大井川鉄道スハフ500形客車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大井川鉄道スハフ500形客車
スハフ501 アプトいちしろ駅にて
スハフ501 アプトいちしろ駅にて
基本情報
製造所 大井川鉄道両国車両区
主要諸元
編成 1
軌間 1067 mm
車両定員 64
全長 11000 mm
車体長 10400 mm
全幅 1710 mm
全高 2690 mm
制動装置 自動空気ブレーキ
テンプレートを表示

大井川鉄道スハフ500形客車(おおいがわてつどうスハフ500がたきゃくしゃ)は、1972年昭和47年)に登場した、大井川鉄道(現・大井川鐵道井川線用の客車

概要[編集]

1957年(昭和32年)に中部電力専用線が大井川鉄道井川線として旅客営業を開始してから、観光客が増加したため、専用線時代からの7両の客車では乗客をさばききれなくなった。スロニ200形スロフ300形を新造して対処したが、それでも特に乗客が多い場合にはcトキ200形などの貨車を増結し、そのまま乗客を乗せることもあった。

一部の貨車にはポールを立てて屋根シートをかぶせられるように対処したものの、その後も恒常的に貨車を増結する状態が続いたため、1972年には正式に客車を増備することになり、製造されたのが本形式である。

cトキ200形の改造であるが、登場した時には無蓋車に屋根と外板を取り付けたものにベンチを外向きに並べて置いただけで、窓ガラスもない吹きさらしの車両であった。1976年(昭和51年)には窓ガラスを取り付け、スロフ300形と同様の客車スタイルに改造された。定員は64名で、そのうち座席定員は42名である。

窓は2段窓が並び、車内はロングシートである。暖房は設置されていない。 スハフ501~503の3両が在籍していたが、スハフ502はスロフ317へ更新改造されたため廃車となった。現在は501・503の2両のみ在籍(503は休車中)、近年は多客期の増結用として待機していることが多い。

スハフ500形の車内

参考文献[編集]