黒部峡谷鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒部峡谷鉄道株式会社
THE KUROBE GORGE RAILWAY CO., LTD
Kurobe Gorge Railway Bridge near Kuronagi.jpg
黒部峡谷を渡る黒部峡谷鉄道の列車
種類 株式会社
略称 黒鉄(くろてつ)
本社所在地 日本の旗 日本
938-0293
富山県黒部市黒部峡谷口11番地
北緯36度48分53.3秒 東経137度35分8.2秒 / 北緯36.814806度 東経137.585611度 / 36.814806; 137.585611座標: 北緯36度48分53.3秒 東経137度35分8.2秒 / 北緯36.814806度 東経137.585611度 / 36.814806; 137.585611
設立 1971年5月4日
業種 陸運業
法人番号 7230001007642 ウィキデータを編集
事業内容 旅客鉄道事業
構内売店事業
受託事業(関西電力専用鉄道運輸施設の運転保全、黒部川電気記念館の管理運営)
代表者 取締役社長 鈴木 俊茂
資本金 2億5000万円
(2018年3月31日現在[1]
売上高 28億7053万円
(2018年3月期[1]
営業利益 △644万1000円
(2018年3月期[1]
純利益 5864万5000円
(2018年3月期[1]
純資産 12億7460万2000円
(2018年3月31日現在[1]
総資産 31億8221万6000円
(2018年3月31日現在[1]
従業員数 196人
(2018年3月31日現在[1]
決算期 3月31日
主要株主 関西電力 100%
(2018年3月31日現在[2]
外部リンク https://www.kurotetu.co.jp/
テンプレートを表示

黒部峡谷鉄道株式会社(くろべきょうこくてつどう、: THE KUROBE GORGE RAILWAY CO., LTD.)は、富山県黒部市に本社を置き、同県の黒部川沿いを走る黒部峡谷鉄道本線を運営する鉄道会社である。略称は黒鉄(くろてつ)。

概要[編集]

元々は日本電力日本発送電による黒部川電源開発のための資材運搬用鉄道であり、かつては便宜的に旅客を扱い、当時の切符には生命の保障はしない旨の注意書きがあった。日本国内では数少ない軌間762mmの特殊狭軌による鉄道路線[3]で、トロッコ列車(公式愛称は「トロッコ電車」)を運行している。

1971年7月に関西電力から分社化され、地方鉄道事業の譲渡を受けたもので、関西電力の100%子会社である。社紋は関西電力の社紋の中心にレールの断面を入れたものになっている(欅平駅の画像と公式ページを参照)。

鉄道事業のほか、宇奈月駅欅平駅などでのレストラン・売店の経営なども行う。

2013年には、台湾の阿里山森林鉄路との姉妹提携を結んでおり、お互いの使用済み乗車券を無料乗車券に交換する優遇措置のキャンペーンを実施している[4]。そのため、機関車の前面には、その姉妹提携を表示したヘッドマークが取付けられている。

2019年には、黒部市が誘致した大規模コンサート「ももクロ 春の一大事 2019」との連動企画で、ももいろクローバーZのヘッドマークの取付や、メンバー直筆の駅名スタンプの設置がなされた[5]

沿革[編集]

  • 1923年(大正12年) 日本電力(株)が発電所建設のための資材運搬用の専用鉄道として、宇奈月 - 猫又間(11.8km)の軌道敷設工事に着手。路線は、元は主に黒薙温泉などに通じる林道であった。
  • 1926年(大正15年)10月23日 宇奈月 - 猫又間 運転を開始[6]
  • 1929年(昭和4年)12月26日 猫又 - 小屋平間 運転を開始[6][7]
  • 1931年(昭和6年)7月30日 小屋平 - 小黒部間 運転を開始[6][8]
  • 1937年(昭和12年)6月30日 小黒部 - 欅平間 運転を開始[6][9]
  • 1941年(昭和16年)
    • 1月23日 欅平 - 欅谷間の上部軌道開通[6]
    • 9月3日 欅谷 - 仙人谷間の上部軌道開通[6]
    • 10月1日 日本電力が日本発送電に発送電設備などを現物出資、宇奈月 - 欅平間、欅平 - 仙人谷間の専用鉄道を譲渡。
  • 1951年(昭和26年)5月1日 日本発送電が関西電力に発送電設備のほか、宇奈月 - 欅平間、欅平 - 仙人谷間の専用鉄道を譲渡。
  • 1953年(昭和28年)
    • 11月5日 関西電力が宇奈月 - 欅平間について地方鉄道法の免許取得。
    • 11月16日 関西電力が宇奈月 - 欅平間を黒部鉄道として営業開始。
  • 1971年(昭和46年)
    • 5月4日 関西電力が鉄道専業の子会社として黒部峡谷鉄道を設立。
    • 7月1日 関西電力から黒部峡谷鉄道が宇奈月 - 欅平間を譲り受け営業開始。
  • 1981年(昭和56年)12月 宇奈月ダム建設に伴う新ルートへの付替え工事に着手[10]
  • 1988年(昭和63年)4月29日 宇奈月ダム建設に伴い、宇奈月 - 柳橋間約1.8㎞の区間を新山彦橋を通る現在のルートに変更[11]
  • 2011年(平成23年)5月1日 3100形客車を導入。
  • 2019年(令和元年)6月1日 3100形客車のレトロ車両を導入。

路線[編集]

  • 本線 宇奈月 - 欅平 20.1km
    • 関西電力黒部専用鉄道(上部軌道)とは欅平駅で繋がっているほか、黒薙駅で分岐する支線がある。欅平からはエレベーターで200mほど上昇して、上部軌道に移る。そこから先は、一般観光客や登山者向けではなく関西電力や工事関係者のための鉄道となる。
      例外として、春から夏にかけ、募集のある「黒部ルート見学会」に応募し当選すれば、欅平駅から黒部ダム駅まで通行することが可能であり、所謂「立山黒部アルペンルート」とは別の方法で、(途中合流とはなるが)立山連峰を横断することが可能であるが、あくまで「見学会」であり、参加者に厳重な装備が求められ、かつ近年応募倍率が高く、公共交通機関とも言い難い。あくまで歴史地質研究の一環や、関西電力に依るCSR観光資源の一部と見なせるものである。

運賃[編集]

大人旅客運賃 - 2018年4月1日改定[12][13]

宇奈月 660 1410 1980
330 黒薙 760 1320
710 380 鐘釣 570
990 660 290 欅平

※上段…大人 下段…小人

  • 上記以外の関係者専用駅には運賃設定が無く、笹平駅での折り返し運行時は宇奈月駅 - 黒薙駅間の運賃を適用する。

車両[編集]

電気機関車[編集]

EDV34
現用車両
過去の車両
  • EB形 (1 - 3, 5 - 7, 12)
    • 1925年から運用されていた機関車である。凸形機だったEB3以外はL字型の車体で、登場当初は集電用のトロリーポールを人力で操作して運転していた。1984年廃形式。EB5は登場当初の姿に復元の上、宇奈月駅前の黒部川電気記念館の正面入口前に保存されている。

蓄電池機関車[編集]

現用車両
  • BB形 (1, 2)
    • 1937年製造。凸型の車体を持ち、登場以来ほとんどそのままの姿で使用されている。主に春の営業開始前の線路敷設の際に使用され、営業期間中に利用客が目にすることはまずない。

ディーゼル機関車[編集]

現用車両
DD25
  • DD形 (24, 25)
    • 箱型(台形)の車体を持つ。最初に酒井工作所製の21が存在したが1979年に廃車され、同年に22が、1985年に23がそれぞれ協三工業で製造された。23は転落事故で大破したため2000年5月に廃車となり、代替として24が翌2001年日本除雪機製作所で製造された。25は22を置き換えるため、2012年に再び協三工業で製造された[14]。主に冬季、営業終了時の設備撤去の際に使用されるが、営業期間中には黒薙駅から分岐する関西電力黒部専用鉄道の黒薙支線(非電化)への資材運搬用として走ることがある。
    • 諸元[15]
      • 全長:7,780mm
      • 全幅:1,650mm
      • 全高:2,436mm
      • 重量:15.5t
      • 定格出力:240(PS)
      • 定格速度:16.0(km/h)
過去の車両
  • DB形 (11)
    • 1958年製造。動軸2本の「DB」である。除雪車でもあり除雪用ロータリーヘッドには別途従輪を持っていた。1985年廃車。

客車[編集]

一般旅客が乗車する客車は、座面だけの座席に屋根が付いた開放型(オープン)の車両と、背もたれの付いた座席にガラス窓とドアが付いた密閉型の車両の2種類がある。以下において特別料金は現用車両が2021年11月現在[13]、過去の車両が最終営業時点のもの。

現用車両
  • ハ形
    • 2軸車。民鉄の旅客車の中では「現役長寿」「全長最小」「最軽量」「最小定員」の4部門で日本一となっている(黒部峡谷鉄道公式サイトより)。もともとは1925年に貨車として製造されたものが戦後旅客車に改造されている。なお、ハ形客車は前述の収容能力の関係で、旅客列車ではなく関西電力職員の専用列車として使用されている。
    • 開放型・密閉型の両方が存在し、密閉型は50番台で付番されている。
      • 開放型車両(ハフ3 - 9・11・13・15 - 21・31・32) - オープンデッキの客車。座席をすべて撤去しているものもある。
      • 密閉型車両(ハフ51 - 54) - 定員16人。座席はロングシートで、点対称の座席配置となっている。
  • 1000形(ボハフ1000・ボハ1000)
    1000形
    • B型(普通客車)と呼ばれる開放型ボギー車で、56両が在籍している。座席は、枕木方向に設置されたシートが7列ある。背もたれはなく、で開け閉めする。塗色は、屋根が茶色、車体がオレンジ。
    • 諸元[15]
      • 全長:7,060mm
      • 全幅:1,660mm
      • 全高:2,250mm
      • 空車質量:4.1t
      • 座席定員:27人、7連合計:189人、13連合計:351人
  • 2000形(ボハフ2000・ボハ2000・ボハ2100)
    2000形
    • A型(特別客車)と呼ばれる密閉型ボギー車で、6両が在籍している。座席は、補助席付の固定クロスシート。乗車には特別料金370円が必要。2011年以降、3100形への置き換えが進んでいる。塗色は、オレンジと茶色を基調としたもので、中央に2本の白のラインが入っている。
    • 諸元[15]
      • 全長:7,400mm
      • 全幅:1,675mm
      • 全高:2,420mm
      • 空車質量:4.4t(ボハ)、4.7t(ボハフ)
      • 座席定員:27人(ボハ)、24人(ボハフ)、6連合計:156人
    • ボハ2100は関西電力専用車で、3000形の導入で編成から外されたボハ2033を改造した車両。乗降ドアを自動式引戸から手動式折戸に、座席を1+2配置の転換クロスシートに交換するなどの改造が行われ、工事列車で使用されている。
  • 2500形(ボハフ2500・ボハ2500)
    2500形
    • R型(リラックス客車)と呼ばれる密閉型ボギー車で、21両が在籍している。座席は、転換クロスシート。乗車には特別料金530円が必要。塗色は、白を基調に、赤のラインが配置されたもの。
    • 諸元[15]
      • 全長:7,400mm
      • 全幅:1,675mm
      • 全高:2,420mm
      • 空車質量:4.9t(ボハ)、5.1t(ボハフ)
      • 座席定員:21人(ボハ)、18人(ボハフ)、6連合計:120人
    • ボハフ2561・2566・2571・2576・ボハ2552・2553・2562・2572・2573は、2016年4月1日現在、関西電力職員の専用車両である。
  • 2800形(ボハフ2800・ボハ2800)
    • 2500形の改良型で、側窓が大型化されたほか、屋根の肩部に斜め上を向いた天窓が設けられているのが、2500形との違いである。天窓の清掃に難があるなどの理由から6両のみ製造された。のちに天窓は塞がれている。
    • 諸元[15]
      • 全長:7,400mm
      • 全幅:1,675mm
      • 全高:2,420mm
      • 空車質量:4.9t(ボハ)、5.1t(ボハフ)
      • 座席定員:21人(ボハ)、18人(ボハフ)、6連合計:120人
  • 3100形(ボハフ3100・ボハ3100)
    3100形(2011年増備車両)
    3100形(2019年増備車両)
    • 2011年に登場。2500形・2800形と同じくR型(リラックス客車)と呼ばれる密閉型ボギー車で、34両が在籍している。在来車からの改良点として、新たに転落防止柵と、非常用の貫通扉が設けられた。また、編成中の1両(宇奈月側の13号車)には、新たに車椅子スペースも設けられ、バリアフリーにも対応した車両となった。塗色も、白を基調に、黄緑とオレンジのラインが配置されたものとなり、以前の車両とは異なる。また、2019年に登場した車両は、レトロ調の塗装になった。座席は、転換クロスシートで、転倒防止用に掴み手が取り付けられている。乗車には、2500・2800形と同じく、特別料金530円が必要。
    • 諸元[15]
      • 全長:7,400mm
      • 全幅:1,675mm
      • 全高:2,423mm
      • 空車質量:5t(ボハ)、5.2t(ボハフ)
      • 座席定員:21人(ボハ)、18人(ボハフ)、11人(ボハフ車椅子対応)、6連合計:113人
過去の車両
  • 3000形(ボハ3000)
    • P型(パノラマ客車)と呼ばれる密閉型ボギー車で、1986年に登場し、1両のみ在籍していた。乗車には特別料金630円が必要であった。2000形をベースにした車両だが、従来と異なる塗装を採用、後に2500形に引き継がれた。側窓が2000形に比べて位置が低くなり大型化されたほか、大型のサンルーフも追加された。車内は当初は2000形と同じボックスシートであったが、後に2500形と同じ転換クロスシートとなる。整備上の取扱いに難儀したことから増備は見送られ、さらに運賃上の取り扱いも煩雑になることから、2012年をもって廃車・除籍された。

貨車[編集]

  • ワ形(有蓋車) - 1958年製造。当初は火薬運搬用だったが、現在は営業期間中は宇奈月から各駅および関西電力黒部専用鉄道(上部軌道)へ生鮮食料品や新聞を搬入するのに使用されている。2016年12月現在ワ8 - ワ10の3両が在籍。
    • 諸元[16]
      • 全長:3,598mm
      • 全幅:1,670mm
      • 全高:1,995mm
      • 空車質量:2.1t
      • 積載重量:3.0t
      • 製造年月:1958年4月 -
  • オシ形(大物車) - 1926年製造。積載量20tは黒部峡谷鉄道の貨車の中では最大。通常は出平駅に留置されている。2016年12月現在2両が在籍。
    • 諸元[16]
      • 全長:9,601mm
      • 全幅:1,670mm
      • 全高:1,600mm
      • 空車質量:11.4t
      • 積載重量:18.6t
      • 製造年月:1926年5月 -
  • シ形(大物車) - 1958年製造。闊大物の中でも比較的軽量物の運搬に使用。2016年12月現在1両が在籍。なお現在は使用されていない。
    • 諸元[16]
      • 全長:6,361mm
      • 全幅:1,606mm
      • 全高:1,269mm
      • 空車質量:3.7t
      • 積載重量:5.0t
      • 製造年月:1958年4月 -
  • ムチ形(長物車) - 本線のみで使用される。かつては大型重機を運搬していたが、近年はあまり運用されていない。2016年12月現在2両が在籍。
    • 諸元[16]
      • 全長:8,120mm
      • 全幅:1,674mm
      • 全高:1,485mm
      • 空車質量:6.6t
      • 積載重量:15.0t
      • 製造年月:1934年5月 -
  • ナチ形(長物車) - ムチ形同様、本線のみで使用される。単独では重機運搬、2両編成で長尺物を運搬する。2016年12月現在4両が在籍。
    • 諸元[16]
      • 全長:6,000mm
      • 全幅:1,674mm
      • 全高:1,836mm
      • 空車質量:3.3t
      • 積載重量:7.0t
      • 製造年月:1934年5月 -
  • オチ形(長物車) - チ形と共にレール輸送用として使用されている。本線のみで使用される。2016年12月現在15両が在籍。
    • 諸元[16]
      • 全長:4,537mm
      • 全幅:1,498mm
      • 全高:1,574mm
      • 空車質量:1.8t
      • 積載重量:3.6t
      • 製造年月:1926年10月 -
  • チ形(長物車) - レール輸送用として使用されている。チ形は関西電力黒部専用鉄道(上部軌道)にも乗り入れできる。2016年12月現在22両が在籍。
    • 諸元[16]
      • 全長:3,598mm
      • 全幅:1,660mm
      • 全高:1,835mm
      • 空車質量:1.7t
      • 積載重量:3.6t
      • 製造年月:1958年8月 -
  • オト形(無蓋車) - 本線のみで使用される。2016年12月現在33両が在籍。
    • 諸元[16]
      • 全長:4,672mm
      • 全幅:1,580mm
      • 全高:1,270mm
      • 空車質量:1.8t
      • 積載重量:3.6t
      • 製造年月:1958年8月 -
  • 峡谷美人(ゴミ運搬車) - 営業期間中の沿線で発生するごみを宇奈月まで運ぶための運搬車で、オト形を改造して専用のコンテナを搭載している。関西電力黒部専用鉄道(上部軌道)に乗り入れることもできる。2016年12月現在4両が在籍。[16]
  • ト形(無蓋車) - チ形同様、関西電力黒部専用鉄道(上部軌道)にも乗り入れできる。現在の貨車の最大勢力でもある。2016年12月現在73両が在籍。
    • 諸元[16]
      • 全長:3,598mm
      • 全幅:1,646mm
      • 全高:1,270mm
      • 空車質量:1.8t
      • 積載重量:3.0t
      • 製造年月:1956年12月 -

特殊車[編集]

現用車両
  • 保線車 (2,3)
    • 保線車2は1999年に従来使用されていた保線車の代替として協三工業で、保線車3は保線車1の代替として2009年に製造された。毎日の営業運転開始前のパトロールや夜間の沿線点検作業で使用している。車籍を有するため、列車後部に連結され本線を走る姿を見ることもできる。制御方式はHST式。
    • 諸元[15]
      • 全長:4,666mm
      • 全幅:1,650mm
      • 全高:2,430mm
      • 重量:5.6t
      • 定格出力:39kW / 2000rpm
      • 最高速度:25(km/h)
  • SP-2
    • 春の運転再開準備に使用される除雪用作業車。2016年に導入し、現在1両が在籍。
    • 諸元[16]
      • 全長:5,585mm
      • 全幅:1,860mm
      • 全高:2,480mm
      • 重量:11.0t
      • 定格出力:168kW / 2000rpm
      • 最高速度:25(km/h)
過去の車両
  • 保線車(1)
    • 1986年に従来使用されていた保線車の代替として協三工業で製造された。保線車3の登場により廃車となった。

車内放送[編集]

2009年の全線開通日より富山県滑川市出身の女優室井滋が沿線の名所案内をするナレーションに変更された。

映画[編集]

以下の作品に黒部峡谷鉄道が登場する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 鉄道統計年報平成29年度版 - 国土交通省
  2. ^ 関西電力第94期有価証券報告書
  3. ^ 当線以外の特殊狭軌による営業路線は、四日市あすなろう鉄道内部線八王子線三岐鉄道北勢線のみ。
  4. ^ 阿里山森林鉄路・黒部峡谷鉄道姉妹提携キャンペーン - 黒部峡谷鉄道、2015年4月28日
  5. ^ 黒部峡谷のトロッコ列車が「ももクロ」化…ヘッドマークや直筆スタンプが登場 - Response
  6. ^ a b c d e f 『地方鉄道及軌道一覧 : 昭和18年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 猫又 - 小屋平間の運転開始は公式サイトでは1930年8月、『地方鉄道及軌道一覧.昭和15年11月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)では1930年8月15日。
  8. ^ 小屋平 - 小黒部間の運転開始は『地方鉄道及軌道一覧.昭和15年11月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)では1931年8月1日。
  9. ^ 小黒部 - 欅平間の運転開始は『地方鉄道及軌道一覧.昭和15年11月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)では1937年7月1日。
  10. ^ 『宇奈月ダム工事誌 写真集』(2002年3月、国土交通省北陸地方整備局黒部工事事務所発行)9 - 10ページ。
  11. ^ 北日本新聞』1988年4月30日付朝刊20面『黒部峡谷観光が幕開け 県外客ら新緑美満喫』より。
  12. ^ 黒部峡谷鉄道の運賃改定は4月1日に実施…欅平駅をリニューアル、老朽客車を置換えへ - レスポンス、2018年3月9日
  13. ^ a b 運賃 - 黒部峡谷鉄道、2021年11月15日閲覧
  14. ^ ディーゼル機関車製造 福島の協三工業 復興へ出発進行 2012年4月18日 福島民報
  15. ^ a b c d e f g 黒部峡谷鉄道発行 黒部峡谷トロッコ電車のご紹介(機関車・客車編)(2016年12月現在)
  16. ^ a b c d e f g h i j k 黒部峡谷鉄道発行 黒部峡谷トロッコ電車のご紹介(貨物車両・特殊車両編)(2016年12月現在)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]