西武B11形蓄電池機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西武B11形蓄電池機関車(せいぶB11がたちくでんちきかんしゃ)は、かつて西武鉄道山口線で運用された蓄電池機関車である。

5両(11 - 15)が存在していた。

概要[編集]

元々山口線は1950年(昭和25年)、多摩湖ホテル前駅とユネスコ村駅を結ぶ単線「おとぎ線」を走る「おとぎ列車」という名称の遊戯施設で軌間762mmの「軽便鉄道」であり、地方鉄道法に基づく地方鉄道に転換、「山口線」と改称したのは1952年(昭和27年)のことである。1950年のおとぎ線開業時の機関車はB1形の1両のみであったが、B1形の増備車としてB11形が製造された。

B11形のうち、111951年中島電気自動車製、12 - 15西武所沢車両工場製である[1]。各車両の共通の外観は、丸みを帯びた凸形であり、前面窓は3枚。ボンネット前面に前照灯が1個、2つの通風口がある。屋根上には警笛代わりの鐘が設置されている。

11と12 - 15は若干形状が異なり、全長は、11が5,000㎜、12 - 15が4,880㎜。12 - 15は11と比べて丸みを帯びている。11 - 14には台車を隠すスカートがつけられていたが、後に撤去されている(15は製造当初からスカートは取り付けられなかった)。

機関はSKS15形モーター(15PS)を2基であり、これを ユアサバッテリー製のバッテリー(80V)2基[2]で動かしていた。

山口線は案内軌条式鉄道新交通システム)となることになり、1984年(昭和59年)5月14日に営業休止。翌日に全車廃車となる。

主要諸元[編集]

  • 全長:5,000mm(11) 4,880mm(12 - 15)
  • 全幅:2,040mm
  • 全高:2,710mm
  • 重量:10.0t
  • 電気方式:蓄電池80V×2
  • 軸配置:B
  • 主電動機:SKS15形×2基
  • 動力伝達装置:吊り掛け式
  • 制御方式:蓄電池直並列組み合わせ抵抗制御
  • ブレーキ方式:電気ブレーキ

山口線からの撤退後[編集]

  • 11・12・14は解体されたが、13と15は大井川鉄道(現大井川鐵道)に譲渡される。しかし762mmゲージの路線を持っていない同社では運用されることなく、千頭駅構内や崎平駅に放置されていた。これは川根両国駅付近に遊園地を造る計画が存在したため、そこで使用する予定であったという[3]。その後浜松市内の宗教団体の「ハレルヤコミュニティーチャーチ」に譲渡されており、施設内にその姿を確認できるが、塗装などは変更されている。時折、施設の入口前に敷かれた線路を同じく旧山口線の客車一両を牽引し、往復する姿を見ることが出来る。

脚注[編集]

  1. ^ 12は1957年、13・14は1958年、15は1960年製造。
  2. ^ 蓄電池を充電するのに10時間かかったという。フル充電で走行可能な距離はおよそ40kmと推測される。
  3. ^ DRFC-OB デジタル青信号 ゲテモノは遊覧のためか?。また、大井川鉄道の資料館にも、当機関車の記述や資料等は残っていない。