国鉄シキ610形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄シキ610形貨車
シキ611(高松駅)
シキ611(高松駅)
基本情報
製造所 日本車輌製造
製造年 1962年(昭和37年)
製造数 5両
常備駅 新芝浦駅塚口駅
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 32,910 mm
全幅 2,770 mm
全高 3,478 mm
荷重 B1梁240t、B2梁235 t
自重 94.8 t
換算両数 積車 26.5
換算両数 空車 9.5
台車 NC-4A(8台)
最高速度 (空車時)75km/h
(積載時)45 km/h
備考 寸法・質量のデータは特記がない限りB1梁装着時のもの
テンプレートを表示

国鉄シキ610形貨車(こくてつシキ610がたかしゃ)は、1962年(昭和37年)から1976年(昭和51年)にかけて5両が製造された日本国有鉄道大物車である。

概略[編集]

日本車輌製造支店で1962年(昭和37年)6月20日から1976年(昭和51年)4月12日にかけて5両が製造された大型の変圧器を輸送するための貨車である。積載方法は吊り掛け式で、最大で240 t または、235 t までの変圧器を搭載することが出来る。車籍は当初日本国有鉄道であったが、1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化に際しては、シキ612を除く4両の車が日本貨物鉄道(JR貨物)へ継承された。

構造[編集]

外見的にはシキ600形と酷似しており、ほとんど区別をつけることはできない。荷受梁はシキ600形と同様にガーダー構造を採用している。台車は釣合梁式3軸ボギー台車NC-4A形を合計8台24軸備えている。空気ブレーキはK弁とUC形シリンダーを組み合わせた手動積空切り替え方式のものである。

荷受梁は交換可能な構造となっている。荷受梁は2種類あり、東芝・日立製作所富士電機の3社用のものをB1梁、三菱電機用のものをB2梁として区別する。これは、前者3社用の荷受梁のヒンジ形状が同じであったが、三菱電機用のもののみヒンジ形状が違っていたためである。

B1梁・B2梁装着時の違い
車体長(空車時) 最大積載重量
B1梁 32,210 mm 240 トン
B2梁 33,100 mm 235 トン

B1梁・B2梁装着時の違いは上の表の通りである。どちらも、運転最高速度は空車時75 km/h、積車時45 km/hである。

変遷[編集]

番号ごとの製作年・荷受梁の関係
大きな画像

トップナンバーのシキ610は、1962年(昭和37年)6月20日に製造された240 t積み吊り掛け式大物車で、東芝所有の私有貨車である。その後、重電メーカーが所有する変圧器輸送用の大物車は輸送頻度が少なかったことから、各社で大物車を共通利用することになり、日本通運所有の大物車としてシキ611からシキ614までが製造された。まず、シキ611用のB1梁・B2梁(シキ611B1・シキ611B2)が1971年(昭和46年)6月11日に製造され、続いて1973年(昭和48年)1月19日にシキ611B2を一旦除籍して、この梁に組み合わせる下回りを新規に製作してシキ612とした。同年7月から8月にかけて、シキ612用のB1梁が製作されてシキ612B1となり、元のシキ612の梁がシキ612B2となるとともに、さらにB1梁のみのシキ613が製作された。1976年(昭和51年)4月12日にB2梁専用のシキ614が製作された。

シキ611(B1梁を装着している状態・返却回送時に撮影。手前はヨ8629、牽引機はEF65 1043
  • シキ610
落成時は新芝浦駅常備。1981年(昭和56年)11月に末広町駅へ移動した。所有者は1983年(昭和58年)11月に東芝物流に名義変更され、2001年(平成13年)頃に廃車された。
  • シキ611
落成時は新芝浦駅常備。1982年(昭和57年)2月に末広町駅へ移動し、1986年(昭和61年)3月に小山駅へ移動して2009年4月時点では現存しているが[1]、2017年時点でも存在が確認され、運用中である[2]
  • シキ612
落成時は塚口駅常備。1978年(昭和53年)6月に西浜信号場へ移動した。B1梁・B2梁ともに1987年(昭和62年)1月12日に廃車となった。
  • シキ613
落成時は常陸多賀駅常備。1984年(昭和59年)2月に日立駅へ移動し、1991年(平成3年)2月に小山駅へ移動したが2005年(平成17年)3月に廃車となった。
  • シキ614
落成時から西浜信号場常備で、2001年(平成13年)7月に廃車となった。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 交通新聞社『JR気動車客車編成表2009』p.99
  2. ^ 交通新聞社『トラベルMOOK 貨物列車の世界』p.140

関連項目[編集]