大阪窯業セメントいぶき500形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いぶき500形電気機関車(1999年10月17日、大井川鉄道千頭駅にて撮影)

大阪窯業セメントいぶき500形電気機関車(おおさかようぎょうセメントいぶき500がたでんききかんしゃ)は、かつて大阪窯業セメント(大阪セメントを経て現在の住友大阪セメント)が伊吹工場専用線で使用していた直流用電気機関車である。同専用線廃止後は大井川鉄道(現・大井川鐵道)に譲渡され、同社でED500形電気機関車となっている。

概要[編集]

1956年日立製作所で2両が製造された50t箱形機で、近江長岡駅から分岐していた伊吹工場専用線で使用されていた。形式名の「いぶき」は同専用線の名の由来になった伊吹山から取られたもので、車両中央に大阪セメントの「ライオン印」が掲げられていた。同線のセメント輸送が1999年6月末限りでトラックに切り替えられ廃線となったため、大井川鉄道に譲渡され、ED500形ED501・502となった。

三岐鉄道三岐線西藤原駅に留置されている502

同社では2000年2月22日に竣工し、3月18日から運転を開始したが、2005年2月開港の中部国際空港埋立土砂輸送のため急遽三岐鉄道へ異動し、501は貸し出し、502は同社へ売却となり、2000年5月18日から三岐線での運用を開始した。

三岐鉄道では、中部国際空港埋立土砂輸送が終了した2002年10月29日付けで廃車となり、2003年3月18日に501は大井川鐵道(2000年10月に再編・改称)に返却され、502は西藤原駅構内で静態保存が行われた。502はその後2015年5月に保々へ移され、解体された。501は返却の際に「ライオン印」と車体裾の白帯が省略されている。

主要諸元[編集]

  • 全長:12600mm
  • 全幅:2700mm
  • 全高:3830mm
  • 機関車運転整備重量:50.0t
  • 電気方式:直流1500V(架空電車線方式
  • 軸配置:B-B
  • 台車方式:組立台枠
  • 主電動機:HS277-Br-16形×4基
  • 歯車比:16:76 (1:4.75)
  • 1時間定格出力:600kW
  • 1時間定格引張力:9000kg
  • 最大運転速度:65km/h
  • 1時間定格速度:23.8km/h
  • 動力伝達方式:1段歯車減速吊り掛け式
  • 制御方式:重連総括制御(三岐鉄道使用時)、抵抗制御、直並列2段組合せ制御
  • 制御装置:電磁空気単位スイッチ式
  • ブレーキ装置:EL14A空気ブレーキ、手ブレーキ、発電ブレーキ