震々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「震々」

震々(ぶるぶる)は、鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』にある日本妖怪

『今昔画図続百鬼』によれば、恐怖を感じた人間の首筋がぞっとするのは、この震々が人間の襟元に取り憑くためであり、別名「臆病神」「ぞぞ神」ともされている[1]稲田篤信らによれば、臆病神とは敵に後ろを見せる心を生じさせる神であり、ぞぞ神とは恐怖のために全身の毛をそそけ立たせる神とされる[2]

ゲゲゲの鬼太郎』では紙の中に封じられた妖怪として登場。相手に寒気を起こさせることを得意とする。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 村上健司編著『妖怪事典』毎日新聞社、2000年、300頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 稲田篤信・田中直日編『鳥山石燕 画図百鬼夜行』高田衛監修、国書刊行会、1992年、164頁。ISBN 978-4-336-03386-4

関連項目[編集]