真島昌利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真島 昌利
出生名 真島 昌利
別名 マーシー
生誕 1962年2月20日(54歳)
日本の旗 日本 東京都日野市
出身地 日本の旗 日本 東京都小平市
学歴 東京都立久留米西高等学校
ジャンル ロックパンク・ロックロックンロール
職業 ミュージシャン
作曲家
担当楽器 ギター
ヴォーカル
活動期間 1978年 - 1984年
THE BREAKERS
1985年 - 1995年
THE BLUE HEARTS
1989年 - 1994年
(ソロ活動)
1995年 - 2005年
↑THE HIGH-LOWS↓
2006年 -
ザ・クロマニヨンズ
レーベル BMG JAPAN
事務所 ハッピーソング
共同作業者 ザ・クロマニヨンズ
チャック・ベリー
キース・リチャーズ
友部正人
中原中也

真島 昌利(ましま まさとし、1962年2月20日 - )は、ロックバンドザ・クロマニヨンズましまろ(元ジョニー&スリー・クール・キャッツ、THE BREAKERSTHE BLUE HEARTS↑THE HIGH-LOWS↓)のギタリスト。愛称は、「マーシー」(学生時代は、「マッシー」)。東京都日野市生まれ、東京都小平市花小金井育ち。魚座。血液型はB型。既婚。

来歴[ソースを編集]

音楽[ソースを編集]

ソングライターとして相棒の甲本ヒロトとともに多くのヒット曲を手がけている。THE BLUE HEARTS、↑THE HIGH-LOWS↓で作詞・作曲を手がけた主な曲には、「ハンマー」や「チェインギャング」「休日」「TRAIN-TRAIN」「未来は僕等の手の中」「青空」「」「1000のバイオリン」「相談天国」「青春」などがある。

ギター演奏はチャック・ベリーローリング・ストーンズキース・リチャーズに影響を受け、ギブソン・レスポールを愛用。ピッキングスタイルは、中指と親指でピックを持って弾く。現在ライブでは「Gibson Les Paul Junior」をメインで使用している。他のギターも使用している。

バンドではギターだけでなくヴォーカルを担当することもある。THE BLUE HEARTSの頃は一枚のアルバムに大抵1曲、多くて2曲ほど収録されていたが、↑THE HIGH-LOWS↓ではアルバムに入っているかいないかくらいであり、クロマニヨンズでは2016年現在、1曲もない。ギター・マガジン(2014年10月号)のインタヴューによると「最近また"そろそろ歌いたいな"なんて気持ちも芽生えてきているので」との事。

ソロではサックスオートハープ等、ギター以外の楽器もこなすが、口笛が苦手だった。「荒野はるかに」のイントロで口笛を吹くというアイディアを提案し実行するが、いくら吹いてもスースーと音を立てるのみに終わり、結局、甲本ヒロトが担当した。2012年に出演したラジオ番組内で口笛を披露すると綺麗に吹けたため、現在は以前に比べて腕が上達している模様。

歌詞[ソースを編集]

詞に関しては、シンプルな言葉を使いながら、奥の深い表現を醸し出し、独特の世界観を表現している。「チェインギャング」に代表されるメランコリーな世界と、ソロ・デビュー・アルバム、『夏のぬけがら』に代表されるノスタルジーな世界が、真島の世界観を構成している。

↑THE HIGH-LOWS↓以降は、シュールな歌詞が多くなっている。また、放送禁止用語が歌詞の中に含まれていることがあり、「終わらない歌」では歌詞が一部削除され、歌詞を聴き取りにくくするよう処理されている。「ガタガタゴー」でも同じく歌詞を削除され、該当部分にはノイズが入っている(ただしライヴ盤では無修正)。

また、自分の趣味や好物、育った地域がモチーフになった歌詞も多い。野球が好き→「ホームラン」「夏の朝にキャッチボールを」、カレーが好き→「カレーライスにゃかなわない」「カレーうどん」、が好き→「夏が来て僕等」「夏なんだな」「日本の夏ロックンロール」、バイクが好き→「風のオートバイ」「オートバイ」「オートバイと皮ジャンパーとカレー」「ローリング・ジェット・サンダー」、多摩地区が好き→「花小金井ブレイクダウン」「真夜中過ぎの中央線」「多摩川ビール」など。

人物・エピソード[ソースを編集]

  • トレードマークともいえるバンダナは、キース・リチャーズに影響を受けたものである。ブルーハーツを結成して間もない頃、汗が垂れてこないようにと巻き始めた。ハイロウズ活動休止発表後の一時期、モヒカンにしていたこともある。
  • THE BLUE HEARTS結成前(THE BREAKERS時代)から原宿の歩行者天国で甲本と河口純之助とでセッション・バンド(ラモーンズコピー)をやったことがあり、面識はあった。
  • 兄が一人いる。兄は読売ジャイアンツのファン。
  • THE BLUE HEARTSのメジャーデビュー直後によく着用していた夕刊フジエルビス・プレスリー死亡時の1面記事、中原中也の「宿酔」の詩の一部がプリントされたTシャツは、特注で作成してもらったもの。ただし真島は、雑誌のインタビューで「(作成した)友達が金に困ってて原宿の店とかに卸しちゃった。」と語っており、一般に出回った可能性もあるとのこと。
  • ダウンタウンのごっつええ感じ」「笑う犬の生活」に出演したことがある。「ごっつええ感じ」に出演した際には、真島&甲本vsダウンタウンで乳首相撲対決をした。
  • かつては喫煙者で、雑誌のインタビューの写真、楽屋や移動時の映像等ではタバコをくわえていることが多かったが、現在は禁煙している。[要出典]
  • ZELDA友部正人等、他のアーティストのライブにゲスト出演した事は多々あるが、自身のソロライブにゲストを招いたことは殆ど無い。唯一、94年12月新宿にて行われたソロライブ2daysの2日目にはプリンセス プリンセス中山加奈子がゲスト出演。これは、テレビ神奈川の番組内で企画されたコーナーにおいて、当時同じレコード会社に所属していた真島と中山が対談。対談中、12月のソロライブ開催が決まっていた真島が中山に出演を打診、中山が快諾したことで実現したもの。対談時に「ヘドロマンをやりたい」と中山が話したことから、当日のライブでは真島のソロ楽曲「GO!GO!ヘドロマン」と、ルーファス・トーマスの「Walking the Dog」を演奏した。

ディスコグラフィー[ソースを編集]

シングル[ソースを編集]

  • アンダルシアに憧れて c/w ドクターペッパーの夢 1989/10/21
  • オーロラの夜 c/w 真夜中過ぎの中央線 1991/03/21
  • 夜空の星くず c/w バラ色の人生 / うな重 1991/08/21
  • GO!GO!ヘドロマン c/w 踊り踊れば 1992/10/01
  • 俺は政治家だ c/w I FOUGHT THE LAW 1993/01/21
  • カレーライスにゃかなわない c/w 空席(version2) 1994/10/21

アルバム[ソースを編集]

  • 夏のぬけがら 1989/11/21
  • HAPPY SONGS 1991/04/10
  • RAW LIFE 1992/11/01
  • 人にはそれぞれ事情がある 1994/10/21
    • リリース直前まで「月のウサギ,太陽のカラス」というアルバムタイトルだった。
  • RAW LIFE -Revisited- 2007/04/25

ビデオ[ソースを編集]

  • 真島昌利 LIVE Another Summer 1991/11/21
  • RAW LIVE 1993/06/21
  • 2nd Rated 1995/09/01 ※ビデオ・クリップ集

DVD[ソースを編集]

  • RAW LIVE / 2nd Rated 2007/04/25
  • Live Another Summer 2007/05/23

参加楽曲[ソースを編集]

楽曲提供[ソースを編集]

劇伴[ソースを編集]

ソロでのTV出演[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 日付まで覚えている理由は、ギターを買いにいく際、友人を誘うと「今日はキャロルの解散コンサートに行くからダメだ」と断られ、結局父親に付き合って貰ったというエピソードから、ちなみに秋葉原でエレキギターを購入したのは、エレキギター=電気製品、電気製品=秋葉原という考えがあったからとのこと。
  2. ^ ザ・コーツ時代の甲本の楽曲やパフォーマンスについて、後に真島は「僕、ヒロトのファンだった」と語るほど衝撃を受けていた。
  3. ^ ザ・クロマニヨンズ真島昌利が新バンド「ましまろ」結成 5・13デビュー”. オリコン (2015年2月25日). 2015年2月26日閲覧。
  4. ^ “高橋みなみソロ作にOKAMOTO'S、真島昌利、カーリー・レイ・ジェプセンら参加”. 音楽ナタリー. (2016年8月26日). http://natalie.mu/music/news/199502 2016年8月26日閲覧。