた元女優モデル

アメリカ合衆国出身[1]アメリカンスクール・イン・ジャパン卒業[1]スカイコーポレーションに所属していた[1]

来歴・人物[編集]

元は、スーパー戦隊シリーズのスポンサーであった後楽園ゆうえんちのキャンペーンガールとして活動していた[2]

1979年、スーパー戦隊シリーズ第3作『バトルフィーバーJ』(テレビ朝日)の制作にあたり、東映の常務渡邊亮徳は当時のアグネス・ラム人気にあやかって、ミスアメリカ役にアメリカ人の美女を起用するよう指示を出した。そうした経緯で、マーチンは本名と同じ「D.マーチン」の役名で同作に登場することになった[2]

『バトルフィーバーJ』放送当時は日本語があまり得意でなく、マーチンのセリフは、ミスアメリカの初代スーツアクトレスであった小牧リサ吹き替えをしていた[2][注釈 1]。小牧に代わってミスアメリカのスーツアクトレスを担当した小野寺えい子は、「低めの声で、片言の日本語を話していた記憶がある」と述べている[4]。共演者の倉知成満(当時・倉知雄平)は、日本語が苦手だったために撮影現場ではローマ字による筆談でコミュケーションを取っていたと語っている[5]。同じく共演者の大葉健二は、D.マーチンについて「モデルだけあって、立っているだけで絵になる方。立ち姿はとても参考になった。」と語っている[6]

番組が半年予定が4クールに延長になり、後半のスケジュールを合わせられなくなったため第24話で途中降板している[2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • バトルフィーバーJ 第1話「突撃!! 球場へ走れ」 - 第24話「涙! ダイアン倒る」(1979年、ANB) - ミス・アメリカ / ダイアン・マーチン

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 15、16話のみ横沢啓子に代わっている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'80』VIPタイムズ社、1979年、311頁。
  2. ^ a b c d 東映スーパー戦隊大全 2003, p. 11, 吉川進 スペシャルインタビュー
  3. ^ 東映スーパー戦隊大全 2003, p. 61.
  4. ^ 『東映ヒーローMAX』VOLUME 10、辰巳出版、2004年9月10日、 80頁、 ISBN 4-7778-0061-X
  5. ^ 「SPECIAL INTERVIEW'79 倉知成満」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1979 バトルフィーバーJ講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2019年1月10日、20-21頁。ISBN 978-4-06-513705-5
  6. ^ 東映スーパー戦隊大全 2003, p. 78, 大葉健二 スペシャルインタビュー.

参考文献[編集]

  • 『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』安藤幹夫(編)、双葉社、2003年。