大井川鉄道cシキ300形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大井川鉄道cシキ300形貨車
シキ301 千頭駅にて
シキ301 千頭駅にて
基本情報
製造所 飯野産業
主要諸元
編成 1
軌間 1,067 mm
車両重量 11t
全長 11,000 mm
車体長 10,400 mm
全幅 1,790 mm
車体幅 1,700 mm
全高 1,967 mm
車体高 900 mm
制動装置 自動空気ブレーキ
テンプレートを表示

大井川鉄道cシキ300形貨車(おおいがわてつどうcシキ300がたかしゃ)は大井川鐵道に所属する大物車

概要[編集]

1954年昭和29年)に井川線の前身である中部電力専用線において、井川ダム建設の際に発電機変圧器の大型機材を輸送する必要があったため、飯野産業で2両が製造された。2軸ボギー低床式大物車である。

全長11m・自重11t・車体幅1,700mmと小型ながら、荷重25tで名実ともにシキである[1]。最大幅は台車の揺れ枕部分の1,790mm。荷台高さはレール面から900mmで、最大高は手ブレーキのハンドルの高さである1,967mmとなっている。井川線に在籍する全車両に装備されている、アプト式区間通過対策のための制御車からの制御引き通しは設けられていない。

私有貨車で、車籍は大井川鐵道に所属するが、所有者は中部電力である。

1972年(昭和47年)10月に302は廃車されたが、301は普段車庫に留置されている。大物車の特性から、土砂崩れの復旧工事等に必要な重機を運搬するために使用されたことがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国有鉄道荷重表示記号で「キ」は荷重25t以上を示す。同社のcトキ200形も形式は「キ」だが、荷重は16tで「ム」級である。

参考文献[編集]