南入曽車両基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南入曽車両基地
南入曽車両基地(2016年11月)
南入曽車両基地(2016年11月)
基本情報
所在地 狭山市南入曽1140 [1]
鉄道事業者 西武鉄道
最寄駅 新宿線 入曽駅
開設 1969年10月(49年前) (1969-10
車両基地概要
敷地面積 68090 m2
テンプレートを表示

南入曽車両基地(みなみいりそしゃりょうきち)は、埼玉県狭山市にある西武鉄道車両基地である。基地内の一部に所沢市との市境があり、従って狭山市と所沢市にまたがって存在している。

概要[編集]

新宿線新所沢 - 入曽間にある南入曽信号場から分岐し、同信号場を介して列車が当車両基地に出・入庫する。

  • 敷地面積:68090m2
  • 収容能力:250両
  • ピット:170mピット4本
  • 修繕線:2本
  • 洗浄線
  • 車輪転削場
  • 汚物処理施設

所属車両[編集]

2019年4月1日現在[2]

  • 新宿線所属の10000系と30000系は、すべて当車両基地の所属である。

一般公開[編集]

2006年から原則として毎年8月下旬の土曜日に「南入曽車両基地 電車夏まつり」が開催されている(9月第1土曜日や、11月第2土曜日に開催された年もあり。)。例年、このイベントでは車両撮影会、子供の制服撮影体験、運転台見学、電車との綱引き、洗車台乗車体験、抽選会、グッズ販売などが行われる。また、開催日には新所沢駅から当車両基地まで乗り入れる臨時列車が運転され、基地内にICカード簡易改札機(武蔵横手 - 横瀬間や多摩川線の各駅で使用されているものと同じもの)や、きっぷ売り場が設置された臨時改札口が設けられる。当車両基地で下車する場合は運賃計算上新所沢での降車と同じ扱いになるため、新所沢駅 - 当車両基地間のみの利用は無賃である(その逆も同様)。2005年はほぼ車両展示のみで、名称も特に設定されなかった。

毎年6月に武蔵丘車両検修場で開催される「西武・電車フェスタ(西暦) in 武蔵丘車両検修場」や、毎年10月の鉄道の日の前に横瀬車両基地で開催される「西武トレインフェスティバル」と並ぶ、西武鉄道の車両基地一般公開イベントの1つである。

その他[編集]

  • かつて、当車両基地の近くに新宿線の新駅を建設する計画があったが、新駅設置予定地の地主の反対により計画自体が白紙になった。

沿革[編集]

  • 1969年昭和44年)10月 - 新宿線の輸送力増強に合わせ、150両収容の検車区として開設。既存の上石神井検車区(現・上石神井車両基地)を支区とした。
  • 1975年(昭和50年) - 上石神井検車区が独立する。
  • 1993年平成5年) - 新宿線で特急「小江戸」の運行開始にあたり、汚物処理施設を設置。
  • 2001年(平成13年)7月 - 組織改正により新宿線車両所南入曽車両基地となり、新宿線車両所の本所となる。
  • 2006年(平成18年) - 新所沢6号踏切の道路拡幅のため、洗浄線を入曽寄りに新設した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2012/__icsFiles/afieldfile/2012/07/30/20120730minami.pdf “西武鉄道100年アニ バーサリー 8月25日 (土) 車両基地を一般公開します。”] (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西武鉄道, (2012年7月30日), http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2012/__icsFiles/afieldfile/2012/07/30/20120730minami.pdf 2016年2月10日閲覧。 
  2. ^ 「鉄道ファン」誌 2011年9月号付録『大手私鉄車両ファイル』

関連項目[編集]

座標: 北緯35度49分22秒 東経139度26分13.1秒 / 北緯35.82278度 東経139.436972度 / 35.82278; 139.436972