カフェグルーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社カフェグルーヴ
cafegroove Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 カフェグルーヴ
本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前3-15-11
COPON NORP 3F
設立 2000年6月1日
業種 サービス業
法人番号 6011001046364
事業内容 メディアプロデュース、ITプロダクション
ブランドPR・マーケティング、版権投資
代表者 代表取締役:浜田寿人
資本金 279,700,000円
従業員数 32人(2009年7月現在)
外部リンク www.cafegroove.com
テンプレートを表示

株式会社カフェグルーヴ(英文社名 cafegroove Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置くWebを中心としたブランディング会社。Webブランディング以外にも、映画情報メディア『cinemacafe.net』、女性のライフスタイルメディア『verita(ヴェリタ)』、ゴルフ情報メディア『楽園ゴルフ』等のWebメディア運営、ダイニング事業、映画やアーティストの版権投資事業、EC事業『isola』、イベント事業等、多岐に渡って事業を展開している。

概要[編集]

  • 2000年6月1日設立
  • 代表取締役:浜田寿人
  • 取締役:大川稔明、岡島将人
  • 社外取締役:野津幸治 (株式会社インディソフトウェア)、仮屋薗聡一 (株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ)

沿革[編集]

カフェグルーヴは2000年6月に設立された。社長の浜田寿人は1995年頃、留学先のアラバマ州ハンツビルでインターネットに触れて事業の可能性を見出し、1997年11月に映画情報を提供するメールマガジン「CINEMA DE CINEMA」(シネシネ)を始めた。この活動が注目され、帰国後にソニーに入社、デジタルシネマのビジネスモデル開発に携わったが、会社の体質に馴染めず2年で退職。独立してカフェグルーヴを起業した[1][2]

独立後はメールマガジンを発展させた映画サイト「シネマカフェ」の運営を軸に事業を展開、メールマガジンの読者は2000年の末には5万人に[3]、2002年1月にはインプレスが運営していた「MOVIE Watch」を統合し、メールマガジンの読者も18万人に増加した[4]。以降、映画館で上映される広告のデジタル配信[5]mixi[6]、Yahoo[7]eyeVio[8]など他社への「シネマカフェ」のコンテンツ提供など、関連業務を拡大した。2006年には"cinemacafe films"の名称で映画の制作、配給への投資に進出することを表明[9]、2007年にはその第一弾として映画『約束の旅路』を公開した。この作品は黒人、難民、ユダヤ教といった受けにくい題材にもかかわらず好評を得た[10]

映画関連事業のほか、2005年には飲食業にも進出[11]、以降、酒類・葉巻の流通、EC事業など多彩な事業展開を行っていた。

しかし2012年には「シネマカフェ」事業を株式会社イード[12]、2013年には『verita』をofficetwに譲渡する[13]など事業を縮小、2015年7月には東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受けた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「対談 時代を変える発想!――ゼロからの出発 第2回 浜田 寿人(カフェグルーヴ社長) VS. 菅下 清廣(スガシタパートナーズ社長) 「日本最大の映画サイトや日本で唯一のレストランなど、人が集まるビジネスを作り出す」」、『財界』第60巻第6号、財界研究所、2012年3月6日、 64-66頁。
  2. ^ 村上琢太 「HISATO HAMADA クラウドベースのワークスタイル構築 特定の環境に依存しない どこでも仕事できる 環境を作りたい カフェグルーヴ 代表取締役 浜田寿人」『flick! Vol.06』 枻出版社2011年10月、16-19頁。ISBN 978-4-7779-2131-7
  3. ^ カフェグルーヴ、映画情報メルマガ読者5万人を突破。BSデジタル番組開設
  4. ^ LifeStyle:カフェグルーヴ、国内最大級の映画情報サイト「cinemacafe.net」をスタート
  5. ^ 「映画館へ上映広告 デジタル配信 カフェグルーヴ」『日経産業新聞』2003年(平成15年)4月25日付1面。
  6. ^ 「ミクシィに映画情報 カフェグルーヴ 口コミに期待」『日本経済新聞』2006年(平成18年)9月18日付朝刊11面。
  7. ^ 「カフェグルーヴ ヤフーに映画情報提供 ニュースなど閲覧可能に」『日経産業新聞』2007年(平成19年)5月9日付2面。
  8. ^ 「カフェグルーヴの映画情報 ソニー系サイトに提供」『日経産業新聞』2007年(平成19年)5月15日付2面。
  9. ^ 「映画情報サイトカフェグルーヴ 映画投資に進出」『日本経済新聞』2006年(平成18年)11月20日付朝刊11面。
  10. ^ 「ハセベケンの希望のレシピ volume 34 今月のゲスト 浜田寿人さん カフェグルーヴ代表取締役」、『ソトコト』第10巻第9号、木楽社、2008年9月、 84-85頁。
  11. ^ 松原礼菜「カジュアルは服装だけじゃない カフェ・一軒家がオフィス 「仕事もはかどる」」、『日本経済新聞』2006年(平成18年)7月13日付夕刊1面。
  12. ^ ~イード、新たに映画情報メディアの運営を開始~カフェグルーヴより「cinemacafe.net」(シネマカフェ)の事業を取得
  13. ^ ライフスタイルWeb メディア『verita(ヴェリタ)』 カフェグルーヴよりofficetw へ譲渡に関する契約締結のお知らせ

外部サイト[編集]