西武E31形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SeibuRailway mark.svg 西武E31形電気機関車
E31形電気機関車 E34(2007年9月1日 / 南入曽車両基地)
E31形電気機関車 E34
(2007年9月1日 / 南入曽車両基地)
基本情報
運用者 西武鉄道
製造所 西武所沢車両工場
製造年 1986年 - 1987年
製造数 4両
引退 2010年
主要諸元
軸配置 B-B
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1500V架空電車線方式
全長 10,950 mm
全幅 2,740 mm
全高 4,200 mm
機関車重量 40.7 t
台車 DT20A
動力伝達方式 1段歯車減速、吊り掛け式
主電動機 MB-146D形×4基
歯車比 19:64=1:3.41
制御方式 重連総括制御
抵抗制御、直並列2段組合せ制御
制御装置 電磁空気単位スイッチ式
制動装置 EL14AS直通兼自動空気ブレーキ
手ブレーキ
定格速度 33.0km/h (1時間定格)
定格出力 520kW (1時間定格)
定格引張力 5,300kg (1時間定格)
テンプレートを表示

西武E31形電気機関車(せいぶE31がたでんききかんしゃ)は、西武鉄道が使用していた車軸配置B-Bの小型直流電気機関車である。

1986年昭和61年)から翌1987年(昭和62年)にかけて、自社所沢車両工場で、E31 - E34の4両[1]が製造された。当時、同社が多く保有していた古典輸入機関車の置き換え用として製造された。

概要[編集]

西武鉄道に在籍した電気機関車として本形式は2代目であり、初代1948年(昭和23年)に東芝で3両が製造された凸型機を模倣して、自社工場である所沢車両工場で1955年(昭和30年)に新製された1両が後年の改番に際してE31形の形式称号を付与されたものであったが、1963年(昭和38年)に他社に譲渡され、形式消滅している。

外観は西武鉄道の在来大型機関車であるE851形のデザインラインを継承して小型化したともいうべき形状で、側面機器室の上部には電気機関車には珍しく大型の窓が4つ並んでおり、その下には大型フィルターが付いている。

台車1983年(昭和58年)まで国鉄飯田線で運用されていた80系電車廃車発生品であるDT20A形を履いており、主電動機も351系で使用されていたものを転用した130kWの直流電動機を4基搭載し、吊り掛け式を採用している。釣り合い管の引き通しがあるため、重連総括制御が可能である。

塗装は、クリーム色に朱色の3本の帯というE851形の塗装を反転させたようなデザインになっている。また、電車用台車を使用したことで、ともすれば腰が低すぎ「短足」に見えるのを補う目的で、車体下部を黒く塗りつぶし、外観のバランスをとっている。

運用[編集]

さよならイベントの撮影会の様子(2010年3月)

西武鉄道時代[編集]

E31形は当初から保線用工事列車の牽引を主目的として製造された[2]。理由として、終電初電の間隔が短く保線基地が郊外にある西武鉄道の線路保守作業において、当時速度が遅いモーターカーで終電後に線路閉鎖して郊外から資材運搬し作業するのは非効率的で不適とされたが、電気機関車は速度が出て営業時間内に本線上を走行可能で工事列車として運行できるなど、効率的な運用面が有用と判断されたからである[2]。運用は多くの場合2両1組のプッシュプル編成で事業用として社線内の車両輸送や工事列車でバラスト散布車の牽引など、他に貨物輸送廃止以前はE851形の代走として貨物列車の牽引も行っていた。しかし保線車輌の急速な進歩により2006年度に西武新宿線、2008年度に西武池袋線の工事列車が相次いで廃止されたことで用途が狭められ、2000年代後半以降は新秋津駅からの車両輸送が主な用途となった[2]

2008年10月4日、交換時期を迎えた機器類の調達が困難になったことを理由に、2008年平成20年)度内に西武鉄道での運用を離脱すると、一部メディアで報道されたことがあった[3]。しかし実際には、2009年(平成21年)1月31日付で廃車となったE33[4]を除く3両は、2009年に入ってもそれまで通り車両輸送に使用されていた[5]

本形式の置き換え用として、車両牽引用は2007年(平成19年)に101系を全電動車化した4両編成 (263編成)が登場し、工事列車(バラスト散布車牽引)は2008年度中に全てモーターカーとなった。工事用途で使用していた貨車・ホキ81形とトム301形は2008年10月31日付けで全車廃車となっている[6]

運用終了の理由として他に「西武鉄道社内における電気機関車の操縦資格を持つ運転士の減少」[7]や「多数の車種を維持するのは困難」[8]が挙げられていた。

2010年(平成22年)3月15日、E31形全機の運用終了が発表され、3月28日さよなら運転横瀬 - 西武秩父間で実施された[9]。同年3月31日付けでE31・E32・E34の3両が廃車となり、形式消滅となった[10]。唯一、E31[11]のみ西武鉄道で保存されることが報道された[7]

車両展示事例[編集]

本形式は通常横瀬車両基地に留置されていたが、同所で毎年10月上旬に開催される「西武トレインフェスティバル」の他、毎年8月下旬には南入曽車両基地に向かい、そこで開催される「南入曽車両基地 電車夏まつり」で展示車両として使用していた。

  • 2008年8月29日の「南入曽車両基地 電車夏まつり」では、本形式の運転台が公開されたほか、公開された車両に「E31 小江戸 KOEDO」の特製ヘッドマークが装着された。
  • 2009年10月4日の「西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬」では、当時第1会場だった横瀬車両基地ではなく、第2会場の西武秩父駅の2番線側中線で展示された。

大井川鐵道時代[編集]

千頭駅構内に留置中のE31形E33(2014年5月)

本形式は当初貨物輸送を行う私鉄への譲渡予定が発表されていた[12]が、実際は異なり貨物営業のない大井川鐵道2010年9月に3両 (E32 - E34)[11]が譲渡された[7][11][13]

大井川鐵道向けには、同月10日から13日にかけて横瀬車両基地から新金谷車両区までトレーラーによる陸送で輸送されている[7][11]。大井川鐵道での用途は老朽化した電気機関車[14]の置き換えで、大井川本線にてSL急行補助機関車を務める予定である[8]

出力が在来機よりも低いことや法令手続き・整備等の関係から運用開始時期が未定[8][13]とされ無車籍の入換用車両として使われるに留まっていた[15]が、譲渡から6年以上経過した2017年4月30日ニコニコ超会議にて同年度内の整備実施と営業運転投入が発表された[16]

現時点では3両とも入線後にスノープラウを撤去された以外は、西武時代の外見を保っている。2017年7月21日にE34が整備を終え、再塗装やスノープラウの再装備を行い本線試運転を行った。自力で本線を走行するのはこれが初めてのこととなる。同年10月15日から、E34が営業運転を開始する予定である[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 車番の世代としてはE31は3代、E32は4代、E33は2代、E34は初代である。
  2. ^ a b c 西武鉄道E31形ファイナルランへ。”. 鉄道ホビダス. ネコ・パブリッシング (2010年3月16日). 2010年11月9日閲覧。
  3. ^ 西武「E31形」年度内に引退へ 5日の横瀬車両基地イベントに登場”. MSN産経ニュース (2008年10月4日). 2008年10月31日閲覧。
  4. ^ 鉄道ダイヤ情報』2009年7月号 交通新聞社
  5. ^ 伊豆箱根鉄道向け101系が回送される”. railf.jp (2009年4月25日). 2009年4月25日閲覧。
    RM NEWS【JR貨+伊豆箱根+西武】西武101系 伊豆箱根鉄道へ譲渡”. 鉄道ホビダス. ネコ・パブリッシング (2009年5月12日). 2009年5月12日閲覧。
    流鉄色となった新101系が出場”. railf.jp (2009年6月18日). 2009年6月25日閲覧。
    白色の西武101系,小手指まで回送される”. railf.jp (2010年2月23日). 2010年2月24日閲覧。
  6. ^ 『鉄道ダイヤ情報』2009年4月号 交通新聞社
  7. ^ a b c d 引退の西武機関車、現役復帰へ 大井川鉄道に3両譲渡 - マイタウン埼玉”. asahi.com朝日新聞社) (2010年9月11日). 2010年9月11日閲覧。
  8. ^ a b c 電気機関車 第二の舞台へ - YOMIURI ONLINE(読売新聞) 静岡 2010年9月14日
  9. ^ 3月28日(日)「E31形電気機関車 さよならイベント」を開催します。 (PDF)
  10. ^ 『鉄道ダイヤ情報』2010年7月号 交通新聞社
  11. ^ a b c d E31形3両大井川鐵道へ陸送される”. railf.jp (2010年9月13日). 2010年9月14日閲覧。
  12. ^ ネコ・パブリッシング『Rail Magazine』2010年4月号
  13. ^ a b 鉄道ニュース「大井川鐵道 西武鉄道よりE31形電気機関車を導入」 - 鉄道ホビダス(ネコ・パブリッシング)、2010年9月10日
  14. ^ 在籍車のE10形ED500形がそれぞれ1949年(昭和24年)・1956年(昭和31年)製造で老朽化が進行していた。
  15. ^ 2016年時点ではE33が下泉駅に留置され、E32とE34が新金谷車両区内で入換作業に使用されている。
  16. ^ 大井川鐵道公式Twitter:2017年4月30日のつぶやき
  17. ^ 西武E31形電気機関車が営業運転デビューします。 大井川鐡道 2017年9月4日