舞姫 〜ディーヴァ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

舞姫 〜ディーヴァ〜』(まいひめ - )は、ビッグコミックスペリオール2006年10月から2008年第7号まで連載された倉科遼・作、大石知征・画の漫画

ストーリー[編集]

女子高生・柊舞は大規模キャバクラグループ「柊グループ」の令嬢だったが、ある日このグループをIT企業「ヴァリュー・クリエイション」によって買収されてしまう。さらに、舞を男手ひとつで育ててくれた父親が突然亡くなってしまい、舞の生活は一変してしまう。そこで舞は、亡き父親の無念を晴らすためキャバ嬢となり溝江への復讐を目指す。

登場人物[編集]

柊舞(ひいらぎ まい)
本作の主人公。大規模キャバクラグループの令嬢。バレエのプリマになるのが夢であったが、会社の買収を行った溝江への憎しみ、最愛の父の無念の死をきっかけにキャバ嬢となり、女帝、そして溝江への復讐を目指すことになる。
かつては同級生の謙次と裕司らとストリートダンスユニット「ディーヴァ」を組んで、絶大な人気を誇っていたが上記の事情により解散した。
溝江則章
六本木ヒルズに本社を構えるIT企業「ヴァリュー・クリエイション」の社長。舞の父が経営するキャバクラグループの株の過半数を買占め、経営権を握り会社を支配する。金さえあればなんでも出来ると思っている。
柊淳一郎
大規模キャバクラグループ「柊グループ」の社長。舞を男手ひとつで育てた。会社の経営権を握ったことを知らせに来た溝江のとった無礼な態度に対し殴りかかろうとしたところ突然脳溢血に襲われ倒れ、病院に運ばれたがそのまま無念の死をとげた。
門馬
新宿でショーキャバクラ「ディーヴァ」を経営する。かつては舞の亡き父親の腹心だった。
観月
「ディーヴァ」のナンバーワンキャバ嬢。日に日にナンバーワンの座へと上り詰めていく舞を敵視し、いじめる。
川島竜也
ヤクザ。ある日、舞がストリートギャングにからまれているところを助ける。元高校球児。
謙次
ダンスユニット「ディーヴァ」のメンバーであり、舞の同級生。高校卒業、「ディーヴァ」解散後は大学に進学。
裕司
謙次と同じくダンスユニット「ディーヴァ」メンバーであり、舞の同級生。高校卒業、「ディーヴァ」解散後は実家の不動産業を継ぐ。
おタキさん
柊家のお手伝いさん。母親のいない舞を18年間面倒を見た。
大柴
ショーキャバクラ「ディーヴァ」の店長。

コミックス[編集]

オリジナルDVD[編集]

2011年6月3日発売。

キャスト[編集]