ハリケーン・リリ、ボストン・マリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリケーン・リリ、ボストン・マリ
AAAシングル
初出アルバム『ALL
B面 BLOOD on FIRE(LIVE ver.)
リリース
ジャンル J-POP
レーベル avex trax
作詞・作曲 真島昌利
プロデュース Max Matsuura
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • AAA シングル 年表
    Shalala キボウの歌
    (2006年)
    ハリケーン・リリ、ボストン・マリ
    (2006年)
    ソウルエッジボーイ/キモノジェットガール
    (2006年)
    テンプレートを表示

    ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」は、日本の音楽グループAAAの7枚目のシングル2006年5月31日avex traxから発売された。

    概要[編集]

    • 前作「Shalala キボウの歌」から約2ヵ月ぶりの発売となる。ファンクラブの「AAA PARTY」創立記念企画曲である。
    • 「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」は、真島昌利が作詞・作曲を担当した。略して"リリマリ"と呼ばれる。真島によれば、リリ、マリは女性名であるが解釈は聞いた人にまかせるとのこと[1]
    • 2006年6月4日、リリースを記念してSHIBUYA@FUTUREにて「リリマリカフェ」をオープンし、CD購入者特典とメンバー参加の抽選会、リリマリカフェオリジナルドリンク、超レアアイテムの展示などを行った。
    • 2006年、「ベストヒット歌謡祭」2006「ゴールドアーティスト賞」受賞曲。
    • 「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」のサビでは、手を顔の横で水平に回すダンスがあり、ライブではこのダンスを利用して観客がタオルを振り回す。
    • ALL/2』・『ALL』・『ATTACK ALL AROUND』には末吉秀太のソロパートが収録されている。また『#AAABEST』に収録されているニューバージョンについても末吉秀太のソロパートは収録されている。
    • 今までのシングルは表題曲とインストの2トラックで構成されていたが、このシングル以降はライブバージョンが収録されるようになった。また、それに伴い価格も上がった(300円程度)。
    • 曲自体は6分程度だがPVはストーリ仕立てなので9分越えており比較的長めになっている。
    • 2016年の第67回NHK紅白歌合戦にこの曲で出場。翌年1月、伊藤千晃が結婚・妊娠・グループ卒業を発表したため、ファンの間では「伊藤の体調に気を使ったのでは」と噂された[2]

    収録内容[編集]

    CD+DVD[編集]

    CD
    1. ハリケーン・リリ、ボストン・マリ
      (作詞・作曲:真島昌利 編曲:家原正樹)
      テレビ朝日テレビドラマ7人の女弁護士」主題歌
    2. BLOOD on FIRE(Live Version)
    3. ハリケーン・リリ、ボストン・マリ(Instrumental)
    DVD
    1. ハリケーン・リリ、ボストン・マリ(Music Clip)
      AAAのメンバーが無人島に漂着するというストーリー仕立て。

    CD ONLY[編集]

    1. ハリケーン・リリ、ボストン・マリ
    2. BLOOD on FIRE(Live Version)
    3. ハリケーン・リリ、ボストン・マリ(Instrumental)

    脚注[編集]

    1. ^ 「ハリケーン・リリ,ボストン・マリ」 特集 INTERVIEW編”. BARKS (2006年5月29日). 2017年5月12日閲覧。
    2. ^ AAA伊藤千晃卒業、ファンが2016年から“伏線回収”「全て繋がってた…」”. モデルプレス (2017年1月12日). 2017年5月13日閲覧。