熱き星たちよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熱き星たちよ
ザ・ベイスターズ(高尾直樹)の楽曲
リリース 1992年
ジャンル 球団歌
レーベル ポニーキャニオン
作詞者 秋谷銀四郎
作曲者 朝倉紀幸
その他収録アルバム

  • 『横浜ベイスターズ’98リーグ優勝記念オフィシャルCD 〜 VIVA YOKOHAMA』(1998年)
  • 『横浜ベイスターズ・オフィシャルソング Special Edition』(2004年)

熱き星たちよ」(あつきほしたちよ)は、日本プロ野球セントラル・リーグに所属する横浜DeNAベイスターズの球団歌。1992年平成4年)発表・制定。作詞・秋谷銀四郎、作曲・朝倉紀幸

解説[編集]

横浜大洋ホエールズの親会社であった大洋漁業(現・マルハニチロ)が1993年(平成5年)に「マルハ」へ社名変更するに当たり、球団についても企業名を外した横浜ベイスターズへ改称したことに合わせ1977年昭和52年)制定の旧球団歌「行くぞ大洋」に代わる新球団歌として制定された。オリジナルの編曲は矢賀部竜成、歌唱は高尾直樹(ザ・ベイスターズ名義)が担当している。

横浜ベイスターズは2002年(平成14年)のシーズンオフにマルハから東京放送(TBS)へ譲渡された際は球団名を維持したが、2011年(平成23年)のシーズンオフにディー・エヌ・エー(DeNA)がTBSから買収して19年ぶりに企業名を含む球団名となった。しかし、本曲に関しては福岡ソフトバンクホークスの「いざゆけ若鷹軍団」と同様、前身球団が使用していたものに若干の歌詞変更を加えたのみで引き続き使用されている。

横浜スタジアムの最寄り駅であるJR東日本関内駅では2011年6月2日から(当初はプロ野球シーズン中のみ)、横浜市営地下鉄の関内駅では2012年4月3日から、横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅では2013年4月2日から、それぞれ本曲を発車メロディに使用している。

2012バージョン[編集]

横浜DeNAベイスターズとなった初年である2012年(平成24年)、同年のシーズンより監督に就任した中畑清と、三浦大輔森本稀哲高崎健太郎石川雄洋アレックス・ラミレスの所属選手5名が歌唱する「2012バージョン」が発表された。DeNAの球団買収当初は新球団歌の制定も検討されたが、球団のキャッチフレーズとして「継承と革新」を掲げるに当たり本曲の継続使用が決定されたものである[1]。編曲・プロデュースは豊島吉宏(Maestro-T名義)が担当している。

歌詞は「横浜ベイスターズ」の部分を「DeNAベイスターズ」とする以外に大きな変更は無いが、曲調は原曲をディスコ&テクノ風にアレンジしたものとなっている[1]。また、2番のラストでコールが入る部分には「横浜」の地名が残されている。

なお、熱き星たちよはベイスターズの得点時、勝利時にベイスターズの私設応援団によりトランペット演奏され、ベイスターズファンがそれに合わせて歌うが、「横浜ベイスターズ」の歌詞の部分は「テンポが速まるから歌いにくい」、「親しまれている」といった理由もあるのか球団身売り後も変わらず歌っている。

2014年バージョン[編集]

2014年(平成26年)、前年に退団したラミレスと森本、それに高崎に変わって新たに金城龍彦久保康友黒羽根利規三嶋一輝トニ・ブランコアーロム・バルディリスをボーカルに加えた新バージョンを制作。同年3月7日のオープン戦から使用され、同年4月1日に全国発売された。[2]前奏・間奏・アウトロにあった英語のセリフがブランコ・バルディリスの使用言語であるスペイン語に変更された(なお、同年の球団所属の外国人選手は台湾出身の陳冠宇を除いて全員がスペイン語圏出身の選手である)。

2015Version[編集]

2015年(平成27年)、前年に退団した金城とブランコ、また久保、三嶋に変わって山口俊筒香嘉智山崎憲晴梶谷隆幸ギジェルモ・モスコーソに加え新入団のホセ・ロペスをボーカルに加えた新バージョンが制作された。過去2作同様、3月31日に全国発売。[3]またこの年は、チームが掲げる横浜DeNAベイスターズの「第二幕の始動」、ということに関連して、過去作を若干アレンジした、新テイストの曲調になっている。また前作では前奏・間奏・アウトロにおいてスペイン語だったのが、2012バージョン以来、英語に戻っている。

2016Version[編集]

2016年(平成28年)、同年のシーズンより監督に就任したアレックス・ラミレスがレコーディングへ3年ぶりにカムバック。山口俊三浦大輔石川雄洋梶谷隆幸筒香嘉智と初参加の山﨑康晃嶺井博希の所属選手7名とともに2016バージョンが2月の沖縄春季キャンプ中に収録された。プロ野球開幕の3月25日からオフィシャルショップを始め一斉発売。球団創立5周年目のDeNAが掲げる地域密着をより前面に押し出した形で、横浜ベイスターズ発足時から変わらず受け継がれてきた前奏とアウトロの歌詞の一部のみが変更される事となった(アレックス・ラミレス監督が歌う導入部『Welcome to Your YOKOHAMA DeNA BAYSTARS !』が勝利後のヒーローインタビューで馴染み深い『I☆YOKOHAMA 』に。アウトロ最後の『Go BAYSTARS Go !』が『Go BAYSTARS ! VICTORY !』に変更となった)。 なお、収録時のメンバーで開幕ベンチ入りを果たしていたのは、筒香嘉智、山﨑康晃、アレックス・ラミレス監督だけであった。

2017ヴァージョン[編集]

アレックス・ラミレス筒香嘉智山﨑康晃2016年に続きレコーディングに参加。初収録での参加は、石田健大今永昇太倉本寿彦戸柱恭孝桑原将志。アレックス・ラミレス監督が歌う導入部『Welcome to Your YOKOHAMA DeNA BAYSTARS !』が再び復活。アレックス・ラミレス監督自らが考えた2017年シーズンスローガンでもある『THIS IS MY ERA.』の雄叫びから選手の歌へ突入し、フィナーレもこの『THIS IS MY ERA.』をもって締めくくられる。

2018ヴァージョン[編集]

アレックス・ラミレス筒香嘉智山崎康晃石田健大今永昇太桑原将志2017年に続きレコーディングに参加。初収録での参加は、濱口遥大柴田竜拓高城俊人宮崎敏郎。冒頭部分では、2016Version以来のアレックス・ラミレス監督の『Ladies and gentleman, I☆YOKOHAMA』の歌詞が復活。アウトロ最後の部分では、前年に引き続いて本年度のチームスローガン("Victory is within us.")をもって締めくくられる。

脚注[編集]

  1. ^ a b “中畑監督も参加! 新星・横浜DeNAベイスターズ球団歌が完成!”. CDJournal.com (音楽出版社). (2012年3月15日). http://www.cdjournal.com/main/news/nakahata-kiyoshi/43757 2012年10月14日閲覧。 
  2. ^ 4/1(火)横浜DeNAベイスターズ球団歌CD『熱き星たちよ 2014VERSION』発売決定!
  3. ^ [1]

関連項目[編集]

先代:
行くぞ大洋
(1977年 - 1992年)
横浜DeNAベイスターズ
球団歌
2代: 熱き星たちよ
(1992年 - 現在)
次代:
-