多奈川第二発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Crystal energy.svg 多奈川第二発電所
多奈川第二発電所
種類 火力発電所
電気事業者 関西電力
所在地 日本の旗 日本
大阪府泉南郡岬町多奈川谷川1905-12
北緯34度19分17.6秒 東経135度07分41秒 / 北緯34.321556度 東経135.12806度 / 34.321556; 135.12806座標: 北緯34度19分17.6秒 東経135度07分41秒 / 北緯34.321556度 東経135.12806度 / 34.321556; 135.12806
1号機
発電方式 汽力発電
出力 60万 kW
燃料 重油原油
営業運転開始日 1977年7月
2号機
発電方式 汽力発電
出力 60万 kW
燃料 重油、原油
営業運転開始日 1977年8月
公式サイト:多奈川第二発電所
テンプレートを表示

多奈川第二発電所(たながわだいにはつでんしょ)は、大阪府泉南郡岬町多奈川谷川1905-12にある関西電力石油火力発電所

概要[編集]

1977年7月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。大阪湾に面している。敷地内には、宮脇昭(当時、横浜国立大学教授)の指導のもと、人工の森を造成した。石油火力発電所であるため原油高の影響を受けやすいほか、不況による電力需要の伸び悩み、設備の老朽化などにより1・2号機は長期計画停止されており、稼動率は0%である。

発電設備[編集]

  • 総出力:120万kW[1]
1号機(2005年4月1日より長期計画停止中)[2]
定格出力:60万kW
使用燃料:重油原油
営業運転開始:1977年(昭和52年)7月
2号機(2005年4月1日より長期計画停止中)
定格出力:60万kW
使用燃料:重油、原油
営業運転開始:1977年(昭和52年)8月

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]