いざゆけ若鷹軍団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡ソフトバンクホークス > いざゆけ若鷹軍団
いざゆけ若鷹軍団
ホーク・ウィングス楽曲
収録アルバム '90福岡ダイエーホークス いざゆけ若鷹軍団/選手別応援歌
リリース 1990年5月9日
ジャンル 応援歌
レーベル トーラスレコード
作詞者 原田種良、森由里子
作曲者 富山光弘

'90福岡ダイエーホークス いざゆけ若鷹軍団/選手別応援歌収録順

いざゆけ若鷹軍団
(1)
小川史選手のテーマ
(2)

いざゆけ若鷹軍団』(いざゆけわかたかぐんだん)は、福岡ソフトバンクホークスの公式球団歌。前身球団である福岡ダイエーホークス時代から存在する。

作詞は原田種良、補作詞は森由里子、作曲は富山光弘、編曲は山本健司が手掛けた。歌はホーク・ウィングス

概要[編集]

ホークスが大阪から福岡に本拠地を移転した際、「ダイエーホークスにも”六甲颪”のような応援歌を」との球団関係者の思いから、1989年に作成された。歌詞は一般公募によるもので、当時佐賀市在住の元小学校校長であった原田種良( - 2001年10月4日)が作詞[1]、歌詞の中に、互いの南海・阪急時代から続くライバル関係の球団であったオリックス・ブレーブス(当時)を連想させる「勇者」という言葉があったため、森由里子(補作詞)によりその部分が修正された。

ダイエー時代の球団歌は「ダイヤモンドの鷹」(阿久悠宇崎竜童が手掛けた)であったため、こちらは「公式応援歌」であった。

2004年時点でのCDの累計売上は16万枚以上[2]

2002年には当時の主力選手(小久保裕紀松中信彦城島健司柴原洋田之上慶三郎)の歌うバージョンが制作され、CDが販売された[3]ほか、同年に限り球場でもオリジナル版に代わって流された[4]。2003年には開幕戦セレモニーで地元福岡出身で歌手の森口博子がこの曲を歌唱[5]、CDも販売された[6][7]2007年にはエイベックス所属の音楽グループの「AAA」が「いざゆけ若鷹軍団2007」としてこの歌を歌っている。

その後、ソフトバンクへの球団売却の際に消滅の危機にあった[1]が、この曲に対するファンの支持が高いため(後述)、歌詞の一部分を修正して現在も使われている(『ダイエー』の部分が『ソフトバンク』に変更され、また前奏部分と2番と3番の間奏部分に雄叫び掛け声が追加されている)。また、「ダイヤモンドの鷹」の廃止に伴い正式に球団歌として制定された。

2013年2月1日より、ヤフードームが「福岡 ヤフオク!ドーム(ヤフオクドーム)」に改称されたことにより、従来「ヤフードーム」と歌われていた部分の歌詞が変更となった[8]

2019年は球団の福岡移転30周年を記念して「WE=KYUSHU」バージョンが制作され、王貞治球団会長、藤井フミヤ黒木瞳原口あきまさおすぎ、森口博子、琴奨菊獣神サンダー・ライガー博多華丸・大吉中村あゆみHKT48田中美久、渕上舞、松岡菜摘松岡はな、村川緋杏、森保まどか)、鮎川誠バカリズムが歌い手として登場した。

球場での演奏[編集]

ホークスの試合日に球場内で流れるタイミングは、試合開始前ホークスの選手が練習に現れるとき、7回(主催試合では7回裏)の攻撃前、試合に勝利した後である。試合開始前には歌詞を覚えてもらう意味合いもありフルコーラスで流れ、7回の攻撃前には1番のみ、試合に勝利した後は2番までとなる。ただし、ホークスが勝利しリーグ優勝を決めたとき、また、勝利して日本一を決めたときは、3番まで流される。これは、歌詞の意味を考慮してあるためであり特別仕様となる。この形態は、平和台球場時代から現在まで続いている。なお、2011年2014年のクライマックスシリーズ優勝時には、2番までしか流されていない。

2008年5月24日ヤフードームでの日本生命セ・パ交流戦、ソフトバンク対阪神戦にて、ダイエーホークス時代のユニフォームが復刻された際に7回裏のラッキー7でダイエー時代の「いざゆけ若鷹軍団」が4年ぶりに球場内で流された。その後、2014年8月19日、8月20日の「福岡クラシック」でも流された。

2011年の日本選手権シリーズ第7戦終了後、および2017年の日本選手権シリーズ第6戦終了後、ホークスが勝利して日本一を達成したため、本来ならば3番まで福岡ドーム内で流される筈であった。しかし、従来の勝利した場合と同じ2番までしか流さなかったために、批判を浴びた。なお、ダイエー時代、2003年の日本一達成時には、3番まで流されている。

1番の歌詞の第7節目に関して[編集]

1番の歌詞の第7節目は、ダイエー時代は「栄光めざし」だったが、ソフトバンクに身売り後「栄光めざし」となっている。これには「歌詞を勝手に変えたのではないか」と言う憶測などもあるが、実際は歌詞の誤植が原因で浸透してしまったためであり、正式には現在も「栄光めざし」のままである。

「いざゆけ若鷹軍団」において、第1節目から第8節目までは七五調を採っており、3番まで字余りがない。作詞者の原歌詞では七音である「栄光めざし舞い上がれ」となっている。その後「栄光めざしはばたけよ」と変更された。

歌詞を「栄光をめざし」とすると八音となり、字余りが起こる。奇数の節で字余りが起こると不自然となる。また、曲においても「こう」の部分がスラーのある四分音符2つとなっており、七音に合わせた曲調となっているため、「栄光めざし」の歌詞が正しい事を裏付けている。

2014年8月19日および8月20日の「福岡クラシック」埼玉西武ライオンズ戦の際にも、ダイエー時代のいざゆけ若鷹軍団が流されたが、そのときの字幕表示は「栄光をめざし」となっている[9]

2014年8月20日、球団の公式Twitterで「元々の楽譜では「を」があったようなのです」と発言があったが[10]、推定的であり明確に出典も示しておらず、真相は不明である。

その他[編集]

  • ホークスの地元である福岡では、テレビラジオでホークスの話題になると、必ずと言っていい程BGMにこの歌が流れ、さらにファンを中心にカラオケでもよく歌われ[11]、会社の宴会では『ソフトバンク』の部分を『自社の社名』に替え歌にする曲のひとつであり[1]、福岡県民にとっては福岡県を代表する歌となっている。
  • ダイエーが親会社だった頃はダイエーのみならずグループ各社(マルエツBig-Aローソン等の店舗)の店内でこの曲を繰り返し流していたため、地元以外でもプロ野球に詳しくない主婦層を含め馴染みが深い曲でもあった。ソフトバンクに身売りした現在は「ホークス応援感謝セール」の時だけ流れるほか、小売店ではソフトバンクホークスとパートナー契約を結んでいるチヨダ系店舗(東京靴流通センターなど)で流れることがある。
  • ドカベン プロ野球編』の第1巻には、福岡ダイエーホークスに入団した岩鬼正美が、帽子をかぶったままでこの歌を歌いながら洗髪するシーンがある。
  • 福岡吉本から東京へ進出した博多華丸・大吉が、東京の舞台での出囃子にこの曲のイントロを流している。
  • 全国緑士グループが応援の音頭を取る試合の場合、「ダイエー」や「ソフトバンク」の部分を「南海」に言い換えて歌われることが多い。
  • TOKYO MXで放送されているホークス戦中継FOX SPORTS ジャパンで放送されているBASEBALL CENTERニコニコ動画プロ野球チャンネルでの中継では、ホークスのラッキー7開始前の様子をノーカットで放送する際にもこの曲が字幕付き(歌詞は1番を使用)で流れている。
  • 2014年11月16日に実施された福岡市長選挙のキャンペーンソングに、この歌の替え歌「いざゆけ福岡市長選」を福岡市選挙管理委員会が球団の許可を得て制作し、CMや街頭宣伝において使用した[12][13]
  • ホークスのお膝元である博多を舞台にした作品の『博多豚骨ラーメンズ』に登場する主人公の馬場善治は、着信メロディにこの曲を設定している。
  • スピッツのボーカル、草野マサムネがこの曲をカバーしており、YouTubeに上がっていたことがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “飛翔 新生ホークス「応援歌変えないで ファン、消滅を危ぐ」”. 西日本新聞社. (2004年12月17日). オリジナルの2005年3月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20050316001339/http://www.nishinippon.co.jp/nishispo/hawks/04shinsei/kanren/20041217.html 2017年4月14日閲覧。 
  2. ^ いざゆけ若鷹軍団、ワードBOX(西日本新聞)、2004年12月17日更新。
  3. ^ 2002年版と2003年版の選手別応援歌CD(共に発売元はTAD'S LABEL。CD品番は2002年版がTD-0002、2003年版がTD-0003)に収録されている。
  4. ^ 『読売新聞』2002年3月5日付西部本社夕刊8面。
  5. ^ 『毎日新聞』2003年3月22日付25面(福岡)。
  6. ^ 『スポーツニッポン』2004年3月2日付4面。
  7. ^ 森口博子 featured FULL MONTY「福岡ダイエーホークス いざゆけ若鷹軍団」2003年3月26日発売。発売元はパイオニアLDC、CD品番はPICL-0035。
  8. ^ 『日刊スポーツ』2013年3月7日付(大阪)。
  9. ^ https://www.youtube.com/watch?v=sMCfQgBNLg0
  10. ^ HAWKS_officialのツイート(502420005565120513)
  11. ^ 『日刊スポーツ』西部本社2004年12月11日付。
  12. ^ 投票へ♪いざゆけ 若鷹軍団替え歌を市選管が作成(西日本新聞)
  13. ^ https://www.youtube.com/watch?v=OjfAEZRMa9I