下山健人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下山 健人(しもやま けんと)は日本男性脚本家。父は放送作家の下山啓[注釈 1]。東京都出身[1]

来歴・人物[編集]

2004年にテレビアニメ『忍たま乱太郎』でデビュー[1]。主にテレビアニメや特撮作品で活動している[1]浦沢義雄の弟子であり、兄弟子である大和屋暁とは共に仕事をする事が多い。

スーパー戦隊シリーズ」には小林靖子の紹介で参加。『手裏剣戦隊ニンニンジャー』では初のメインライターを務める[2]

年齢は公開していないが、『銀魂』の脚本陣の中では一番若い[3]。また、インタビューでは『ドラゴンボール』世代であることや、幼少期は仮面ライダーシリーズが放送されていない時代であったことを述べている[1]

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

漫画原作[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 師匠の浦沢義雄の仕事仲間でもあった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 宇宙船162 2018, pp. 42-43, 「[インタビュー]下山健人」
  2. ^ 『東映ヒーローMAX』VOLUME 51(2015 WINTER) P2-3、辰巳出版、2015年3月10日
  3. ^ オフィシャルアニメーションガイド 銀魂あにめガヤガヤ箱[要ページ番号]

参考文献[編集]