日本の火力発電所一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の発電所
主要な発電所
日本の火力発電所一覧
日本の原子力発電所一覧
日本の水力発電所一覧
その他
日本の地熱発電所一覧
日本の風力発電所一覧
日本の太陽光発電所一覧
日本のバイオマス発電所一覧
日本の廃棄物発電所一覧

日本の火力発電所一覧(にほんのかりょくはつでんしょいちらん)は、日本各地に置かれている火力発電所の一覧である。

発電所名、使用燃料、総出力(認可出力)、運転開始時期、所在地、運営会社を掲載する。

総出力には長期計画停止中の号機、緊急設置電源などを含む。所内機、予備機、廃止機、建設中および試運転中の号機は含まない。

運転開始時期は、稼働中の号機で最初に運転開始した号機の時期を掲載している。

長期計画停止号機、建設中の号機などについては、「東日本大震災による電力危機#火力発電所の復活・増設」の項を参照のこと。

北海道電力[編集]

12箇所(計画中1箇所)、421万3,750kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
砂川発電所 石炭 25万kW 1977年6月 北海道砂川市 1、2号機は廃止。
奈井江発電所 石炭 35万kW 1968年5月 北海道空知郡奈井江町
苫小牧発電所* 重油原油天然ガス軽油 32.438万kW 1973年11月 北海道苫小牧市 2~83号DEは緊急設置電源。
伊達発電所 重油 70万kW 1978年11月 北海道伊達市
苫東厚真発電所 石炭 165万kW 1980年10月 北海道勇払郡厚真町 3号機は廃止。
知内発電所 重油、オリマルジョン 70万kW 1983年12月 北海道上磯郡知内町
石狩湾新港発電所 LNG kW 北海道小樽市 3基(CC方式、170.82万kW予定)計画中。
音別発電所 軽油 14.8万kW 1978年5月 北海道釧路市 ガスタービン発電方式。
南早来発電所 軽油 7.416万kW 2012年12月 北海道勇払郡安平町 緊急設置電源[1]
内燃力発電所
発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考
礼文発電所* 重油 4,450kW 北海道礼文郡礼文町
沓形発電所* 重油 7,650kW 北海道利尻郡利尻町
焼尻発電所* 重油 1,110kW 北海道苫前郡羽幌町
奥尻発電所* 重油 4,000kW 北海道奥尻郡奥尻町
*苫小牧発電所と各内燃力発電所(礼文、沓形、焼尻、奥尻)の運営は北海道パワーエンジニアリングに委託されている。

東北電力[編集]

12箇所(計画中1箇所)、1,224万7,150kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
八戸火力発電所 LNG 41.6万kW 2014年8月 青森県八戸市 5号機はCC方式。1~4号機は廃止。
能代火力発電所 石炭、木質バイオマス 120万kW 1993年5月 秋田県能代市 3号機(60万kW)計画中。
秋田火力発電所 重油原油軽油 163.3万kW 1972年2月 秋田県秋田市 5号機は緊急設置電源。1号機は廃止。
仙台火力発電所 天然ガス 44.6万kW 2010年7月 宮城県宮城郡七ヶ浜町 4号機はCC方式。1~3号機は廃止。
新仙台火力発電所 LNG 98万kW 2015年12月 宮城県仙台市宮城野区 3号系列はCC方式。1、2号機は廃止。
原町火力発電所 石炭、木質バイオマス 200万kW 1997年7月 福島県南相馬市
新潟火力発電所 重油、天然ガス、LNG 35.9万kW 1969年8月 新潟県新潟市東区 5号系列はCC方式。1~3、6号機は廃止。
東新潟火力発電所 重油、原油、天然ガス、LNG 514.9万kW 1972年11月 新潟県北蒲原郡聖籠町 3、4号系列はCC方式。5号機は緊急設置電源。港3号系列は廃止。
上越火力発電所 LNG kW 新潟県上越市 1号機(CC方式、60万kW級予定)計画中。
内燃力発電所
発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考
飛島火力発電所 重油 750kW 山形県酒田市飛島
粟島火力発電所 重油 900kW 新潟県岩船郡粟島浦村
両津火力発電所 重油 53,000kW 新潟県佐渡市 60Hzでの供給。
相川火力発電所 重油 27,500kW 新潟県佐渡市 60Hzでの供給。

東京電力[編集]

25箇所、4,497万8,920kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
広野火力発電所 重油原油石炭 440万kW 1980年4月 福島県双葉郡広野町 1号機は長期計画停止中。IGCC設備(54万KW)計画中。
常陸那珂火力発電所 石炭 200万kW 2003年12月 茨城県那珂郡東海村 共同火力1号機(65万kW)計画中。
鹿島火力発電所 重油、原油、都市ガス 566万kW 1971年3月 茨城県神栖市 7号系列はCC方式。1~4号機は長期計画停止中。
千葉火力発電所 LNG 注1438万kW 2000年6月 千葉県千葉市中央区 CC方式。
五井火力発電所 LNG 188.6万kW 1963年6月 千葉県市原市 6号機はCC方式。全機長期計画停止中。設備更新(213万kW)計画中。
姉崎火力発電所 LNG、NGLLPG、重油、原油 360万kW 1967年12月 千葉県市原市
袖ケ浦火力発電所 LNG 360万kW 1974年8月 千葉県袖ケ浦市
富津火力発電所 LNG 504万kW 1986年11月 千葉県富津市 CC方式。
品川火力発電所 都市ガス 114万kW 2003年8月 東京都品川区東品川 CC方式。
大井火力発電所 原油 105万kW 1971年8月 東京都品川区八潮 全機長期計画停止中。
川崎火力発電所 LNG 注2342万kW 2009年2月 神奈川県川崎市川崎区 CC方式。
東扇島火力発電所 LNG 200万kW 1987年9月 神奈川県川崎市川崎区
横浜火力発電所 LNG、NGL、重油、原油 332.5万kW 1964年3月 神奈川県横浜市鶴見区 7、8号系列はCC方式。1~4号機は廃止。5、6号機は長期計画停止中。
南横浜火力発電所 LNG 115万kW 1970年4月 神奈川県横浜市磯子区
横須賀火力発電所 重油、原油、軽油、都市ガス 227.4万kW 1964年5月 神奈川県横須賀市 全機長期計画停止中。1、2号機は廃止。設備更新(約130万kW)計画中。
  • 注1:千葉火力発電所は、蒸気タービン不具合対策により3号系列第3軸の定格出力が暫定的に47.6万kW(系列計147.6万kW、合計435.6万kW)となっている。
  • 注2:川崎火力発電所は、蒸気タービン不具合対策により2号系列第2、3軸の定格出力が暫定的に68.5万kW(系列計187万kW、合計337万kW)となっている。
内燃力発電所

10箇所、5万3,920kW(再掲)

発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考
大島内燃力発電所 重油 15,400kW 東京都大島町
新島内燃力発電所 7,700kW 東京都新島村
神津島内燃力発電所 4,500kW 東京都神津島村
三宅島内燃力発電所 5,000kW 東京都三宅村
八丈島内燃力発電所 14,100kW 東京都八丈町 八丈島地熱発電所を遠方管理制御
利島内燃力発電所 720kW 東京都利島村
青ヶ島内燃力発電所 640kW 東京都青ヶ島村
小笠原父島内燃力発電所 4,300kW 東京都小笠原村
小笠原母島内燃力発電所 960kW 東京都小笠原村
御蔵島内燃力発電所 600kW 東京都御蔵島村

中部電力[編集]

12箇所、2,403万4,400kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
知多火力発電所 LNG重油原油 396.6万kW 1966年2月 愛知県知多市 1、2、5、6号機はCC方式。
渥美火力発電所 重油、原油 190万kW 1971年6月 愛知県田原市 2号機は廃止。1号機は長期計画停止中。
西名古屋火力発電所 0kW 愛知県海部郡飛島村 1~6号機は廃止。7号系列(CC方式、231.6万kW)建設中。
碧南火力発電所 石炭 410万kW 1991年10月 愛知県碧南市
新名古屋火力発電所 LNG 305.8万kW 1998年12月 愛知県名古屋市港区 7、8号系列はCC方式。1~6号機は廃止。
知多第二火力発電所 LNG 170.8万kW 1983年9月 愛知県知多市 CC方式。
武豊火力発電所 0kW 愛知県知多郡武豊町 1~4号機は廃止。5号機(107万kW)計画中。
川越火力発電所 LNG 480.2万kW 1989年6月 三重県三重郡川越町 3、4号系列はCC方式。
尾鷲三田火力発電所 重油、原油 87.5万kW 1964年7月 三重県尾鷲市 2号機は廃止。1号機は長期計画停止中。
四日市火力発電所 LNG、LPG 124.5万kW 1963年 三重県四日市市 4号機はCC方式。1、2号機は長期計画停止中。
上越火力発電所 LNG 238万kW 2013年1月 新潟県上越市 CC方式。
内燃力発電所
発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考
神島発電所 重油 400kW 三重県鳥羽市

北陸電力[編集]

6箇所、440万288kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
富山火力発電所 重油原油 25万kW 1971年1月 富山県富山市 1~3号機は廃止。
富山新港火力発電所 石炭、重油、原油 150万kW 1971年9月 富山県射水市 LNG1号機(CC方式、42.47万kW)建設中。
七尾大田火力発電所 石炭、木質バイオマス 120万kW 1995年3月 石川県七尾市
福井火力発電所 重油、原油 25万kW 1978年9月 福井県坂井市 1号機は廃止。
敦賀火力発電所 石炭、木質バイオマス 120万kW 1991年10月 福井県敦賀市
内燃力発電所
発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考
舳倉島発電所 重油、軽油 288kW 石川県輪島市

関西電力[編集]

12箇所(計画中1箇所)、1,895万4,900kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
宮津エネルギー研究所 重油原油 75万kW 1989年8月 京都府宮津市 1、2号機とも長期計画停止中。
舞鶴発電所 石炭、木質バイオマス 180万kW 2004年8月 京都府舞鶴市
南港発電所 LNG 180万kW 1990年11月 大阪府大阪市住之江区
堺港発電所 LNG 200万kW 2009年4月 大阪府堺市西区 CC方式。
多奈川第二発電所 重油、原油 120万kW 1977年7月 大阪府泉南郡岬町 1、2号機とも長期計画停止中。
関西国際空港エネルギーセンター 都市ガス灯油 4万kW 1993年11月 大阪府泉南郡田尻町 ガスタービン発電方式。
姫路第一発電所 LNG 150.74万kW 1995年4月 兵庫県姫路市飾磨区 5、6号機はCC方式。GT1、2号機は非常用。1~4号機は廃止。
姫路第二発電所 LNG 411.9万kW 1973年10月 兵庫県姫路市飾磨区 1~6号機はCC方式。(旧)1~(旧)4号機は廃止。
相生発電所 天然ガス、重油、原油 112.5万kW 1982年9月 兵庫県相生市 1、3号機は天然ガス対応化。
赤穂発電所 重油、原油 120万kW 1987年9月 兵庫県赤穂市 2020年度より石炭火力へ転換予定。
海南発電所 重油、原油 210万kW 1970年5月 和歌山県海南市
御坊発電所 重油、原油 180万kW 1984年9月 和歌山県御坊市
和歌山発電所 LNG kW 和歌山県和歌山市 1、2号系列(CC方式、370万kW)計画中[2][3]
  • 注:姫路第二発電所は、蒸気タービン不具合対策により1~6号機の定格出力が暫定的に48.1万kW(既設5、6号機含め合計408.6万kW)となっている。

中国電力[編集]

12箇所、780万600kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
三隅発電所 石炭 100万kW 1998年6月 島根県浜田市 2号機(100万kW)計画中。
水島発電所 天然ガス、石炭 78.1万kW 1963年8月 岡山県倉敷市 1号機はCC方式。
玉島発電所 天然ガス重油原油 120万kW 1971年3月 岡山県倉敷市 1号機は天然ガス対応化。
大崎発電所 石炭 25.9万kW 2000年11月 広島県豊田郡大崎上島町 加圧流動床複合発電(PFBC)方式。長期計画停止中。
岩国発電所 重油、原油 85万kW 1972年4月 山口県岩国市 1号機は廃止。
柳井発電所 LNG 140万kW 1992年12月 山口県柳井市 CC方式。
下松発電所 重油、原油 70万kW 1979年9月 山口県下松市 1、2号機は廃止。
新小野田発電所 石炭、木質バイオマス 100万kW 1986年4月 山口県山陽小野田市
下関発電所 石炭、重油 57.5万kW 1967年3月 山口県下関市
内燃力発電所
発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考
黒木発電所 重油 7,380kW 島根県隠岐郡西ノ島町
西郷発電所 重油 25,320kW 島根県隠岐郡隠岐の島町
見島発電所 重油 2,900kW 山口県萩市見島

四国電力[編集]

4箇所、373万6,000kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
坂出発電所 LNG重油原油コークス炉ガス 138.5万kW 1973年4月 香川県坂出市 1、2号機はCC方式。旧1、2号機は廃止。
阿南発電所 重油、原油 124.5万kW 1963年7月 徳島県阿南市 1号機は長期計画停止中。
橘湾発電所 石炭 70万kW 2000年6月 徳島県阿南市
西条発電所 石炭、木質バイオマス 40.6万kW 1965年11月 愛媛県西条市 新1号機(50万kW)計画中。

九州電力[編集]

42箇所、1,068万3,950kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
新小倉発電所 LNG 180万kW 1978年9月 福岡県北九州市小倉北区 1、2号機は廃止。
苅田発電所 重油原油石炭 73.5万kW 1972年4月 福岡県京都郡苅田町 新1号機は加圧流動床複合発電(PFBC)方式。新2号機は長期計画停止中。
豊前発電所 重油、原油、軽油 100.36万kW 1977年12月 福岡県豊前市 DE1~3号機は非常用。
松浦発電所 石炭 70万kW 1989年6月 長崎県松浦市 2号機(100万kW)建設中。
新大分発電所 LNG 注1277.5万kW 1991年6月 大分県大分市 CC方式。
相浦発電所 重油、原油 87.5万kW 1973年4月 長崎県佐世保市 2018年度長期計画停止予定。
苓北発電所 石炭 140万kW 1995年12月 熊本県天草郡苓北町
川内発電所 重油 100万kW 1974年7月 鹿児島県薩摩川内市
  • 注:新大分発電所は、蒸気タービン不具合対策により3号系列第4軸の定格出力が暫定的に45.94万kW(合計275.44万kW)となっている。
内燃力発電所

ガスタービン発電所3箇所を含む34箇所が存在する。合計出力は39万5,270kW。いずれも重油使用。

沖縄電力[編集]

18箇所、212万9,250kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
牧港火力発電所 重油灯油 28.8万kW 1977年5月 沖縄県浦添市 1~8号機は廃止。
石川火力発電所 重油、灯油 35.3万kW 1974年6月 沖縄県うるま市 1号機は長期計画停止中。
具志川火力発電所 石炭、木質バイオマス 31.2万kW 1994年3月 沖縄県うるま市
金武火力発電所 石炭 44万kW 2002年2月 沖縄県国頭郡金武町
吉の浦火力発電所 LNG 53.7万kW 2012年11月 沖縄県中頭郡中城村 1、2号機はCC方式。3、4号機(CC方式、50.2万kW予定)計画中。
宮古発電所 重油 1.5万kW 沖縄県宮古島市 ガスタービン発電出力を掲載
石垣発電所 重油 1万kW 沖縄県石垣市 ガスタービン発電出力を掲載
内燃力発電所

13箇所、17万4,250kW(再掲)

発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考
久米島発電所 重油 18,500kW 島尻郡久米島町
渡嘉敷発電所 4,900kW 島尻郡渡嘉敷村
渡名喜発電所 850kW 島尻郡渡名喜村
粟国発電所 1,600kW 島尻郡粟国村
南大東発電所 3,640kW 島尻郡南大東村
北大東発電所 1,540kW 島尻郡北大東村
宮古発電所 19,000kW 宮古島市 内燃力発電出力を掲載
宮古第二発電所 40,000kW 宮古島市
新多良間発電所 1,860kW 宮古郡多良間村
石垣発電所 20,000kW 石垣市 内燃力発電出力を掲載
石垣第二発電所 58,000kW 石垣市
波照間発電所 950kW 八重山郡竹富町
与那国発電所 3,410kW 八重山郡与那国町

電源開発(J-POWER)[編集]

7箇所、841万2,000kW

発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考
磯子火力発電所 石炭 120万kW 2002年4月 神奈川県横浜市磯子区
高砂火力発電所 石炭 50万kW 1968年7月 兵庫県高砂市 新1、新2号機(計120万kW)計画中。
竹原火力発電所 石炭 130万kW 1967年7月 広島県竹原市 新1号機(60万kW)建設中。
橘湾火力発電所 石炭 210万kW 2000年7月 徳島県阿南市
松島火力発電所 石炭 100万kW 1981年1月 長崎県西海市松島
松浦火力発電所 石炭 200万kW 1990年6月 長崎県松浦市
石川石炭火力発電所 石炭 31.2万kW 1986年11月 沖縄県うるま市
  • 注:磯子火力発電所は、蒸気タービン不具合対策により新2号機の定格出力が暫定的に56.2万kW(合計116.2万kW)となっている。

旧みなし卸電気事業者[編集]

発電所名 使用燃料 総出力 所在地 運営会社 供給先
苫小牧共同火力発電所 重油 25万kW 北海道苫小牧市 北海道パワーエンジニアリング 北海道電力
酒田共同火力発電所 石炭、木質バイオマス 70万kW 山形県酒田市 酒田共同火力発電 東北電力
新地発電所 石炭、木質バイオマス 200万kW 福島県相馬郡新地町 相馬共同火力発電 東北電力、東京電力
勿来発電所 石炭、重油、
炭化燃料、木質バイオマス
170万kW 福島県いわき市 常磐共同火力 東北電力、東京電力
鹿島共同発電所 副生ガス、重油 100万kW 茨城県鹿嶋市 鹿島共同火力 東京電力、新日鐵住金鹿島製鐵所
君津共同発電所 副生ガス、重油 115.29万kW 千葉県君津市 君津共同火力 東京電力、新日鐵住金君津製鐵所
和歌山共同発電所 副生ガス、重油 37.9万kW 和歌山県和歌山市 和歌山共同火力 関西電力、新日鐵住金和歌山製鐵所
倉敷共同発電所 副生ガス、LNG、重油、石炭 61.3万kW 岡山県倉敷市 瀬戸内共同火力 中国電力、JFEスチール西日本製鉄所
福山共同発電所 副生ガス、重油 84.4万kW 広島県福山市 瀬戸内共同火力 中国電力、JFEスチール西日本製鉄所
戸畑共同火力発電所 LNG、副生ガス、石炭 89.1万kW 福岡県北九州市戸畑区 戸畑共同火力 九州電力、新日鐵住金八幡製鐵所
大分共同発電所 副生ガス、重油 65.5万kW 大分県大分市 大分共同火力 九州電力、新日鐵住金大分製鐵所

上記以外[編集]

特定電気事業者、卸供給事業者(IPP・独立発電事業者)、特定規模電気事業者(PPS・新電力)、その他の事業者(特定供給、自家発電など)

発電所名 使用燃料 総出力 種別 所在地 運営会社(親会社)
日本製紙釧路工場 石炭 21.25万kW 自家発電・IPP 北海道釧路市 日本製紙
王子製紙苫小牧火力発電所 26.8万kW 自家発電・PPS 北海道苫小牧市 王子製紙
出光興産北海道製油所 残渣油 7.67万kW 自家発電・IPP 北海道苫小牧市 出光興産
JXエネルギー室蘭製造所 残渣油 11.978万kW 自家発電・IPP 北海道室蘭市 JXエネルギー
新日鐵住金室蘭製鐵所 副生ガス、石炭 10万kW 自家発電・IPP 北海道室蘭市 新日鐵住金
新日鐵住金釜石製鐵所 石炭 13.6万kW 自家発電・IPP 岩手県釜石市 新日鐵住金
日本製紙石巻工場 22.93万kW 自家発電 宮城県石巻市 日本製紙
JXエネルギー仙台製油所 残渣油 14.575万kW 自家発電 宮城県仙台市 JXエネルギー
サミット小名浜エスパワー小名浜発電所 石炭、重油 5万kW PPS 福島県いわき市 サミットエナジー日本海水
フロンティアエネルギー新潟発電所 石油コークス 11万kW PPS 新潟県新潟市 新日本製鐵、JXエネルギー、三菱商事
サミット明星パワー糸魚川バイオマス発電所 木質バイオマス 5万kW PPS 新潟県糸魚川市 サミットエナジー明星セメント
糸魚川発電所 石炭 13.4万kW IPP 新潟県糸魚川市 太平洋セメント電源開発
日立造船茨城発電所 重油 24.7万kW IPP・PPS 茨城県常陸大宮市 日立造船
日立臨海発電所 重油 18.89万kW IPP 茨城県日立市 日立製作所
新日鐵住金鹿島火力発電所 石炭 50.7万kW IPP 茨城県鹿嶋市 新日鐵住金
鹿島北共同発電所 重油、石油コークス 65万kW 特定供給 茨城県神栖市 旭硝子三菱ガス化学
鹿島南共同発電所 重油、都市ガスLNG 21万kW 特定供給 茨城県神栖市 旭硝子、三菱ガス化学
サミット美浜パワー千葉みなと発電所 都市ガス 5.185万kW PPS 千葉県千葉市美浜区 サミットエナジー
美浜シーサイドパワー新港発電所 LNG 10.5万kW PPS 千葉県千葉市美浜区 電源開発、ダイヤモンドパワー
JFE千葉西発電所 副生ガス、都市ガス 45.3万kW 自家発電・特定電気 千葉県千葉市中央区 JFEスチール
JFE千葉クリーンパワーステーション発電所 都市ガス 41.04万kW IPP 千葉県千葉市中央区 JFEスチール
コスモ石油千葉製油所 残渣油 6.61万kW 自家発電 千葉県市原市 コスモ石油
出光興産千葉製油所 残渣油 18.21万kW 自家発電 千葉県市原市 出光興産
ベイサイドエナジー市原発電所 LNG 10.765万kW PPS 千葉県市原市 電源開発
市原パワー市原発電所 LNG 11万kW PPS 千葉県市原市 電源開発、三井造船
日本テクノ袖ケ浦グリーンパワー 都市ガス 10.92万kW PPS 千葉県袖ケ浦市 日本テクノ
六本木ヒルズエネルギーセンター 都市ガス 3.866万kW 特定電気 東京都港区六本木 六本木エネルギーサービス
JR東日本川崎火力発電所 灯油、都市ガス、LNG、重油 74.06万kW 自家発電・特定電気 神奈川県川崎市川崎区 JR東日本
川崎天然ガス発電所 LNG 84.74万kW PPS 神奈川県川崎市川崎区 JXエネルギー、東京瓦斯
ジェネックス水江発電所 副生ガス、重油、残渣油、灯油 27.419万kW IPP 神奈川県川崎市川崎区 東亜石油、電源開発
昭和電工川崎事業所 残渣油、都市ガス 12.42万kW 自家発電・IPP 神奈川県川崎市川崎区 昭和電工
JFE扇島火力発電所 副生ガス、都市ガス、重油 44.15万kW 自家発電 神奈川県川崎市川崎区 JFEスチール
扇島パワーステーション LNG 122.13万kW PPS 神奈川県横浜市鶴見区 東京瓦斯、昭和シェル石油
JXエネルギー横浜製造所 分解軽油 5.694万kW 自家発電・IPP 神奈川県横浜市神奈川区 JXエネルギー
JXエネルギー根岸製油所 残渣油 54.855万kW 自家発電・IPP 神奈川県横浜市磯子区 JXエネルギー
横須賀パワーステーション 都市ガス 23.97万kW IPP 神奈川県横須賀市 東京瓦斯
寒川パワーステーション 灯油 6.7万kW IPP 神奈川県高座郡寒川町 豊田通商
日本製紙富士工場 15.12万kW 自家発電 静岡県富士市 日本製紙
大王製紙可児工場 7万kW 自家発電 岐阜県可児市 大王製紙
明海発電豊橋発電所 石炭 14.7万kW IPP 愛知県豊橋市 トピー工業
東海共同発電名古屋発電所 石炭 60万kW 自家発電 愛知県東海市 新日鐵住金
中山名古屋共同発電名古屋発電所 石炭 14.9万kW IPP 愛知県知多郡武豊町 大阪瓦斯中山製鋼所
出光興産愛知製油所 重質重油 33.19万kW 自家発電・IPP 愛知県知多市 出光興産
JXエネルギー知多製造所 残渣油 4.11万kW 自家発電 愛知県知多市 JXエネルギー
コスモ石油四日市製油所 残渣油 3.45万kW 自家発電 三重県四日市市 コスモ石油
コスモ石油四日市霞発電所 残渣油 22.3万kW IPP 三重県四日市市 コスモ石油
東ソー四日市事業所 石炭 20.6万kW 自家発電 三重県四日市市 東ソー
宇治エネルギーセンター 都市ガス 6.68万kW PPS 京都府宇治市 大阪瓦斯
摂津エネルギーセンター 都市ガス 1.746万kW PPS 大阪府摂津市 大阪瓦斯
酉島エネルギーセンター LNG 14.99万kW IPP 大阪府大阪市此花区 大阪瓦斯
中山共同発電船町発電所 LNG 14.9万kW IPP 大阪府大阪市大正区 大阪瓦斯、中山製鋼所
泉北天然ガス発電所 LNG 110万kW PPS 大阪府大阪市中央区 泉北天然ガス発電
大阪国際石油精製大阪製油所 残渣油 18.39万kW 自家発電・IPP 大阪府高石市 大阪国際石油精製
コスモ石油堺製油所 残渣油 2.164万kW 自家発電 大阪府堺市 コスモ石油
神鋼神戸発電所 石炭 140万kW IPP 兵庫県神戸市灘区 神戸製鋼所
新日鐵住金広畑製鐵所 石炭 13.3万kW 自家発電・IPP 兵庫県姫路市 新日鐵住金
JXエネルギー水島製油所 残渣油 18.5万kW 自家発電 岡山県倉敷市 JXエネルギー
宇部興産宇部石炭火力発電所 石炭 14.5万kW 自家発電 山口県宇部市 宇部興産
ユービーイーパワーセンター発電所 石炭 21.6万kW IPP 山口県宇部市 宇部興産
日本製紙岩国工場 17.05万kW 自家発電 山口県岩国市 日本製紙
JXエネルギー麻里布製油所 石油コークス、残渣油 21.115万kW 自家発電・IPP 山口県玖珂郡和木町 JXエネルギー
東ソー南陽事業所 石炭 82.9万kW 自家発電 山口県周南市 東ソー
徳山製造所 石炭 55.2万kW 自家発電 山口県周南市 トクヤマ
出光興産徳山製油所 残渣油 7.695万kW 自家発電 山口県周南市 出光興産
コスモ石油坂出製油所 残渣油 2.598万kW 自家発電 香川県坂出市 コスモ石油
壬生川火力発電所 石炭、重油、木質バイオマス 25万kW 特定供給 愛媛県西条市 住友共同電力
新居浜西火力発電所 石炭、重油、木質バイオマス 30万kW 特定供給 愛媛県新居浜市 住友共同電力
新居浜東火力発電所 石炭、重油、消化ガス 2.96万kW 特定供給 愛媛県新居浜市 住友共同電力
大王製紙三島工場 石炭、重油 50万kW 自家発電 愛媛県四国中央市 大王製紙
土佐発電所 石炭 16.7万kW IPP 高知県高知市 太平洋セメント、電源開発
新日鐵住金八幡製鐵所 副生ガス 9.448万kW 自家発電 福岡県北九州市小倉北区 新日鐵住金
新日鐵住金八幡製鐵所 石炭 13.7万kW 自家発電・IPP 福岡県北九州市戸畑区 新日鐵住金
新日鐵住金大分製鐵所 副生ガス、石炭 30万kW 自家発電・IPP 大分県大分市 新日鐵住金
JXエネルギー大分製油所 残渣油 18.4039万kW 自家発電・IPP 大分県大分市 JXエネルギー
諏訪エネルギーサービス(特定電気事業者)は、2011年6月に廃止された[4]

かつて存在した発電所[編集]

発電所名 使用燃料 総出力 廃止時期 所在地 運営会社 備考
豊富発電所 天然ガス 0.2万kW 1977年 北海道豊富町 北海道電力 ガスタービン発電方式。
滝川発電所 石炭 22.5万kW 1989年 北海道滝川市 北海道電力
江別発電所 石炭 37.5万kW 1991年 北海道江別市 北海道電力
佐渡火力発電所 重油 0.815万kW 2012年 新潟県佐渡市 東北電力 内燃力発電方式。60Hzでの供給。
浅草火力発電所 石炭 kW 1923年 東京都台東区浅草 東京電燈
千住火力発電所 石炭、重油 7.5万kW 1964年 東京都足立区千住 東京電力
新東京火力発電所* 重油 48.2万kW 1991年 東京都江東区豊洲 東京電力
深川火力発電所 kW 1913年 東京都江東区深川 東京市
渋谷火力発電所 kW 1923年 東京都渋谷区渋谷 東京市
品川火力発電所 kW 1923年 東京都品川区 東京市
鶴見火力発電所 重油 44.5万kW 1984年 神奈川県川崎市川崎区 東京電力
潮田火力発電所 石炭 kW 1973年 神奈川県川崎市川崎区 東京電力
新清水火力発電所 重油、軽油 15.6万kW 2004年 静岡県静岡市清水区 中部電力
三重火力発電所 重油 34.1万kW 1989年 三重県四日市市 中部電力
春日出発電所 重油 31.2万kW 2001年 大阪府大阪市此花区 関西電力
大阪発電所 重油、LNG 62.4万kW 2003年 大阪府大阪市住之江区 関西電力
三宝発電所 重油 15.6万kW 2003年 大阪府堺市堺区 堺共同火力
多奈川発電所 重油 46.2万kW 2001年 大阪府泉南郡岬町 関西電力
尼崎第一発電所 石炭 31.8万kW 1974年 兵庫県尼崎市 関西電力
尼崎第二発電所 石炭 30万kW 1976年 兵庫県尼崎市 関西電力
尼崎第三発電所 原油 46.8万kW 2001年 兵庫県尼崎市 関西電力
尼崎東発電所 石炭、重油 31.2万kW 2001年 兵庫県尼崎市 関西電力
高砂発電所 重油、原油 90万kW 2006年 兵庫県高砂市 関西電力
三蟠発電所* 石炭 kW 1984年 岡山県岡山市中区 中国電力
坂発電所 石炭 13.2万kW 1986年 広島県安芸郡坂町 中国電力
小野田発電所 石炭 kW 1985年 山口県山陽小野田市 中国電力
新宇部発電所 石炭 30.6万kW 1990年 山口県宇部市 中国電力
松山発電所* 石炭 14.1万kW 2001年 愛媛県松山市 四国電力
若松火力発電所* 石炭、重油 15万kW 1989年 福岡県北九州市若松区 電源開発
築上発電所 石炭 14.5万kW 1977年 福岡県豊前市 九州電力
港発電所* 石炭 31.2万kW 2004年 福岡県大牟田市 九州電力
大村発電所 石炭 22.2万kW 2004年 長崎県大村市 九州電力
大分発電所 重油 50万kW 2013年 大分県大分市 九州電力
唐津発電所 重油、原油 103.1万kW 2015年 佐賀県唐津市 九州電力
* 新東京火力発電所跡地には、地下式では世界初の50万ボルト変電所である新豊洲変電所が建設された。
* 三蟠発電所跡地の一部には、変電・開閉設備が残され三蟠変電所として運転している。
* 松山発電所跡地の一部には、松山太陽光発電所が建設された。
* 若松火力発電所跡地には、研究・実験・研修施設としての若松総合事業所が建設された。
* 港発電所跡地の一部には、メガソーラー大牟田発電所が建設された。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南早来発電所1号機~72号機(緊急設置電源)の営業運転開始について 2012年12月7日
  2. ^ 和歌山発電所 仁坂知事が引き続き着工要請 - 日高新報web、2011年12月9日
  3. ^ 関電、火力発電所建設再開へ…電力不足を懸念 - YOMIURI ONLINE、2012年8月11日
  4. ^ 経済 : 四賀に太陽光発電所 諏訪エネルギーサービス」 長野日報、2013年6月13日

関連項目[編集]

外部リンク・参考資料[編集]