ライオンズカラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レジェンドブルー(西武鉄道)
青・赤・緑の三色帯(西武バス)

ライオンズカラーとは、プロ野球埼玉西武ライオンズにおけるテーマカラーである。メインカラーは系で、事実上のコーポレートカラーとして、球団のみならず西武グループ各社のさまざまな施設に施されている。

概要[編集]

ライオンズカラーと称するデザインは、地に (RGB) の三色の帯を配したもの[1]、および「レジェンドブルー」と称する紺色系統のもの[2]の2種類が存在する。また、前者に用いられた青(水色)については「ライオンズブルー」とも称される[3]

白地に青・赤・緑の三色の帯を配した「ライオンズカラー」は、1978年昭和53年)の西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ[4])誕生とともに制定された、球団のチームカラーであった。同球団のユニフォームや、各種グッズにこのデザインが使用されたほか、西武鉄道グループにおけるイメージカラーとして傘下企業においても導入された。伊豆箱根鉄道ロープウェイ伊豆箱根バス近江鉄道の電車・バス、西武高原バス西武観光バス湖国バスのバス、西武ハイヤーのタクシーなどにおいて、白地に三色帯の「ライオンズカラー」が採用されている。

2009年平成21年)1月1日をもって、埼玉西武ライオンズのチームカラーは「レジェンドブルー」と称する紺色に変更された[5]。その後に導入された、西武観光バスが運行する夜行高速バス「Lions Express[6]や、西武鉄道が運行するライオンズデザイン電車「L-train[2]、近江鉄道が保有する900形電車[7]などにおいては、新たなライオンズカラーである「レジェンドブルー」を基調とした塗装が採用されている。

一方西武ライオンズはチームカラーをレジェンドブルーに変更して以降、一度もリーグ優勝を果たしていない。そのため水色基調のカラーリングの復活を求める声も多く、一部のファンからは「ライオンズブルーの呪い」とも呼ばれている[8]。これについて西武側はレジェンドブルーに変更して以降、球場のみならず普段使いでも違和感が無いカラーリングになったので、一定の手ごたえはあると説明している[9]

色の詳細[編集]

白地に青・赤・緑[編集]

1978年(昭和53年)に、西武鉄道グループの中核企業であった国土計画(後のコクド)が、プロ野球・クラウンライターライオンズを買収した際、新球団名「西武ライオンズ」やキャラクターの「レオ」とともに定めたものが、白地に青・赤・緑の三色の帯を配した初代の「ライオンズカラー」である。

上から「空の青」「獅子(選手や社員)の情熱を現す赤」「大地(もしくは球場の人工芝)の緑」という順番になるので必ず上から青・赤・緑の順番で使用されることになっている。また、球団歌「地平を駈ける獅子を見た」でも「空青く 風白く 地は緑 炎の色の獅子を見た」と、白地に青赤緑のライオンズカラーが歌われており、それぞれの色の意味が盛り込まれている。

球団カラーが「レジェンドブルー」へ変更となったのちも、西武鉄道が保有する電車の一部(4000系電車8500系電車[1]や、西武グループ各社のバスタクシーなどの車体塗装として用いられる。

その他、前述の通り、三色帯のうち青(水色)については特に「ライオンズブルー」と称され[3]、ライオンズ球団のイメージカラーとして長年親しまれたほか[10]、西武鉄道の電車の帯色(6000系電車20000系電車[3]や、伊豆箱根鉄道の電車の基調色(3000系電車など)としても用いられる。

レジェンドブルー[編集]

埼玉西武ライオンズ球団の前身である西鉄ライオンズにおいて用いられた黒と、西武ライオンズのチームカラーであった青(水色)との融合をコンセプトとして[5][10]、2009年(平成21年)より埼玉西武ライオンズのチームカラーとして採用されたものが、「栄光の青」を意味する[10]「レジェンドブルー」と称する紺色系統のカラーで、これが2代目のライオンズカラーである[5][10]

同年のシーズンより球団のユニフォームや各種グッズの基調色が「レジェンドブルー」へ変更されたほか[11]、前述の通り夜行高速バス「Lions Express」[6]などの高速バスや、西武バスの路線バスの一部にラッピングがされている。

また、近江鉄道の定期観光バス(2014年に新規に参入した京都定期観光バスを含む)[12]、西武鉄道のライオンズデザイン電車「L-train」[2]および近江鉄道900形電車などの基調色として、チームカラー変更と同時に新たに制定された球団のペットマークとともに用いられている。

その他の西武グループ等[編集]

西武百貨店(旧西武流通グループで後のセゾングループ)では、「青・赤・白」、「青・緑」の配色を用いてきた。

西武ホールディングス傘下には、西武鉄道の新ロゴ(2007年 - )と同じものを用いて統一している企業もある(西武バス西武プロパティーズ西武建設など)。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「私鉄車両めぐり(169) 西武鉄道」(2002) p.259
  2. ^ a b c 埼玉西武ライオンズロゴとレジェンド・ブルーにデザインされた3000系車両「ライオンズデザイン電車」運行開始! (PDF) - 西武鉄道・埼玉西武ライオンズ共同ニュースリリース(2010年7月8日) 2013年7月11日閲覧
  3. ^ a b c 「西武鉄道の一大転換期 激動の1980年 - 1990年代を振り返る」(2011) p.46
  4. ^ 会社名は「埼玉」が付かず単に(株)西武ライオンズ
  5. ^ a b c 新ペットマーク・チームネームロゴについて - 埼玉西武ライオンズ公式 2009年1月1日配信 2013年7月11日閲覧
  6. ^ a b 夜行高速バス 福岡 - 横浜・池袋(大宮)線「Lions Express」 デザイン決定! (PDF) - 西鉄高速バス・西武観光バス共同ニュースリリース(2011年12月1日) 2013年7月11日閲覧
  7. ^ 近江鉄道ミュージアムで特別公開 - railf.jp 交友社 2013年6月16日配信 2013年7月11日閲覧
  8. ^ 西武ナインもがっかり?ライオンズブルー復活ならず サンケイスポーツ 2016年1月27日
  9. ^ 西武にライオンズブルーが復活しない理由・・・思わず納得 サンケイスポーツ 2014年11月26日
  10. ^ a b c d 西武カラー 西鉄と融合のレジェンドブルー - nikkansports.com 2009年1月1日配信 2013年7月11日閲覧
  11. ^ 出陣式・新ユニフォーム発表! - 埼玉西武ライオンズ公式 2009年1月28日配信 2013年7月11日閲覧
  12. ^ 京阪バス・近江鉄道バス共同運行『築城410 年 国宝彦根城と井伊家ゆかりの地をめぐる』京都発着・定期観光バス 1日24名限定!説明内写真。2017年5月24日配信 2017年6月3日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]