女帝 薫子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女帝 薫子』(じょてい かおるこ)は、原作:倉科遼、作画:和気一作による日本漫画。『ビジネスジャンプ』(集英社)にて2006年19号から2007年16号まで連載され、単行本は全3巻。2010年にはテレビドラマ化もされた。

育った環境も性格も全く違う2人の少女が「薫子」という源氏名をきっかけに東京で偶然出会い、銀座のクラブ「ゴージャス」を舞台にお互いをライバル視しながら一流のホステスを目指す物語。2人の親探しが物語のキーとなっている。

女帝 SUPER QUEEN』、『女帝 花舞』に続く「女帝シリーズ」の第3作だが、前2作と物語上の繋がりはない。

あらすじ[編集]

複雑な家庭に育った少女・西村紗也、母子家庭で育った少女・美樹は、自身の肉親を探す為、「薫子」という名前のホステスを手掛かりに、銀座のクラブ『ゴージャス』で働き出す。

登場人物[編集]

西村 紗也(にしむら さや)
本作の主人公。秋田県能代市出身。父親は地元の有力者だったがいわゆる愛人の子であったため、父方の祖父母に育てられる。複雑な家庭環境だったため、同級生からのイジメに遭うなど不遇な幼少期を過ごす。父を交通事故で亡くすと、育ての親の祖父母も相次いで病気で亡くなり、孤独に。そのため祖母が臨終の間際に残した「あなたの母親は生きている。東京で薫子という源氏名で働いている」という言葉を手がかりに、母親に再会するため高校卒業後は銀座でホステスになることを決意する。
性格は素直でまじめ。ゴージャス入店後は美奈ママの拝金主義的な接客に疑問を感じ、百合ママのヘルプに付く。気立ての良さで入店から1年あまりで、業界内でも評判のホステスになっていく。
美樹(みき)
本作のもう1人の主人公。長崎県出身。10歳の時に父親が愛人を作って東京に駆け落ちしたため、母子家庭で育つ。ある日、父親の愛人が薫子という名のホステスだったことを知り、父親と再会するため上京し、ホステスになることを決意する。
紗也とは反対に自由奔放でサバサバした性格。美奈ママのやり方に共感し、彼女のヘルプに付く。
父親探しがきっかけでホステスになった美樹であったが、徐々に父親探しよりも紗也に勝ちたい、一流のホステスになりたいという思いが強くなっていく。
小島 純平(こじま じゅんぺい)
紗也の幼馴染で小・中・高の同級生。幼い頃から紗也を一途に想い、いつも近くで見守り続けてきた。高校卒業後、一度は地元の企業に就職するが、紗也への想いを断ち切れず職を辞し上京する。上京後は銀座で働いていればいつか紗也と再会できるのではと思い、キャバクラの黒服となる。
美奈(みな)
『ゴージャス』のチーママ。ちょっとしたことですぐ手が出るなど激しい気性や、客に大金を使わせれば使わせるほど是とする拝金主義的な方針のため「ゴージャスの西太后」の異名をとる。上客を得るためならヘルプの子のカラダを見返りにすることも辞さないなど、手段を選ばない性格だが、一方で、客の家庭を決して壊さない、アフターで客と関係のできたホステスの面倒は見る、といった温情のある部分も持つ。
百合(ゆり)
『ゴージャス』のもう一人のチーママで「ゴージャスの東太后」。美奈とは反対に人と人の繋がりを大事にする接客を心がけている。常に和装で物腰穏やかな知性と教養に溢れる女性であるが強かな面も持ち、店内は美奈派と百合派の2つの派閥に分かれ大奥さながらのドロドロさを見せる。
真紀(まき)
「ゴージャス」の大ママ。紗也と美樹を一目見てホステスとしての素養を見抜き、目をかける。

単行本[編集]

  1. 2007年1月19日発売 ISBN 978-4-08-877204-2
  2. 2007年5月18日発売 ISBN 978-4-08-877267-7
  3. 2007年9月19日発売 ISBN 978-4-08-877333-9

テレビドラマ[編集]

女帝 薫子
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜23:00 - 23:55(55分)
放送期間 2010年4月25日 - 6月13日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
MMJ
演出 小松隆志 ほか
原作 倉科遼
脚本 旺季志ずか ほか
プロデューサー 横地郁英(テレビ朝日)
伊藤達哉(MMJ)
出演者 桐谷美玲
黒川智花
原沙知絵
中村優一
国生さゆり
遠藤憲一
萬田久子 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング GIRL NEXT DOOR「Freedom」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
最終章:25分遅延(23:25-24:20)
テンプレートを表示

2010年4月25日より同年6月13日までテレビ朝日系列の『日曜ナイトドラマ』枠で放送。2010年4月期より新設された『日曜ナイトドラマ』の第1回作品で、桐谷美玲は今作が連続ドラマ初主演。「女帝シリーズ」のテレビドラマ化作品としては第2作となり、同局で2007年夏期に放映された金曜21時枠ドラマ女帝』とはプロデューサーなどの一部スタッフが共通している。

また、テレビドラマ版は美奈の名前が日出子に変更になっている。

キャスト[編集]

クラブ・ゴージャス

その他

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第一夜 2010年
4月25日
母をたずねて銀座ホステス 旺季志ずか 小松隆志 9.7%
第二夜 5月02日 いざホテルへ!! 初めての… 8.3%
第三夜 5月09日 大金持ち“妖怪”争奪バトル 大塚徹 7.8%
第四夜 5月16日 No.1ホステス刺される!! 日比野朗 9.4%
第五夜 5月23日 銀座ホステス、禁断の恋!! 高山直也 小松隆志 8.5%
第六夜 5月30日 母・薫子ついに登場!! No.1ホステス衝撃 旺季志ずか 大塚徹 7.9%
第七夜 6月06日 さよなら No.1ホステス 日比野朗 9.6%
最終夜 6月13日 銀座の頂点へ…最期の戦い 小松隆志 8.6%
平均視聴率 8.7%(視聴率関東地区ビデオリサーチ社調べ)

遅れネット局[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 日曜ナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
枠設立前につき無し
女帝 薫子
(2010.4.25 - 2010.6.13)
日韓共同ドラマ テレシネマ
(2010.8.8 - 2010.9.12)
テレビ朝日系列 日曜23時台前半枠
女帝 薫子
【ここから「日曜ナイトドラマ枠」】
日韓共同ドラマ テレシネマ
※23:00 - 23:55
テレビ朝日系列 日曜23時台後半枠
やべっちFC
〜日本サッカー応援宣言〜

※23:30 - 24:15
【25分繰り下げて継続】
女帝 薫子
【ここから「日曜ナイトドラマ枠」】
日韓共同ドラマ テレシネマ
※23:00 - 23:55