山口恭平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 恭平(やまぐち きょうへい、1981年1月2日[1] - )は、主に特撮テレビドラマ作品の監督演出家愛知県出身[1]

来歴[編集]

専門学校を卒業後、2002年の『仮面ライダー龍騎』より仮面ライダーシリーズの助監督として携わり、ネットムービーやオリジナルビデオを手掛ける[1]

2010年に『仮面ライダーW』の雑誌付録DVDで初監督[1]。2012年には『仮面ライダーフォーゼ』第23話にて本編の監督デビューした[1]。その後はローテーション監督に昇格し、『仮面ライダードライブ』などの演出を担当、『ドライブ』から『仮面ライダービルド』まで4作連続で最多演出を担当した[1]。2018年12月22日公開の『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』にて初の劇場版の監督を務める[2][1]。2020年に『魔進戦隊キラメイジャー』のメイン監督としてスーパー戦隊シリーズに初参加[3]

人物[編集]

父親が映画好きであった影響から自身も映画や特撮好きとなり、中学生時代から将来の職業として映像業界を考えていた[1]。幼少期は『仮面ライダーBLACK』を放送していたが怖くて観ておらず、ウルトラシリーズゴジラシリーズを好んでいた[1]。一番好きな怪獣に『ゴジラvsビオランテ』のビオランテを挙げている[1]

専門学校卒業前にはカメラ機材会社に内定が決まっていたが、同校の先輩で当時『仮面ライダーアギト』の助監督を務めていた柴崎貴行が就職課に仮面ライダーシリーズの助監督の募集をかけていたことから、仮面ライダーに携わりたいと考え内定を断り『龍騎』へ参加した[1]

『キラメイジャー』でメイン監督を引き受けた理由について、前作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』でそれまで仮面ライダーシリーズを担当していた上堀内佳寿也がスーパー戦隊シリーズ初参加にして初メイン監督という前例を作っており、また前々作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でも平成仮面ライダーシリーズでともに助監督を務めていた杉原輝昭がメイン監督を務めていたなど、同世代の監督がメインを務めることが多くなっていたことから自身も挑戦しようと考えたことを述べている[4]

作品[編集]

監督[編集]

太字はパイロット作品。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

プラネタリウム映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 「[インタビュー]山口恭平」『宇宙船』vol.163(WINTER 2019.冬)、ホビージャパン、2018年12月29日、 42-43頁、 ISBN 978-4-7986-1842-5
  2. ^ a b 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」監督は山口恭平、脚本は下山健人”. 映画ナタリー. ナターシャ (2018年9月2日). 2018年9月2日閲覧。
  3. ^ “『キラメイジャー』山口恭平監督「しっかりと人間描くドラマを」 - 初監督の戦隊は"壊す"よりも「基本的なイメージを具現化したい」 (1) 「仮面ライダー」と「戦隊」の違い”. マイナビニュース. (2020年3月15日). https://news.mynavi.jp/article/20200314-996329/ 2020年3月15日閲覧。 
  4. ^ 「[インタビュー]山口恭平」『宇宙船』vol.169(SUMMER 2020.夏)、ホビージャパン、2020年8月3日、 52-53頁、 ISBN 978-4-7986-2243-9
  5. ^ 2020年スーパー戦隊シリーズ 『魔進戦隊キラメイジャー』 2020年3月8日(日)午前9時30分〜放送スタート!!” (日本語). 東映オフィシャルサイト. 2019年12月26日閲覧。
  6. ^ “「スーパー戦隊MOVIEパーティー」ポスター公開、EDにプリキュアが登場”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年12月28日). https://natalie.mu/eiga/news/361324 2019年12月28日閲覧。 
  7. ^ “「仮面ライダービルド」新世界が舞台のVシネ「仮面ライダークローズ」、主役は万丈だ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年8月26日). https://natalie.mu/eiga/news/296860 2018年9月2日閲覧。 
  8. ^ 松島庄汰も歓喜!『仮面ライダーブレン』はネタじゃなかった!4月下旬放送決定|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). TV LIFE. 2019年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]