越生鉄道キハ1形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

越生鉄道キハ1形気動車(おごせてつどうキハ1がたきどうしゃ)は、現在の東武越生線の前身である越生鉄道が新造したガソリンカーである。

概要[編集]

1932年(昭和7年)2月17日に部分開業した越生鉄道は、暫定的に砂利輸送を目的とした貨物運輸営業のみを行っていたが、1934年(昭和9年)12月16日の越生全通時に旅客運輸営業を始めることになった。

このためガソリン客車を用意することになり、1934年(昭和9年)7月31日に、ガソリン動力併用認可申請および車両設計認可申請を行い、同年9月11日にガソリン動力併用認可、10月25日に車両設計認可を受けた。車両製造は日本車輌製造東京支店に発注し10月に2両(キハ1、キハ2)が製造された。11月15日に車両竣功届を提出し、この2両体制で12月16日の越生全通に備えた。

その後乗客が増加し車両数が不足したため1935年(昭和10年)10月5日認可申請、同年12月3日認可、12月28日竣功届でキハ3形キハ3を増備し、3両体制となった。

キハ1形、キハ3形とも全長7,370mm、車体幅2,640mm、自重6.5tの半鋼製の4輪車で、定員40人(うち座席20人)、前面は2枚窓の平妻、配置は1D5D1(D:客用扉)である。キハ1形は機関がフォードB型で装架方式が両軸支え式、軸距が3,000mmであったが、キハ3形の機関はウォーケシャ6-MS型で機関装架方式は吊り下げ式、軸距が3,500mmという違いがある。キハ3形は、貨車の牽引を狙って機関の出力を増強しており、自重も7.5tとキハ1形に比べて1t増加した。ブレーキ装置はキハ1形では手用のみであったが、キハ3形は空気ブレーキも装備した。動力伝達方式は機械式である。

同形車には、相模鉄道キハ1形高知鉄道キハ101南総鉄道キハ103があり、屋根上通風器ガラリの有無、機関が異なる程度であった。キハ3は一連のシリーズの最後の製品である。

戦時体制となりガソリン不足から1942年(昭和17年)2月16日認可申請、7月10日認可でキハ1、キハ2に木炭瓦斯発生装置を取付し代燃車となった。しかし、エンジンの始動が困難で乗客も加わり押しがけしなければならず延発も頻繁であった。

1943年(昭和18年)7月1日に越生鉄道が東武鉄道買収され、同社の越生線となった後も使用されたが、越生線が1944年(昭和19年)12月1日に軍部により不要不急線とみなされ休止されると、キハ1、キハ2は栃木県荒針の中島飛行機の工員輸送に使用されることになった。太平洋戦争が終結した1945年(昭和20年)11月30日に越生線が復活することになり、キハ1・キハ2は再び越生線で使用された。戦後の越生線は利用客が激増し、蒸気機関車列車を投入するなど増発増結で対応していたが、1950年(昭和25年)7月24日電化され、キハ1、キハ2は使用されなくなった。同年4月3日車両番号変更届で、キハ1形キハ1、キハ2はキハ3形キハ3(2代)、キハ4に改番された[1]が、川越機関区に放置されたまま、1954年(昭和29年)に廃車となった。

キハ3(初代)は、戦時中に日産自動車に譲渡され、吉原の専用線で使用された後大井川鉄道に転じキハ10形(キハ11)と称していたが、実際は客車として使用され、1956年(昭和31年)に廃車された。

参考文献[編集]

  • 矢島秀一『懐かしい沿線写真で訪ねる東武東上線 街と駅の1世紀』、彩流社、2013年 ISBN 978-4-7791-1722-0
  • 新井良輔「想い出の越生鉄道」『鉄道ファン』No.47
  • 中川浩一「多彩をきわめた気動車群」『鉄道ピクトリアル』No.115(『鉄道ピクトリアルアーカイブス』No.23に再録)
  • 白井良和「大井川鉄道」『鉄道ピクトリアル』No.436
  • 湯口徹『内燃動車発達史』上下巻、ネコ・パブリッシング、2005年 ISBN 4-7770-5087-4 / ISBN 4-7770-5118-8
  • 国立公文書館所蔵『鉄道省文書』
    • 鉄道免許・越生鉄道(東武鉄道)2・昭和7~9年 本館-3B-014-00・平12運輸02085100
    • 鉄道免許・東武鉄道・昭和10~17年 本館-3B-014-00・平12運輸02067100
    • 地免・東武鉄道・昭和24~26年 本館-3B-013-00・平12運輸00146100

脚注[編集]

  1. ^ これは買収によりキハ1・2を名乗る車両が3両ずつ(他に上州鉄道からの車両、下野電気鉄道からの車両)あったためとされている