地平を駈ける獅子を見た

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
埼玉西武ライオンズ > 地平を駈ける獅子を見た
地平を駈ける獅子を見た
松崎しげるシングル
初出アルバム『『NEW BEST ONE』』
B面 Let's Go Lions
リリース
規格 シングルレコード
8センチCD盤の再発売あり)
ジャンル 球団歌, 応援歌
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 作詞:阿久悠
作曲:小林亜星
チャート最高順位
テンプレートを表示

地平を駈ける獅子を見た』(ちへいをかけるししをみた)は、日本プロ野球パシフィック・リーグに所属する埼玉西武ライオンズの球団歌である。作詞:阿久悠、作曲:小林亜星、編曲:高田弘、歌:松崎しげる1979年3月25日にビクター音楽産業(現ビクターエンタテインメント)よりEP盤レコードとしてシングル発売。1989年2月21日シングルCDとして再発売された。また、松崎しげるのベストアルバム『NEW BEST ONE』にも収録されている。

解説[編集]

1978年オフに福岡県福岡市平和台野球場)に本拠地を置いていたクラウンライターライオンズが西武グループに買収され「西武ライオンズ」が発足した際、先代の球団歌『君こそライオンズ』に代わり発表された。福岡県から埼玉県所沢市西武球場)にチームが移転し、心機一転を図る意味もあって阿久悠・小林亜星[1]といった豪華な顔ぶれによって曲が作られ、流行歌手である松崎しげるという当時としては異例のボーカル起用を行った。

歌詞には「ミラクル元年」という一節をおりこみ、また印象的に表現される空の、風の、地の、そして炎のは、西武ライオンズのチームカラーを表している。この配色はレオのマークとともに西武グループ全体のシンボルカラーとして活用されている(ライオンズカラー)。

ライオンズが優勝した際には西武百貨店西友PePeなど旧セゾングループ各社による優勝記念セールや西武鉄道所沢駅構内などにおいてヘビーローテーションでかけられるのが恒例となっており、毎年のように優勝していた黄金期(1982年~1994年)の時期には頻繁に流れていた。現在はメットライフドームでの試合開始前等に場内外で流れる他、5回の攻撃開始時(1コーラス)、ライオンズの得点時(Bメロ以降のみ)や9回裏の攻撃時にビクトリーフラッグを振りながら合唱するなどして使用されている。2017年からはライオンズ勝利時にフルコーラスで流れている(その際スコアボードには歌詞テロップが表示されている)。

廣済堂出版ホームラン』編集で毎年発売されている「12球団全選手カラー百科名鑑」では、各球団ごとに球団歌を掲載するのが基本であるが、西武に関してはこの曲ではなく1996年に発表された応援歌「吠えろライオンズ」の方を掲載している[2]

ライオンズが4年ぶりの日本一に輝いた翌日の2008年11月10日、西武百貨店池袋本店にて行われた日本一記念セールのオープニングセレモニーに松崎しげるが登場し、この曲をフルコーラスで生歌唱した。

カップリング(B面)は「Lets Go Lions」で、長戸大幸作曲のインストゥルメンタルの楽曲に「Lions! Lions!」と連呼したり「L! I! O! N! S! Lets Go! Lets Go! Lions!」というコーラスが入るものだった。これは「TVSライオンズアワー」で1980年代一時期のエンディングテーマソングとして使われた時代があった。また同曲のエンド部を「文化放送ライオンズナイター」で1988年までCM前のジングルとして使用していた。

プロ野球以外でにおける使用例では、ももいろクローバーZのライブで、松崎しげるがこの曲に合わせてサプライズ登場したことがある。

40thバージョン[編集]

2019年に埼玉西武ライオンズが誕生して40周年となるのを記念して、2017年に本曲をリミックス・新録した『地平を駈ける獅子を見た(40thバージョン)』(歌:松崎しげる)と『地平を駈ける獅子を見た(Fan-MIX)』(歌:BLUE LEGENDS)がそれぞれ制作され、同年11月23日に開催された「LIONS THANKS FESTA 2017」にて前述の新曲2曲(+カラオケバージョン)と原曲の計5曲を収録した球団歌CD『地平を駈ける獅子を見た-埼玉西武ライオンズ球団歌40周年記念盤-』が限定販売された[3]。このCDはその後、2018年10月24日に徳間ジャパンコミュニケーションズより改めて一般流通盤として再発売された[4]

同時に、松崎が球団40周年PRアンバサダーに就任し[5]、2018年4月17日の対北海道日本ハムファイターズ戦(「ライオンズ・クラシック2018」、東京ドーム)、7月21日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(「ライオンズフェスティバルズ2018」、メットライフドーム)各試合終了後に出演してブルーのペンライトをバックに生歌唱した。

  1. 地平を駈ける獅子を見た (40thバージョン)
    歌:松崎しげる
  2. 地平を駈ける獅子を見た (Fan-MIX)
    歌:BLUE LEGENDS
  3. 地平を駈ける獅子を見た (1979オリジナルバージョン)
    歌:松崎しげる
  4. 地平を駈ける獅子を見た (40thバージョン オリジナルカラオケ)
  5. 地平を駈ける獅子を見た (Fan-MIX オリジナルカラオケ)

脚注[編集]

  1. ^ 阿久・小林コンビは、本作発表以前では『ピンポンパン体操』『北の宿から』といったヒット曲を送り出していた。
  2. ^ 球団歌ではなく応援歌を掲載する球団は、他に中日ドラゴンズ(2代目球団歌「勝利の叫び」、3代目球団歌「昇竜 -いざゆけ ドラゴンズ-」や最も著名な応援歌でありラッキーセブン演奏曲である「燃えよドラゴンズ!」ではなく、1997年発表の応援歌「嵐の英雄」を掲載)と東京ヤクルトスワローズ(2009年発表の球団歌「We Are The Swallows」ではなく、応援歌「青春のダイヤモンド」を掲載)がある。
  3. ^ 球団歌CD「地平を駈ける獅子を見た」~埼玉西武ライオンズ球団歌40周年記念盤~発売!”. 埼玉西武ライオンズ公式サイト (2017年11月18日). 2017年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月18日閲覧。
  4. ^ 地平を駈ける獅子を見た ー埼玉西武ライオンズ球団歌40周年記念盤ー”. 徳間ジャパンコミュニケーションズ (2018年10月24日). 2017年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月18日閲覧。
  5. ^ “松崎しげる、青い“松崎獅ぶる”に変身 笑撃ポスター公開「まさか青くなるとは…」”. ORICON STYLE (オリコン). (2018年6月25日). オリジナルの2017年11月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20181224160403/https://www.oricon.co.jp/news/2114367/full/ 2017年11月18日閲覧。 

関連項目[編集]

先代:
君こそライオンズ
(1973年 - 1978年)
惚れたぜライオンズ/ぼくらの憧れライオンズ
(1975年 - 1978年)
埼玉西武ライオンズ球団歌
3代: 地平を駈ける獅子を見た
(1979年 - 現在)
若き獅子たち~ウィー・アー・ザ・ライオンズ
(1986年 - 1995年)
吠えろライオンズ
(1996年 - )
次代:
-